田村みかん

 先月、カクテルのイベントがあったそうで、その際有田みかんのコンテストもあったのだとか。

そこで好成績だったみかんを、某バーのマスターが取り寄せて下さいました。

Photo_2

箱にぎっしりのみかんは大小2つのサイズがあり、見た目の立派さは大きいほうですが、甘味や味わいの濃さは断然小さい方が上。ちょっとびっくりするくらいの甘さと、それをしっかりと引き立たせる酸味や風味も効いていて、こんなみかん本当に今まで食べたことが無いってくらいなのです。

お値段も小さいほうで一箱3500円と、内容を考えるとリーズナブルなもの。某バーではこのみかんを使用したカクテルも頂けるのですが、無くなるのもまもなくと思われますので気になる方はお急ぎを。某バーがどこかは、いつもこのブログを読んでくださっている方なら分かりますよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガトー・ド・ボワ

 ある日、父がケーキをお土産に。奈良に出張に行った際に購入したらしいのですが、あまりの珍事にちょっとびっくり。

しかも、それが奈良の名店ガトードボワの、それもコンテストでグランプリを獲得したアンブロワジーだったりして更にびっくり。こりゃ誰の入れ知恵なんだと、変に勘ぐってしまいますやん。

Photo

見るからに美味しそうなのですが、表面のチョコの風味や苦味、甘味の塩梅が絶妙。中身は3層に分かれていますが、上部のピスタッチオのムースがとてもいいアクセントになっていました。さすがはグランプリ受賞作、と思わせてくれる味わいに大満足。

このお店に訪れたのはもう20年近く前。その時はまだこういうケーキの旨さが分からず、あまりいい印象では無かったのですが、今ならその組み立ての妙を実感出来るものなのですね。若いときにしか出来ない事もありますが、歳を重ねるのも悪くないものです。

それにしても、奈良といえば和歌山市とそう人口も変わらないはず。にも係わらず、こういう一個600円もするような高級なケーキがきちんと売れて京阪神にも名を轟かせている。こういう食文化は和歌山には無いもので、羨ましい限り。

10年ほど前に”あしゅーら”というお店に訪れたときも、オーガニックな料理が生産者や販売店とも一体となったネットワークが形成されているのを知り羨ましく思ったのを思い出します。

しかし、和歌山でもそういう流れがちらほらと見受けられて、これからにとても期待が持てそうです。ケーキでも少なくとも味では京阪神の名店に負けない店もありますし、和歌山ならではの食文化が形成されていく事を望むばかりです。

ガトードボワ

URL http://www.gateau-des-bois.com/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (1)

パティスリー リョウコ@東大阪市

 美味しいラーメンを頂き、美しい仏像を拝観した後は、東大阪でケーキをお土産に買って帰路につく事に。

目指したのは、カルフールのすぐ近くの小さなお店、パティスリーリョウコ。

Photo

店名の通り、フランスの有名店で修行された竹内良子さんという方がオーナーパティシエのお店だそうです。思ったより混雑はしていませんでしたが、サービスはとても丁寧且つゆっくりで、客数の割りに結構待たされるのは覚悟しないといけないようです。

ケーキを買って帰り道、我慢出来ずにフィナンシェをぱくり。

Photo_2

ねっとりもっちりとした食感で、甘さ加減も丁度いい塩梅。個人的には表面はさくっとした食感のフィナンシェが好みですが、こちらもなかなかの美味しさ。素材にはいいものが使われているようです。

こちらはチョコレートを使用したケーキがとても多いようで、板チョコなんかも販売されていました。その中で自分用に選んだのが、フォンダチョコとチョコタルト。

Photo_3

フォンダチョコは程よくレンジで温めて。どちらもチョコの苦味がしっかりと効いた濃厚な味わい。チョコレート好きには堪らない美味しさです。口当たりも滑らかで、とても丁寧に作られている印象。

ショーケースの中ではとても珍しく感じたチーズケーキ。そして名前は忘れましたが、チョコとカラメル風のムースが層になったケーキです。

Photo_4

ケーキはどれも400円前後と、大阪の有名店の平均的なお値段かと思われます。チーズケーキはオーソドックスな味わいのもので、こちらも濃厚な食感。もう一つの方は、カラメルのムースがとてもさっぱりとした口当たりで、それが全体の風味をとてもバランスのいいものにしている印象でした。このケーキもチョコのいい苦味が効いています。

お土産に持っていった知人の評価も上々、特にイチゴのタルトが美味しかったと言っていたので、今度はそちらも購入してみたいと思います。しかし、全体的にラインナップは個性的で、一般的なケーキ店とは明らかに趣が違います。人により好みの差が相当でそうなお店だとは思いますが、はまる人にはぴったりとこれ以上のお店は無いとも言えそうです。

いい素材を丁寧に手間隙掛けて作られている、という事は間違いないところなので、一度は訪れて損の無いお店だと感じました。

パティスリー リョウコ

住所 大阪府東大阪市荒本北130 レ・ヴェルデ・ヴェント 1F

TEL 06-4309-3056

営業時間 10:40-売り切れまで 月、火定休(祝日の場合は営業)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ししゃもチョコ

 昨日はバレンタインデーでしたが、私はというと野郎と二人でラーメン行脚。

おかげ様でトラック2杯分の、なんてことでもあればいいのですが、それでも美味しいチョコを沢山頂いてほんと有難い事です。

その中で、とても面白かったチョコがこちら。

Photo

シシャモの写真がプリントされた袋の中身はシシャモの形のチョコ。食べてみると極めて普通のチョコで、中にシシャモの卵が練りこまれている、なんてことはありません。でも、とっても風変わりで面白いチョコですよね。時々、私がシシャモ好きなのを覚えていて下さる方がいて、それがとても嬉しかったりするのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガトーフェスタ ハラダ/グーテ・デ・ロワ

 年明けから、何故かとっても縁があるのがガトーフェスタ ハラダのグーテ・デ・ロワ。

Photo

写真は、いつも行くダーツバーの奥様に頂いたもの。他にもT君の彼女やお得意様からも頂いたりして、このお菓子が今旬なのがよく分かります。オンラインショップで購入出来る他、関西では梅田の阪神百貨店でも入手可能のようです。

ノーマルなラスクの他、チョコやホワイトチョコをコーティングしたものがあります。ほんのり上品な甘さに、しっとりと軽い口当たり。どちらもとても美味しくて、私の中ではドーシェルさんのラスクに次いでのお気に入りとなりました。

ガトーフェスタハラダ オンラインショップ

URL http://www.gateaufesta-harada.com/shopping/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芦屋プリンとあっせ@兵庫県芦屋市

 明石からの帰り、芦屋にちょっと寄り道。

着いたのは閑静な住宅街の真ん中。ふと見過ごしてしまいそうな、ひっそりと佇むお店が芦屋プリン”とあっせ”。

Photo

変わった名前のお店ですが、店内に入るとショーケースの中にはプリンと蜂蜜のみ。ケースの上には焼き菓子もありましたが、どうやら基本的にはプリン専門店のようです。

プリンの種類は3種ほどあり迷いましたが、とりあえず自分用とお土産用を購入。オーソドックスな芦屋プリンと、結構なお値段の幻のプリンの2種。

Photo_2

芦屋プリンは大小2種あり、399円と504円で写真は小。幻のプリンは、なんと1155円! その値段の理由は、主に日本蜜蜂の蜂蜜を使用している為のようですが、それにしても凄いものです。

せっかくなので、幻のプリンは車の中で皆で味見をしてみる事に。

Photo_3

カラメルではなく、生地にも使用されている蜂蜜をかけて頂きます。プリンだけ食べてみると、ほんのりと蜂蜜の風味を感じますが、それほどはっきりと効いている訳でもありません。むしろ牛乳の風味が良くて、口当たりも滑らか。もう少し固めの方が好みですが、とろっとしたプリンが好きな方にはぴったりかも。

それにしても、それなりに美味しいとは思うけど、やっぱりこの値段はいくらなんでも高過ぎ。自慢の蜂蜜事態も確かに美味しかったけど、和歌山にでも同じくらい美味しい蜂蜜が瓶入りで2千円以内くらいで売ってますから。

それに比べると、芦屋プリンは一瞬お得に思えますが、やはり大きさを考えるとちょっと高めなお値段に思えました。さっぱりと上品で口当たりも滑らかなプリンもなかなかのものでしたが、カラメルの苦味と甘味のバランスが秀逸でとても美味しく頂けました。

どちらのプリンもいい素材を使って丁寧に作られているのは分かりますが、それでもやっぱりちょっと高いなぁと思ってしまいます。ま、芦屋値段だと思えば納得ですが、きちんとしたケーキ屋さんなら、同じようにいい素材を用いたプリンがもっとリーズナブルに頂けるのも事実ですし。

それに、ホームページにはやたら素材や受賞歴のアピールがあって、それも含めてあまり私の好みには合わないように感じました。

とあっせ

住所 兵庫県芦屋市西山町7-4

TEL 0797-22-1816 

営業時間 9:00-19:00 月曜定休

URL http://www.ashiya-purin.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラ・ベルデュール@横浜

 年末に、横浜から素敵な贈り物が届きました。

Photo

可愛い包装を開いてみると、中には美味しそうなクッキーが溢れそうなくらいに並んでいます。

Photo_2

見た目に洒落ていて華やかなのですが、どれも無添加というのがまた嬉しいところ。膨張材の類さえ使われていないのです。

Photo_3

年越し恒例のパーティに皆で頂きましたが、これがどれも優しい味わいで。どれも素材の味わいが活かされた、ほっとする美味しさ。昔小さいころ、休日に焼いたクッキーを思い起こさせてくれるような、それでいてプロの技が随所に光るとても美味しいクッキーでした。

個人的には、真ん中に写っている大きなパウンドケーキのようなクッキーがとってもツボでした。サクサクしっとりといった口当たりで甘さもとても上品な甘さ。さすがに横浜は洒落ているなぁ、なんて思ってしまいました。

もう一つ、写真には写っていませんが、フロランタンというアーモンドをキャラメルで固めたようなお菓子がなんともいえない美味しさで。カリッとした歯応えとキャラメルの風味が堪らない一品でした。

そして、一番上の写真の左上に写っている箱の中身がこちら。

Photo_4

生地もクッキーと同じくとても上品な味わいなのですが、ドライフルーツの旨さがなんともいえないのです。そのフルーツの持つ甘さや風味が存分に活かされたドライフルーツで、いくらでも食べられるのが恐いところ。

Tちゃん、可愛くて美味しい贈り物ありがとうね!お礼にミカンを送っておいたので御賞味くださいませ。今度横浜に行ったら、ここのケーキも食べてみたいなぁ( ^ω^)

ラ・ベルデュール

URL http://www.verdure.co.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パティスリー アグレアーブル

 先日、お得意様のお宅を訪問すると、すぐ近くに見慣れないケーキ屋さんが。それもそのはず、2009年3月にオープンとの事で、まだ1年も経っていないのだとか。

それが、三番丁にあるパティスリー アグレアーブル。

Photo

ショーケースには美味しそうなケーキが並び、お値段は300円台が中心でしょうか。和歌山では結構高価な部類に入ると思われます。

やはり最初のケーキ屋さんでは、基本となるショートケーキとシュークリームは外せない私。それにロールケーキも加えて購入。

Photo_2

ショートケーキは360円。

ロールケーキは一つ220円でした。

Photo_3

イチゴは酸味と甘さのバランスが良く、とても美味しいもの。きちんとヘタが取られ、可愛くカットされている所にも好感が持てます。どちらのケーキもスポンジはしっとりとして口当たりが良く、これまた私の好みにぴたり。ところが、どちらも生クリームがちょっと重たいのが残念。それに少し脂っぽくも感じました。

とはいえ、これは軽やかな生クリームが好きな私の評価ですから、しっかりと濃厚な生クリームが好きな方にはピタリと合うかもしれませんね。

シュークリームは1個180円。

Photo_4

こちらもクリームはねっとりと濃厚な口当たり。バニラの香りはあまり感じられませんが、何かの花のような香りが感じられます。しかし、皮はちょっとパサパサとした食感で、これがもっとしっとりとしたものなら尚よかったのですが。

という訳で、全体に私の好みからはちょっと外れていましたが、お値段に見合った価値は充分にあるように思えました。女性お二人で運営されているようでしたが、とても優しい雰囲気で丁寧な接客も好印象でした。まだまだ新しいお店ですので、これからがとても楽しみだと感じた次第です。

パティスリー アグレアーブル

住所 和歌山市三番丁61番地ローズ三番丁1F

TEL 073-424-5511

営業時間 10:00-19:00 水曜、第3火曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルドールのモンブランロール

 久しぶりにエルドールに行くと、新しいロールケーキが2種ほど並んでいました。

そのうちの一つが、真ん中にマロングラッセが入ったモンブラン風味のロールケーキ。

Photo

相変わらずキメ細やかでふんわりしっとりとしたスポンジ、軽やかだけどしっかりとマロンの風味が効いたクリーム、そして甘さ加減が絶妙なマロングラッセ。なんとも美味しいロールケーキで、私は一遍にこのロールケーキの虜になってしまいました。良質な素材を手間隙かけて丁寧に作られている、それがとてもよく分かるロールケーキなのです。

関西にロールケーキの名店は数多くあるけれど、やはりここのロールケーキはそれらに勝るとも劣らない逸品だと改めて感じさせられた次第。大好きなチョコのタルトは定番メニューから外れてしまったけれど、2日前程に予約すれば作ってくれるのだそうで。

この日買った焼き菓子やスィートポテトも相変わらずの美味しさで、やはりここは和歌山の隠れた名店だと思いました。

エルドール

住所 和歌山市土入121-12  

TEL 073-455-7281 

営業時間 10:30-18:00 日、月定休

URL http://www.jtw.zaq.ne.jp/aile-dor/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラフミューラー

 日曜は給水工事の試験で朝から大阪に。手応えは5分5分といったところ。どうか受かっていますように...と、最後は神頼みで本題に。

9月頃でしょうか、北ノ新地の交差点脇に行列が出来ていて、よく見てみるとどうもケーキ屋さんがオープンしたようで。

後日、丁度前を通ったので立ち寄ってみると、美味しそうなバームクーヘンが焼かれていました。グラフミューラーという店名の、バームクーヘン専門店のようです。ちょっと大きなイベント等で、よく移動式の店舗を見かけるあのお店ですね。

Photo

ケースには、バームクーヘンをデコレートしたケーキやバームクーヘン以外のお菓子も並んでいましたが、今回は普通のバームと、チョコのバームを購入。

Photo_2

長さ10cm程のショートサイズで、一つ525円。50cmのロングサイズは、箱に入って2520円だそうです。

Photo_3

どちらも、ふっくらしっとりとして、とても優しい口当たりのバームクーヘンです。甘さ加減も丁度いい塩梅で、後口もさっぱり。ほろ苦いチョコレートの方は更にしっとりした感じで、とても美味しかったです。

でも、一般にバームクーヘンと聞いて思い浮かぶ、あの年輪の様な層はあまり感じられず。そのせいか良く出来たシフォンケーキのような印象で、こんな感じで切り分けて出されると、バームクーヘンとは気付かないかも。とはいえ焼いているのはドイツ人の方だそうで、もしかしたらこれが本場のスタイルなのでしょうか?

なにはともあれ和歌山で、バームクーヘンを売りにしたお店というとちょっと思い浮かばないし、一度は行ってみて損の無いお店だと思います。

グラフミューラー

URL http://www.grafmuller.com/club_muller/index.html

| | コメント (9) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧