天空のビアガーデン

 盆休みに入る前、忘年会ならぬ忘暑会?みたいなのをしようと、全日空ゲートタワーホテルへ。

エレベーターは28階に到着。

Photo

受付を抜けるとそこには、目の前いっぱいに広がる大阪の風景が。

Photo_2

地上100M以上のビアガーデンは、西日本で一番高所にあるビアガーデンなのだとか。下界よりは明らかに湿度が低く、心地よく吹き抜ける風も相まってなんとも涼しく感じます。この高さだと虫が来ないのもいいですが、なんといってもこの眺めですよね。

日が暮れてくると、景色は夜景へと変わっていきます。

Photo_4

これは関空方面。視線を北側へ移すと…

Photo_5

遠く神戸や淡路島まで望める夜景に、あちこちから歓声が。

ま、夜景に見とれるのはこれくらいにして、ビアガーデンに来たらやっぱりビールにバイキング。

Photo_3

テーブルには次々と飲み物や食べ物のお皿が並び、それを待つ姪っ子も早く乾杯したげです。

Photo_6

一番人気は、やっぱりシェフが切り分けてくれるローストビーフ。他にもあっさりしたものからこってりしたものまで色々と揃っています。全体的に東南アジア風な料理が多かったですが、さすがはホテルの料理だけあってどれも上品で食べ飽きない味付けでした。

Photo_7

デザートもなかなか充実していました。

Photo_10

ブリュレとフルーツの入ったココナッツミルク。ココナッツミルクの中の白いのはカスタード饅頭ですが、これはたまたまここに入れてしまっただけでそのまま食べた方がもちろん美味しかったです。

これだけの内容で夜景も見れて大人4000円はかなりお得ではないでしょうか。一日4回転の110分時間制限ですが、お腹いっぱい食べて飲んで談笑するくらいの時間はたっぷりあると感じました。

デザートも食べてお腹いっぱい。せっかくですから最上階にも行ってみました。

Photo_8

28階からの眺めも良かったですが、さすがに54階からの眺めは格別。ビアガーデンは屋内ですが52階にもあり、天候を気にせず空調の効いたところで楽しむのもいいかもしれません。

54階のラウンジは子供は入店不可だったので、2階のカフェで談笑。

Photo_9

紅茶とケーキのセットは1050円。ちょっとお高いですが、さすがに豪華で華やかな感じです。ティポットを温めている蝋燭がなんともいい雰囲気。スティック式の砂糖も面白いですね。

心行くまで食べて飲んで、親しい仲間と楽しいひと時を過ごせて大満足な一日でした。

おは朝で紹介された事もあり大人気のようですので、予約は必須かと思われます。

ビアガーデンURL http://www.anagth.co.jp/news/indexdetail.html?n_id=120  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウトバック@梅田

 山崎での試飲会も無事終了、ちょっと遅めの昼食は梅田で摂る事に。

向かったのはヒルトンホテルのやや南側、アウトバックというお店。

Photo

アウトバックはアメリカ発祥のお店で、アメリカンなお店かと思いきやオージーをイメージしたのだそうで。道理で店内には巨大なワニのオブジェがあったりした訳です。日本には数店がオープンしているようですが、関西ではここ梅田の店舗のみ。

山崎でたらふく試飲した酔いも丁度醒めてきて、暑い中を歩いた一行は早速ビールで乾杯。久しぶりに飲むバドワイザーを流し込んだころに食べ放題のパンがやってきました。

Photo_3

もっちり柔らかいパンにクロテッドクリームの様なバターがよく合っていて、ついつい食べ過ぎてしまいそうですが、この後こってりどっさりなメニューが続きますので程々に。

そして先ずやってきたのがブルーミン・オニオンという巨大な玉ねぎを丸ごと揚げた一品。

Photo_4

その大きさに溜め息が漏れますが、程よく辛さの効いた味付けでこれはビールやパンが進んでしまいます。5人でもたっぷり満足出来るボリュームで、2人ならこれ一皿でお腹いっぱいになってしまいそう。

続いてはリブ・オンザバービー。

Photo_5

400gの骨付き肉は迫力満点。肉はちょっとパサパサですが、甘味がしっかりと効いた肉を骨ごとかぶりつくと、まるでどこかでバーベキューでもしているような気分に。

お次はこの月のメニュー、アウトバックパスタ。

Photo_6

こってりクリーミーな味付けにトマトの酸味がとてもよく合っています。

これらに加えて、めいめいステーキセットなんかもオーダーしていましたが、私はグリルオニオン・チーズバーガーを。

Photo_7

大きなハンバーガーはボリューム満点。ハンバーグもジューシーでバランスのいい美味しいハンバーガー。とはいえ、ここでもうお腹は結構パンパンに。

そして最後にやって来たのがアップルパイ。

Photo_8

アイスをトッピングしてもらいましたが、これが大正解。とにかく濃厚で濃密な味わいで、アイスが中和してくれないとちょっと濃すぎる感じなのです。パイ生地の下は甘さががっつり効いたリンゴジャムのような味わいで、ここでもう何も入らないってくらいの満腹に。

ここに来る前は、この後天王寺に繰り出して更に飲んで食うぞと息巻いていた一行ですが、もう食欲も元気も根こそぎ持っていかれた様で、和歌山に帰ってのんびりしようか、と相成りました。

飲んでお腹いっぱい食べて、今回は一人4千円弱。こってりがっつりメニューが多く、若い頃ならしょっちゅう通いたいくらい楽しいお店ですが、40を迎えた今は半年に一回くらいで十分といった感じ。

とはいえ、たまにはダイエットなんて忘れて、こういうお店で食欲を開放させるのも悪くはないものですね。なんていっていたら、久しぶりにビッグダディに行きたくなってきました。

アウトバック

URL http://www.outbacksteakhouse.co.jp/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大安@京都市

 山元麺蔵を出て、平安神宮の方へ歩いていくと、すぐそこに大安という漬物屋さんが。

Photo

バスも停められるほどの大きな駐車場が裏にあり、広々とした店内。嬉しいことに、多彩な種類の漬物の前には、それぞれ大きな皿に盛られた試食の漬物があり、もういくらでも食べられる雰囲気。しかも大きめにカットされているので、漬物の食感や風味をじっくり味わえます。さらにはセルフの水やお茶まで用意されていて、太っ腹なことこの上なし。

しかし、ここで気になるのは添加物。こういう大きなお店の漬物なんていうと、添加物がたっぷりなのが相場。と思ってラベルを見てみると、なんと全ての商品が完全無添加。保存料はおろか化学調味料の類までも使用されていません。ますます嬉しくなって、京都のお土産はここに決定。

いろいろ試食してみて、写真の3種をお土産に。

Photo_2

上は、聖護院大根の漬物に和風出汁の風味が効いたもの。下左は、サクッとした食感が面白かった長いものゆず酢漬け。下左は、ちょっと臭みがあり個性的な風味ですが、お茶漬けにすると美味しい、と奨められて自分用に購入した味すぐき。

今回は、ちょっと個性的なものばかり選んでみましたが、千枚漬け等の京都定番の漬物もあり、どれも美味しくて迷ってしまうほどでした。それぞれの包装が、今の家族構成には丁度いい量なのもお土産にはいい所。

お値段は、平均一袋600円前後といったところでしょうか。道の駅なんかで売っている、地元のお母さんが作った漬物なんかに比べると高めですが、こちらにはとても洗練された趣があり、京都のお土産にはぴったりだと感じた次第です。

駐車場に戻る前に、せっかくですから平安神宮にも。

Photo_3

朱色が鮮やかな平安神宮。この辺り、美味しいお店が結構あるようで、それをお目当てにいくのも楽しいものですね。

大安

URL http://www.daiyasu.co.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

山元麺蔵@京都市

 京都は平安神宮のすぐ近く、山元麺蔵へ。こちらも関西讃岐うどん巡礼の対象店。

Photo_6

店先には既に長蛇の列。店内はカウンターとテーブルが2つほど。清潔感ある店内で、トイレもとても綺麗でした。

テーブルにつくと、先ず目を引くのが薬味。

Photo_7

一味から柚子胡椒まで、どれも香り豊かでどれを使おうか迷ってしまいそうです。

そうこうしているうちに饂飩がやってきました。先ずはシンプルにざるうどん。

Photo_8

歯ごたえがありコシがとても強い麺。麺は細めですが、これで調度いいくらいの歯ごたえです。個人的にはちょっと固すぎかな、とも思います。

こちらは葱とゴマのつけ麺です。

Photo_9

温かい麺にもしっかりとコシの強さが残っています。でも、冷たい麺と同様もちっとした食感はあまりなく、それが惜しいところ。

とてもシンプルな、あんかけ饂飩。

Photo_11

かつおの出汁がしっかりと効いていて、いりこの効いた讃岐うどんと違い、ここらへんとても京都らしいなぁ、と感じました。

最後は豪勢な、赤い麺蔵スペシャル。

Photo_10

お値段は1155円となかなかのものですが、ゴボウの天ぷらから、揚げもちや玉子まで入っていてボリューム感もたっぷり。ゴボウの天ぷらにはカレー粉が添えられていますが、ご覧のように注文時に言えば別皿に分けてくれるのが嬉しいところ。

最後の締めは杏仁豆腐。

Photo_12

杏仁豆腐というよりは、ミルクプリンといった風味でしたが、とろっとした食感のとても優しい味わいで、うどんをたっぷり食べた後にはぴったり。

私の好みからはちょっと外れる饂飩でしたが、メニューは多彩で家族連れでも楽しめる、なかなかいいお店だと思います。

山元麺蔵

住所 京都府京都市左京区岡崎南御所町34

TEL 075-751-0677

営業時間 11:00-19:45 水曜は昼のみ

木曜、第4水曜定休(祝日の場合は翌日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パン工房 yum-yum(ヤムヤム)@五条

 久しぶりの更新です。

T君達と、うどん巡礼に京都へ。五条を経由して行ったのですが、地元の方おすすめのパン屋さんで朝食を購入。

Photo

イートインスペースもある、とても清潔感のあるお店。

Photo_2

閑静な住宅街にあり、地元の人に愛されている知る人ぞ知る、といった雰囲気。

早速車内で購入したパンを。

Photo_3

グラタンパンは、生地もフワフワもちもちで、とても美味しく食べ応えもあったのですが、やはり温めた方がより美味しいでしょうね。

デザートにプリンも。

Photo_4

生地がしっかりと固めの、昔懐かしい味わいのプリン。なめらかプリン全盛の今となっては、逆に新鮮だったりします。個人的にはこういう感じのプリンが好きなんですけどね。

帰って、次の日の朝食に角食をトースト。

Photo_5

ふわふわの食感と、しっかりと感じる小麦の風味。最近、和歌山の色々なパン屋さんを巡っているのですが、それらと比べてもかなり美味しい食パンだと感じました。値段も税込み252円と、平均かやや安いくらいで、お得感も十分。

さすがに和歌山からだと遠いですが、近くにあれば日常的に使っても飽きのこない、とてもいいパン屋さん、という印象でした。

パン工房ヤムヤム

住所 奈良県五條市田園3-20-6

TEL 0747-23-5530

営業時間 8:00-19:00 水曜定休

URL http://www.syokuran.com/kairoufo/yamyamfo/yamyam.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情熱うどん 眞光

 コンペの帰り、アルコールが程よく抜けた頃に橿原に到着。晩御飯は、関西讃岐うどん巡礼の参加店、情熱うどん眞光で。

Photo

情熱うどんの名前からも分かるように、大阪中津の情熱うどん讃州のお弟子さんのお店らしいです。外観はどこかのチェーン店のようですが、中に入ってもその印象は変わらず。バイトのお姉さんの応対も、今どきのチェーン店然といった感じ。

メニューは多彩で、どれにしようか迷ってしまいそうですが、皆次々に注文。うどんが来る前に、先ずはサイドメニューが続々と。

Photo_2

チャーシュー盛りは、やや醤油辛いとも思いましたが、芳ばしくてジューシーでなかなかの美味しさ。

続いて牡蠣フライ。

Photo_3

そして唐揚げ。

Photo_4

どちらも普通に美味しかったです。

情熱うどん讃州の更にお師匠さんの釜たけうどんが発祥と言われる「ちくたまぶっかけ」も当然メニューにあります。

Photo_6

かけうどんでも「ちくたま」が選べます。

Photo_5

シンプルな生醤油です。

Photo_7

カレーうどんもメニューにありました。

Photo_8

生卵と濃厚なとろみのルーが相まって、なんとも食べ応えのあるカレーうどんでした。

全体に麺のコシがやや弱くちょっと柔らかめでしたが、以前来た人によるとその時はもっとコシがしっかりとしてた、との事。この日の印象だけだと、チェーン店にしては美味しいお店、といったところでしょうか。これまでに巡った巡礼のお店に比べると、どうしてもそういう印象を受けてしまいました。

食後にはコーヒーがサービスで。

Photo_9

お腹も膨れて一路和歌山へ。爆睡のNちゃんは到着してもなかなか起きなくて、K君に傘で突付かれていましたとさ。

情熱うどん 眞光

住所 奈良県橿原市曲川町7-8‐1

TEL 0744-23-8077

営業時間 11:00-15:30 17:30-22:30

       土日祝は11:00-22:30 無休

URL http://blog.goo.ne.jp/jyounetsuudon-shinkou

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カクテルコンペティション関西in奈良 2010

 食事も終わり、いよいよカクテルコンペの会場へ。

チケットを首から掛けて入場すると、もうすでにコンテストが始まっていました。

Photo

和歌山から一人、そして元テンダーに勤めていた金子君は奈良代表。息を呑む緊張感がこちらまで伝わってきて、もう見ているだけで身震いがします。もっとアップで撮りたいのですが、私のカメラは倍率が低いんですよね。こんな時、一眼レフが欲しくなってしまいます。

Photo_2

比較的前の方に座れたので、ここからもパチリ。見ていると、女性より男性の方が表情が硬いようにも思えました。いざとなると、やっぱり女性の方が強いのでしょうか...

会場を出ると、午前中に行われたフルーツ盛りの作品と、今作られたばかりのカクテルが展示されていました。

Photo_3

とっても美味しそうで華やかですが、これよりも皆の注目を浴びていたのがこちら。

Photo_5

特に女性に人気で、一緒に写真を撮ろうと引っ張りだこで羨ましい限り。

せんとくんもカメラに収めたし、続いてお目当ての協賛企業ブースへ。実はこれが一番の目的だったりして。

Photo_4

ずらりと並んだ美味しそうなお酒、お酒。この殆どのお酒が試飲出来るのですから、もうたまりません。

入り口すぐ近くには、大好きな春鹿のブースが。 

Photo_6

新しいタイプのお酒、八重桜。花のようないい香りのする、まるでリキュールみたいなお酒でした。

ニッカ(アサヒビール)のブースには、ウィスキーの他リキュールも。

Photo_7

その隣にはサントリー、そのさらに隣にはサッポロのブースが。新しいエビスビールやプレミアモルツ、そして発売前のサントリーのウィスキーなんかも頂いてもうなんともいい気分。

グレンファークラスのブースでは、無料試飲だけでなく有料試飲も。

Photo_2

105 40年は10ccでなんと2000円。でもボトルで15万円のお酒ですし、せっかくだから頂いてしまいました。まあさすがにまろやかで深い味わいで、なんともセレブな気分に。

光沢のある木箱に入ったウィスキーはデュワーズ。

Photo_3

お値段は2万円となかなかのものですが、クセがないけど風味豊かな味わいは万人受けしそうで、その豪華な箱とも相まって大切な人への贈り物にもってこいかも。

他にも一通り、ウィスキーに日本酒にビールにブランデーにリキュールまで頂いて、もうすっかりいい気分になってしまいました。

そして最後に、コンテストの出場者自らが振舞ってくれるカクテルの試飲が。

Photo_4 

シェイカーを振る金子君。最後に美味しいカクテルも頂いて、後はもう和歌山へ帰るだけ。

和歌山といえば、なんと来年のコンペの会場は和歌山だそうで。こりゃ今から来年が待ち遠しいですね。

和歌山でのカクテルコンペまであと365日。あと三百と六十五日しかないのだ!   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よしの@ホテル日航奈良

 美術館を出て、カクテルコンテストの会場であるホテル日航奈良へ。

昼食はそのホテル内の、よしので。

Photo

店内に入ると、すぐにずらっと並んだ日本酒が。どうやら新酒のフェアが催されているようです。

Photo_2

でも、お酒のリストに春鹿の名前を見つけてしまい、先ずはその純米吟醸から。

Photo_3

以前飲んだ春鹿よりはずっと甘口ですが、適度なコクとすっきりとした後口はさすが春鹿。辛口が好みの方には、純米酒もありましたのでそちらがいいでしょうね。

そして奈良味酒(うまざけ)フェスティバルと銘うたれたメニューには新酒がずらり。千円で6種の銘柄の中から3種を選択出来る味比べセットというのがあったので、迷わずそれをチョイス。

Photo_4

選択したのは、豊澤酒造の豊悦 新酒あらしぼり、喜多酒造の御代菊 しぼりたて生酒、今西酒造の三諸杉 しぼりたて鬼ごのみ。どれもやや甘口で濃厚な口当たり。私たちの中では、無濾過で複雑な風味のある豊悦が一番人気でした。

ほんのり酔った頃に食事がやってきました。

Photo_5

奈良のうまいものに選ばれている、鳥茶というお茶漬け。こちらのお店では他に、大和芋を使った大和鍋もありましたが、それはまたの機会に。

ご飯に鶏肉を千切りにしたものや、椎茸、奈良漬などを載せ、抹茶の粉末と出汁をかけてお茶漬けに。

Photo_6

あっさりさっぱりとした風味で、いくらでも食べられそうなのが恐ろしいところ。抹茶の粉末をたっぷり掛けた方が、より味わいが増して美味しく感じられました。お値段は1500円と、さすがにホテルのお値段ですが、ご飯は御ひつごとお代わり出来ますので、充分満腹になれます。

お腹もいっぱいになり、ほろ酔い気分で会場に。コンテストより、もうすでに試飲出来るお酒が気になっていたりするのです。(^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コメダ珈琲店@奈良市

 日曜は、奈良へカクテルのイベントに行って来ました。奈良市内に到着したら、先ずはモーニングで腹ごしらえ。

ウトウトとしている間に車が滑り込んだのは、コメダ珈琲店というお店。

Photo

元々は名古屋のお店で、奈良にはもう既に4店舗あるようですが、和歌山では見たこと無い名前orz

飲み物にはモーニングが付いてくるのに、皆次々と単品を追加。

Photo_2

チリドッグの奥に写っている可愛い瓶は、コーヒーシェイク。注文したNさんは、モスバーガーに比べるとちょっと薄めの味、と言ってました。

巨大なコロッケバンズとスクランブルエッグトースト。

Photo_3

コロッケバーガーは、パンは巨大でキャベツたっぷりだけど、コロッケは小さめとのことでした。でも380円は結構お得なお値段かと。スクランブルエッグトーストはなかなかの美味しさでしたが、590円とお値段もなかなか。

そしてこちらの名物がこの、シロノワール。

Photo_4

6つにカットされていて、一人一カットで充分なボリューム。お値段は590円ですが、お得感は充分。メープルシロップを回し掛けると、これがなんとも美味しそう。アイスクリームは極々普通の味わいでしたが、温かいちょっと固めのデニッシュのようなパンと冷たいアイスのコントラストがいいですね。それを楽しむためにも、これは供されたらすぐに食べた方がよさげです。

モーニングというにはたっぷりの食事でお腹が膨れたら、ちょっと歩きに新薬師寺方面へ。入江泰吉記念奈良市写真美術館で芸術鑑賞を。

Photo_5

今回の展示は、大和路巡礼飛鳥の里。石舞台や、何気ない日常を捉えた何処か懐かしい風景。心に染み入るような写真ばかりで、この写真を撮るのにどれだけその場所に通い、どれだけの時を過ごしたのかと思うと胸が熱くなります。

私なんぞはデジカメでお手軽にが日常で、写真は全くのド素人ですが、 それでもこの日コンクールで展示されていた高校生の写真を見ると、あぁやっぱり違うんだなぁというのは分かりました。とはいえ、この高校生の中から、もしかしたら将来入江さんのような写真家が育っていくのかも、と思うと楽しいですね。

コメダ珈琲店

URL http://www.komeda.co.jp/index.php

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深清鮨(ふかせずし)@堺市

 大阪名物という本には、他にも気になるお店が多々ありまして、その一つが堺にある深清鮨。

Photo

持ち帰り専門のお店のようで、名物の穴子寿司の他、巻き寿司等数種類のメニューがありました。

初めてですので、ここはやはり穴子寿司を。上と並があり、2100円と900円。穴子自体は変わらずその大きさだけの違いで、上が7貫並が6貫との事。この日は並を頂きました。

Photo_2

一口食べて、その穴子の柔らかさにうっとり。雪の様に、すっと口の中で溶けていくのです。甘すぎず辛すぎずのツメも丁度いい塩梅で、これがまた穴子の味わいを引き立てています。酢飯はちょっと固く握られていて、穴子の柔らかさに対してちょっと勝ちすぎている感じ。よりネタの大きい上の方が、両方のバランスがいいのかもしれませんね。

さすがの人気店といった感じで、これだけの穴子寿司を900円で頂けるのにはちょっと驚きました。今度は少し贅沢して”上”を頂いてみたいと思います。

深清鮨

住所 大阪府堺市堺区出島町1-1-22

TEL 072-241-4593

営業時間 9:30-18:00 火曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧