青空と自転車とベーグル、そして焼きそば

 最近、空の色が夏らしい濃い青になってきて、写真を撮るのも楽しくなってきました。なんて思ってたら今週は青空は望めなさそうですが…

そんな夏色の空の下、先週某Bar主催の自転車ツーリングに同行してきました。私は自動車で先回りして撮影したり、クーラーボックスに氷やドリンクを用意したりとサポート役。

午前11時半過ぎ、某アスラン前を出発。ビルの谷間から青空が見えます。

Photo

一行は時速20km程で海南まで快走。住宅地の中にあるセジョリというお店でランチタイムとなりました。

Photo_2

看板や玄関の様子でも分かるように、ベーグルがメインのお店のようです。

Photo_3

ベーグル単品の他に、ランチセットが数種類、それにケーキセットなんかもありました。

私が頂いたのは、スモークサーモンとチーズを挟んだベーグルのセット。

Photo_4

デザートはアイスクリーム。

Photo_5

セットメニューは1000円前後でしたが、ベーグルは思ったよりボリュームがあり、私でも十分お腹が満たされました。もちろん、もちもちの食感のベーグルも美味しくて、素材にも拘りを感じました。

お土産に購入したベーコンのベーグルやクッキーもとても美味しかったです。

ランチを食べ終わった一行は、一路貴志川方面へ。

Photo_6

こういう青空は本当に何枚写真を撮っても飽きることがありません。

貴志川の”町のじてんしゃ修理やさん”を経由して桃山へ。成長した稲の緑が眩しいくらい。

Photo_7

桃山といえばやっぱり桃。産直売り場で桃のアイスを頂きました。

Photo_10 

桃アイスを食べたら、ここからかつらぎ方面へ。

竹房橋を超えたあたりからの紀ノ川沿いの堤防は、車が通れないので本当に気持ちよさそう。

Photo_11

今度は私も自転車で参加しようかなぁ、とも思いましたが、やっぱり写真は撮りたいし悩ましいところです。

夏色の青空も、青洲の里に着いたころには雷雨に変わっていました。

青洲の里で雨宿りした後、名手の有名店”ふみ”で早めの夕食。

Photo_12

まいう~のノボリがなんともいえない雰囲気。

ここで頂けるのは、ボリュームたっぷりこってりの洋食や丼。

Photo_13

焼きそばは、ややとろみがあり和風の出汁が効いているようでした。大きなオムライスは昔ながらの懐かしい味わい。

これは以前頂いたのですが、親子丼もボリューム満点。

Photo_14

飾り気の無い、昔ながらのど真ん中ストレートな味付けで、ランチメニューも多彩かつたっぷり。二軒目飯店と並び、この地域の方のこってりがっつりな気分を満たしているお店といった感じです。

ふみを出たら、後は帰路に就くだけ。

Photo_15

龍門山の前を通りバイパスに合流する頃には、すっかり青空が戻って来ていました。

総距離約75km。皆さんお疲れ様でした…あ、一人10km程足りない人もいたような…

今回のオンラインアルバムはこちらから。

PC版

http://www.imagegateway.net/p?p=BHANkKH5cWE

携帯版

http://www.imagegateway.net/m?m=BHANkKH5cWE

C'est joli (セジョリ)

住所 和歌山県海南市重根1981-25 たつべパーク内

TEL 073-487-8314

営業時間 10:00-18:00 月曜、火曜定休

お食事処 ふみ

住所 和歌山県紀の川市東野64

TEL 0736-73-6800

営業時間 11:00-14:00 16:00-24:00 火曜はランチのみ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

蛍と黒豆とサボテンの花@鞆渕

 最近NHKで日本の里山の特集をしていましたが、私が和歌山で里山というと先ず思い浮かぶのが鞆渕。

蛍で有名な所ですが、昼間の風景も見たくなり先週訪れてみました。

Photo

せせらぎの音も心地よく、なんとも懐かしい風景です。

2

市内の田んぼに比べると、明らかに多様な生態系です。あの無粋なジャンボ田螺もここにはいません。

民家の石垣に綺麗な花が。

3

近づいてみると、それはサボテンの花でした。

Photo_2

サボテンの花ってこんなに綺麗なものだったのですね。

後日、蛍を見に行ってきました。

5

地元の方によると、見ごろは来週との事です。週末は混み合いますが、週末なら売店も開いていますので、大好きな黒豆のおにぎりも頂けます。

この蛍の里がいつまでもこのままでありますように、と願うばかりですが私に出来る事といえば蛍の募金箱に募金するくらいでしょうか。

と思っていたら、”めっけもん広場”でこんなものを見つけました。

Photo_3

鞆渕の黒豆煮です。添加物も使用されておらず、蛍を守るために農薬を控えている鞆渕産の黒豆ですからその点も安心。風味豊かな黒豆の旨さは格別でした。これは常時販売はされていないようですが、黒豆のアイスは店内のイートインコーナーで常に販売されています。鞆渕産のものを多く頂くことが、蛍の里を守る事に少しでも役立てれば、こんな嬉しい事は無いと思うのです。

今回のオンラインアルバムはこちら

http://www.imagegateway.net/p?p=GnxWszSw2hy

| | コメント (4) | トラックバック (0)

南紀で見つけた美味しいものと、なにこれな風景

 勝浦を出て古座川へ。

古座川といえば一枚岩。何度見てもその巨大さに圧倒されてしまいます。その前にある一枚岩鹿鳴館が道の駅に登録されたそうで。

Photo

中で飲食も出来ますが、今回はお土産の購入のみ。

そこで目に留まったのが、くろしおポンカン生ジュース。

Photo_2

これが、しっかりとした甘味と後口に残る程よい酸味で、なんとも美味しいジュース。思わず大きい方をお土産に購入してしまいました。店内では、200ml入りと1L入りが販売されていて、1Lの方は1000円でした。小さいのを飲んでみて、気に入ったら大きい方を、という買い方が出来るのがいいですね。

1L瓶で、なんとポンカン30個程が使用されているそうで、なるほどその濃厚な甘さや風味の理由が分かりました。すさみの道の駅、いのぶーたんランドにも販売されていましたが、小さいのは販売されておらず、何故か1050円と50円高かったです。

古座川を出たら串本へ。目的は、大島のパン屋さんnagi。以前訪れたときは出来なかったイートインが今回は大丈夫だったので、店内で一服。

Nagi

オリジナルブレンドの紅茶や、自家製シロップのジュースを頂くことが出来ます。

パンはもちろん店内のものを好みのままにオーダー。

Nagi2

しっかりとした小麦の味わいと、しっとりふんわりの食感で相変わらずの美味しいパン。餡子や野菜等の食材も自然で豊かな味わい。ちょっと一息入れるにはぴったりの、温かい雰囲気の店内でした。

串本から田辺に向かう途中に、和歌山で一番新しい道の駅に。

Photo_8

和歌山21番目の道の駅、椿はなの湯です。道の駅としては珍しく、施設のほとんどが温泉。休憩所の他、売店もありましたがそのスペースは極僅か。道の駅、というよりは公衆浴場といった趣が強い感ですが、椿温泉に手軽に入浴出来ますし、地域の活性化につながるといいですね。

椿温泉から田辺に向かう途中、岩場の上になにやら変わったものが。

Photo_3

切り立った岩の上に仲良く並んだ2つの白いイス。よく見るとチェーンでしっかり固定されています。

Photo_4

度胸試しか、あるいは何かの罰ゲームに使われるのか?と思いましたが、釣りに使用されているとのコメントを頂きましたsweat01

田辺からは本宮方面に行って、道の駅 熊野古道中辺路へ。暑い日にはたまらない、よもぎアイスを頂きました。

Photo_5

以前は入っていなかったように記憶している小豆が入っていましたが、相変わらず素朴でなんとも美味しいアイスです。小豆との相性は当然のように抜群でした。

再び田辺市に戻りファーマーズマートに立ち寄りました。

Photo_6

めっけもんやよってってに比べるとちょっと寂しい雰囲気で、値段もやや高めにかんんじましたが、地場産のものもそれないに揃っていました。

その中でみつけたミカンジュース。

Photo_7

1L680円と、この手のストレートジュースにしては安価ながら、濃厚な風味としっかりとした甘味、それにみかんのひなびた感じも良く出ていてとても美味しいジュースでした。数ある和歌山のミカンジュースの中でも、コストパフォーマンスは最上の部類ではないでしょうか。

この後は”もとや”さんで買い物をして和歌山市に帰るのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

十割そば 森本屋@那智勝浦

 新宮で一息入れて、海岸線をのんびりと勝浦へ。

港に到着すると、心地よい潮の香り。漁港では、日曜開催の朝市が。

Photo

にぎわい広場と銘打たれていますが、お客さんはちらほら。

でも、目に付くマグロを初めとした食材は美味しそうなものばかり。特に目を引いたのが、まぐろのカマ焼き。

Photo_2

500円の小さいほうを頂きましたが、それでもこのボリューム。

Photo_3

臭みも全く無くて、これがなんともいえない美味しさ。塩加減も申し分なく、マグロの旨味だけがぎゅっと凝縮されたような味わい。まぐろのうしお汁は、ちょっと不自然な旨味も感じましたが、つみれがとても美味しくて値段を考えればお得な一杯でした。

せっかくですからお寿司も頂いちゃいました。

Photo_4

A、Bのセットがあり、頂いたのは赤身とビン長、カジキの昆布締めがセットのAセット1000円です。このマグロがまた美味しくて。特に、もっちりとした食感のビン長の美味しさにびっくり。本当に新鮮だと、ビン長でもこんなに美味しいのですね。

と、前菜?はこれくらいにして、お昼ご飯を食べに漁港近くの森本屋さんへ。

Photo_5

落ち着いた雰囲気の、どこか懐かしい古民家風のお店。今回のお目当てはお蕎麦ですが、元々は民宿で蕎麦の方は2003年からの営業だそうです。

Photo_6

小さなちゃぶ台がありますが、これを見るとひっくり返したくなるのは私だけでしょうか?

なんて思っているうちに、蕎麦と並ぶこちらの名物まぐろ丼がやって来ました。ざる蕎麦とのミニセットで1300円でした。

Photo_7

綺麗ピンク色のマグロがどっさりと。とても美味しいマグロ丼でしたが、先ほど漁港で頂いたマグロに比べると、やや臭みを感じてしまいました。

こちらは鴨せいろ。

Photo_8 

ツユは甘みがよく効いていて、濃厚な風味。十割そばとのことですが、蕎麦の風味はあまり強く感じられませんでした。でも、これは今の季節が蕎麦には一番厳しい季節だからかもしれませんね。喉越しはとても良く、コシも丁度いい塩梅でした。

ざる蕎麦のツユの方はちょっと塩辛く、もうちょっとまろやかさがあった方が、とも感じました。最後まで蕎麦湯は供されませんでしたが、伝えれば頂けるようです。メニューにはうどん等もありましたが、蕎麦一本に絞った方が、というのが正直な気持ち。

南紀の名物”めはり寿司”もありますし、観光地の蕎麦屋さんとしては雰囲気も味もとてもいいと思います。でも、旨い蕎麦屋さんを巡って日本各地を、というような人にはちょっと物足りないかもしれません。

森本屋

URL http://www.nachikatsuura.net/morimotoya/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりの南紀

 梅雨も明けようとしてる頃、久しぶりに南紀へ。

南紀といえばやっぱり湯の峰温泉は外せません。

Photo

朝もやの残る湯の峰温泉郷は、なんとも風情溢れる雰囲気。

そして、いつものように公衆浴場で入浴している間に湯筒で卵とサツマイモを茹でるのです。

Photo_2

朝早くでも売店が開店しているのが有難いですよね。硫黄の香りがかすかに漂うイモや卵を食べると、もう温泉気分をたっぷりと満喫出来るのです。

新宮までの道程も楽しみの一つ。豪快な風景の熊野川沿いを駆け抜ける爽快なドライブ。バイパスも完成し更に快適になっていますが、川を眺められないトンネルで通過してしまうのはちょっともったいない気もしたりして。

そして新宮に出ると、やっぱりおむすび一郎でおむすびやめはり寿司を買ってしまうのです。

Photo_3

こちらも朝早くから開いているので、朝食にはもってこい。

そして、お土産はやっぱり香梅堂で。

Photo_4

お土産の鈴焼を買い込んで、ふと目を移すと美味しそうなカステラが。那智黒と共に車中のおやつに。このカステラがもうなんともいえない美味しさ。しっとりとした口当たりに上品な甘さ、これは原料に和三盆が使用されているからでしょうか。

朝から美味しいものばかりで元気いっぱい、南紀のドライブはまだまだ続くのでした。

香梅堂

URL http://www.suzuyaki.jp/ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

閉店のお知らせ

 岩出市のひょっとこさんが閉店となりました。

とってもお気に入りのお店だけにとても残念。あの網焼きや南蛮、もも焼きが食べられないと思うと、なんでもっと行かなかったのかと後悔しきりの気分なのです。

色々な事情があるのでしょうし今はお疲れ様としか言えませんが、また機会があれば是非再開して欲しいと思うばかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

田村みかんジュースと、こかわやさんのジャム

 先日マリーナで仕事があり、休み時間にお土産散策に。

黒潮市場の向かいにある紀ノ国フルーツ村で、いつものようにすっぴんみかんジュースを購入。で、他にも何かと思って見つけたのが田村みかんジュース。

Photo

有田の有名ブランドとなっている田村みかん。そのジュースとなれば飲まずにはいられないでしょ、ってなもんです。すっぴんと比べると、甘さとコクは負けているように思えますが、爽やかな酸味とほのかな苦味が効いた大人の味わい。すっぴんとはまた違った美味しさで、これまたお気に入りのみかんジュースが見つかって嬉しい限り。

そしてわかやま館の売店で購入したのが、こかわやさんのジャム。ここで販売されている加工品は結構添加物入りのものが多く、なるべく少ないものをと思って見つけたのがこのジャムなのです。

Photo_2

いちごと桃を購入しましたが、そういえば以前”あナリ”でブドウのジャムを購入したのを思い出しました。種が入ったジャムは結構食べにくかった記憶がありますが、今回はその心配は無し。ブドウと同じくイチゴも素材のままといった感じですが、桃はややペースト状になっています。

甘味は控えめで、見た目と同じく素材の味が活かされた味わい。やはりパンにはちょっと塗りにくくて、ヨーグルトと一緒に頂くのが合っているように感じました。さっぱりとしたジャムが好きな人には結構合うかと思います。

フルーツ村の賑わいに比べると、わかやま館の方はちょっと寂しげ。もし税金が投入されている施設なら、もうちょっとなんとかしたほうがいいんじゃないでしょうか…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

産直市場 よってって貴志川店

 輸送艦を見て貴志川あたりをドライブしていると、以前WAYがあった所が産直市場に。岩出や田辺にもある、よってってというファーマーズマートで、まだ出来て半年も経ってないのだそうです。

Photo

八十八家というレストランも併設されていて、昼には地場産の食材を使ったバイキングもあるそうです。

日曜ということもあり、店内は大勢の客で活気が溢れています。もちろん新鮮な野菜や果物が安価に購入出切るのは当然なのですが、驚いたのは加工品の品揃えの多さ。ジュースや調味料、ジャムなど、和歌山県のあちこちで見られるものが殆ど揃っている、といってもいいくらい。

いろいろあって迷いましたが、私は自宅用にみかんジュースを2本購入しました。

Photo_2

真ん中は道の駅明恵の里で買った杉レモンハウスのもの、両端がよってってで購入したものです。1000円と850円の差はありますが、容量も違うので単価はほぼ同じくらい。

どちらも糖度13度以上のみかんを使用している、というだけあって濃厚なコクとしっかりとした甘さ。かなりの美味しさなのは間違いないですが、私は左の”幸せ色のみかんジュース”が甘さと共に苦味や酸味も感じられてとても気に入りました。

私の一番のお気に入りは”すっぴんみかんジュース”ですが、これは強力なライバルが登場したな、という印象。バイキングも気になるし、これはまた行かないといけませんね。

紀北筋でファーマーズマートといえば”めっけもん市場”ですが、これまた強力なライバルの登場だと感じました。どちらも盛り上がって、この周辺が賑やかになってくれると、和歌山県民としては嬉しい限りです。

よってって

URL http://www.yottette.jp/index.htm

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長久酒場@和歌山県白浜

 ブログ再開と共に温かいコメントを頂き、本当にありがとうございました。こういうとき、ブログやってて良かったなぁ、としみじみ思うのです。

仕事に復帰してからも、軽トラに長時間乗っているとどうしても痺れや痛みが出てきてしまう日々。でも、普通車なら田辺までのドライブでも症状は出ず。恐らく軽トラの直にくる振動が首に悪いように思えます。で、田辺まで来たのだから、と白浜まで足を伸ばし長久酒場へ。

店に入ると、「お久しぶり」と御主人。もう半年振り以上でしょうか。久しぶりというのもあるけれど、ここに来たかった目的はもう一つ。療養中、朝の情報番組を見ていると、周参見の鰹の話題がちらちらと流されていて、もう食べたくて仕方なかったのですが、メニューを確認するとビンゴ!けんけん鰹の刺身がきっちりと載っていました。いやぁ白浜に来て大正解。

鰹のお刺身の前に、先ずはナガレコの煮つけから。

Photo

たっぷりと盛り付けられたナガレコは旨味もたっぷり。刺身も踊り焼きも出来ますが、私はやはり煮つけが一番美味しいと感じます。

舟ごとのウニは地元白浜産。

Photo_2

甘味たっぷりで程よい風味が心地よい、なんとも美味しいウニ。濃厚さでは北海道のバフンウニに一歩譲りますが、さっぱりとした口当たりが逆に甘味を引き立てているように思われます。これが2300円とは格安と思いますが、カワハギ丸ごとの造りも2300円で、両方がメニューにあるとどちらにしようか迷ってしまうのです。

そして、お待ちかねのケンケン鰹。

Photo_3

ルビー色の見るからに美味しそうなお刺身は、これがもうなんとも言えない旨さ。もっちりとした食感に、臭みのない上品な旨味、本マグロの赤身もかくや、という美味しさなのです。ワサビと生姜が添えられていますが、生姜だとちょっと風味がきつ過ぎて繊細な鰹の風味を邪魔するように思えました。やっぱりけんけん鰹は、たたきよりも刺身をワサビ醤油で、が一番合っているように思います。

最後は網焼きで。今回初めて頂いた、イノシシです。

Photo_4

野趣溢れる風味豊かな肉質なのですが、臭味は殆ど感じられず、これは注文して大正解の旨い肉でした。これからここへ来た時の定番になりそうな、そんなお気に入りの一皿となりました。

美味しい魚介類に、美味しいお肉まで頂いて大満足。おまけに首の症状も殆ど感じられず、久しぶりに快適で気持ちのいいドライブを満喫出来ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

丸己その3@紀の川市貴志川町

 山東方面で仕事があれば、お昼はちょっと足を延ばして貴志川に。お目当てはもちろん丸己。

相変わらず有り得ないコストパフォーマンスの刺身定食。

Photo

これが630円とは、何度食べても信じられません。しかもご飯のお代わりが自由なんですからもう嬉しいやら申し訳ないやらで...

刺身定食に比べると、ちょっとインパクトは弱めですが、それでも630円はバーゲンセールな寿司定食。

Photo_3

刺身定食やフライ物の定食がちょっとボリュームありすぎ、な方には丁度いいと思います。巻き寿司が中心ですが、きちんと作られたお寿司でお得感は充分。写真は撮り忘れましたが、うな丼も630円でこれだけのものが、という内容でした。

そして今回の真打ち、日替わりの海鮮丼735円です。

Photo_2

真ん中にどんとウニが盛られています。

Photo_4 

まぐろの剥き身がやや生臭かった以外は、もうどれも申し分ない鮮度。特に甘さたっぷりなウニの美味しさときたら。ボリュームもたっぷりで、ここではもう驚く事は無いと思っていたのに、また驚かされてしまいました。

いや本当にいいお店です。こんなお店が近所にあったら、それこそ週3回は通ってしまいそうです。ここを知ってしまうと、廻るお寿司を食べに行くのがもったいないように感じてしまうのが困ったところ。忙しい時には、ちゃちゃっと食べられる回転寿司もいいのですが、そこで支払いが千円を超えたりすると、なんだとても損をしたように思えてしまうのです。

丸己

住所 和歌山県紀の川市貴志川町長原248−9

TEL 0736-64-6626

どうやら定休日は木曜日のようです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧