美味しんぼが和歌山に!?

 父雄山との和解も果たし、しばし休業中だった美味しんぼ。日本味巡りがわずか10県足らずで終わっていたのでどうなるんだろ、と思っていたのですが、なんと和歌山編で復活だとか。

10、11月に来県、すでに取材も終えているらしいのですが、気になるのはそれ以外の季節の食材はどうなるんだろ?ってこと。春や夏が旬のものはどうするんでしょうね。ま、一県に一年もかけてしまうと、取材だけで全ての県を廻るのに40年近くかかってしまうから、それは無理でしょうけど...

いずれにせよ再開が待ち遠しいのですが、再開は来年3月からだそうです。しばらくスピリッツは購入していませんでしたが、これは定期購読も再開しそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ウソの温泉ホントの温泉

 どこかへ旅に出るとき、私の目的は美味しい料理と気持ちよく走れる道であり、温泉や宿はあまり重要視していませんでした。ところが、ある温泉を経験してから、私の中の価値観が180度変わり、温泉の重要度がぐっと増すこととなったのです。

Photo

そして、こんな本まで買ってしまうことに。それが、ウソの温泉ホントの温泉という本で、内容は白骨温泉の偽装問題に端を発した、数々の温泉問題をあぶりだしているというもの。温泉自体の問題だけでなく、それをとりまく環境や乱開発、法整備の至らなさまで触れられていて、単に偽装した温泉を糾弾するだけに留まっていないところがいいですね。

そして、問題の一因が消費者の無知や無理にあるというところが、最近の食品問題に結構似ているなぁとも思いました。かくいう私も、去年までは源泉掛け流しなんて言葉は知らなかったですし、それを取り巻く環境なんてものに目が行く訳もありませんでした。

今までは旅先では健康ランドのような温泉で充分、駐車場が広く設備やアメニティが整っているのがいい温泉の条件だったのです。そして、もし宿泊するなら、露天風呂や貸し切り風呂があるのは当然で、個室露天風呂なんてあれば最高と思っていたのですから。

しかし、この本を読んでその幻想は崩れ去りました。それに要求する事が多くの温泉地では、どれだけ無理のあるものなのかがよく分かったのです。こうなると絶望ばかりですが、この本の最後にはちゃんと本当の温泉を守っている宿も紹介されています。CS放送の旅チャンネルでは、本当の温泉宿の紹介などがよくされていて、それもとても役に立ちました。

とはいえ、今から温泉探訪を趣味にするなんて出来ませんが、たまに出かける旅の楽しみの一つに、本当の温泉探しが加わったのはとても嬉しいことです。その原点となった温泉には本当に感謝しています。

という訳で、次回はその南紀の温泉を紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しんぼと昔の思い出

 コンビニに立ち寄った際、コミック売り場に美味しんぼの101巻がありました。なんともう101巻。凄いですね。最近はもう買わなくなっていたのですが、この巻は興味がある内容で買うことに。

内容はズバリ食の安全。餃子事件で揺れる中、とてもタイムリーな内容となっています。連載次期は去年のことですから、まるでこの騒動を予見していたかのよう。相変わらず、中国に対してはちょっと甘めのスタンスですが、今回の事件を知った作者の心中やいかに。

とはいえ、日本国内での食に関する事件を見ていると、中国の食品さえ避ければ安全といのも幻想的で、この本ではそこらへんのことを絶望と希望に分けて描かれています。いつもながら、ちょっとオーバーアクションな表現もありますが、概ね信頼のおける内容。

”食品の裏側”の安部司氏や、まだ未読ですが”変わる家族変わる食卓”の岩村陽子氏などの話、そして実際の生産現場の話まで、その取材力には驚かされるばかり。これだけするどく裏側に切れ込める人が、どうしてあっちの話になると盲目に突っ走るのか分からないけど、まぁそれも人間の面白さでしょうか。

それはさておき、内容は示唆に富、特に家庭をお持ちの方は買って損はないこと受け合い。中でも、学生さんが阿部氏にしたためた手紙には感動。親の作った弁当の見た目が悪く隠して食べていたが、阿部氏の話を聞いてからは堂々と食べられるようになったといった内容。

つまり、その見てくれの悪い弁当は手作りのものばかりの愛情のこもった弁当だったとのこと。そういえば、私も学生のころ母の弁当をとても嫌がった覚えがあります。煮物やおひたしがメインで、しかも胚芽米が妙に黄色っぽくて、友人のウィンナーや揚げ物が入った綺麗な弁当に比べると、なんともみすぼらしい気がして。

今思えば、なんという罰当たり。もう恥ずかしくて反省するしかないのですが、自然なものを自然な風味で食べさせてくれた親には感謝するばかりです。私がそうであったように、とかく子供というのは物事の本質を見落としがちで、時には無理やりにでも子供の言い分を曲げなければならないのでしょうが、昨今は子供に合わす事が普通のようで。

と、結婚もしていない私が言っても説得力ゼロですが、仕事柄多くの家庭をみていて、そう思うことも多々あるのです。習い事や趣味もいいけど、家族団らんの時間が無くなったら本末転倒やん、と常々思っていたところ、先日のみそかつを子供ととのコメントをいただき、なんとも微笑ましく温かい気持ちにさせていただきました。

本の話に戻ると、日本の有機野菜の割合実に0.16%。なんとも絶望的な数字ではありませんか。しかし、その1%に満たない方の努力が実り、そういった方が増えているのも事実であり、それが希望とのこと。

今回の餃子事件で、日本人の食への意識が変わり、安全にはコストがかかるものという認識が広まれば、食料自給率が上がる日も来るかもしれませんね。というわけで、次回はそういう気分を盛り上げてくれる店を紹介したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

たべあるきナビ 関西激うまラーメン―渾身の450杯

 コンビニに入り、ふと書籍コーナーを見ると、”たべあるきナビ 関西激うまラーメン―渾身の450杯”なる本が売られていました。

で、思わず買っちゃったんですが、これがなかなかのラインナップ。納得のいいお店が多々掲載されているのです。この本が1冊あれば、ラーメンガイドブックとしてほぼ間違いないものになるのではないでしょうか?

ただ、いつも行くいいお店が、妙に行列が出来ていたり、売り切れで閉店してたりするとショックですが。そんな心配もしてしまうくらい、よく吟味されたラインナップに感心しちゃったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がび~~~ん

 もう最悪ですわ。携帯を洗濯してしまいました。速攻ドコモショップに行って交換したんで、使えるのは使えるのですが、1万3千円の出費が痛すぎ…1万3千あれば、あれもこれも買えたのにと思うと。今日酒屋でシャンパンやリキュールを買った代金がちょうど1万2千円くらいなんですよねぇ。なんだかとってもブルーです。

出費も痛いけど、それより痛いのが、統一しかけの三国志のデータが消えたこと。あと呉と魏を残して三国状態で、いよいよって時に。孔明も龐統も五虎将も徐庶も、ついでに賈詡も呂布も程昱も張遼も諸葛瑾も太史慈も典韋もその他いーーっぱい配下にしてこれからってときに…もう5分くらい放心状態でしたわ。興味ない人にはさっぱり分からない話ですいません。

グルメとはまったく関係ないですが今日の愚痴ってことです。こんな時は旨いもん食べてぐっすり寝るに限りますね(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)