京都の道の駅

 スタンプラリーの事もあり、山崎麺二郎を出てから京都の道の駅を散策。

先ずは、亀岡市の国道9号線沿いにある、ガレリアかめおか。

Photo

図書館やイベントホール等との複合施設で、広大な駐車場は地下までほぼ満車状態。その一角に道の駅の売店があります。

Photo_2

近代的で巨大な建物ですが、この一角には地場産品がけっこうあり、ほっとする雰囲気。

おはぎと、

Photo_3

ミルクプリンを購入。

Photo_4 

どちらも懐かしくもほっこりする味わいで、この建物で食べているとなんだか不思議な気分になりました。

なんせ大きな施設で、地元の方々にもよく利用されているようですが、その為もあり道の駅としての利便性はいまいちでしょうか。案内板もあまり無く、道の駅自体がどこにあるのかも最初は分かり辛かったですし。

続いて訪れた丹波マーケスは、なんとスーパーの中の売店の一つが道の駅という、ちょっと変わった道の駅。地場産品もありましたが、特に目を引くものもなく、これほど道の駅の雰囲気から離れている道の駅も無いかもしれません。スーパーの前の施設では朝市が行われるようで、その時に行けばまた印象も違うのかもしれませんが...

最後は、京都縦貫道園部インターを降りてすぐにある、京都新光悦村。

Photo_5

この日やっとめぐり合えた、道の駅らしい道の駅。施設自体はそれ程大きくありませんが、地場産品も多くレストランもあり、結構な賑わいを見せていました。

レストランで300円の玉子かけご飯を頂きました。

Photo_6

地鶏の玉子ということもあり、玉子自体は美味しかったのですが、ご飯がちょっと冷めていたのが残念。やはりこういうものは、熱々で頂きたいものです。

今回は3つの道の駅を訪れましたが、やはり最後の京都新光悦村が一番良かったかな。道の駅らしい道の駅に出会えてほっとした気分になりました。

ガレリアかめおか

URL http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/k05_galleriakameoka/index.html

丹波マーケス

URL http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/k06_tambamarkes/index.html

京都新光悦村

URL http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/k10_kyotoshinkoetsumura/index.html 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

道の駅 熊野古道中辺路でキジ丼

 熊野古道中辺路は、和歌山の道の駅の中でも相当好きな道の駅の一つ。

ここのよもぎ餅は本当に旨いのです。

Photo

右の色の濃い方は、ヨモギのおはぎといった感じで、見た目を裏切らないヨモギの味の濃さ。

暑い夏にはヨモギのアイスもいいですね。

Photo_2

無添加で優しい味わいのヨモギアイス。こりゃ冬でも欲しくなります。ちなみに、上のよもぎ餅と同じ製造元で、その娘さんが経営されているお店があるのだそうな。

ちょいと小腹が空いたので、キジ丼を食べてみようということに。

Photo_3

親子丼のようですが、鶏卵なので親子では無いですね。いとこ丼とでも言うのでしょうか。肝心のキジですが、とても身がしまって淡白な味わい。噛めば噛むほど味が出るタイプの肉で、親子丼にはぴったりな感じ。

とても美味しいと思いますが、値段はやや高め。普段食べるなら普通の親子丼でいいかなとも思いますが、旅行の際には話のタネになるのでは?

キジ丼も食べてお腹も膨れ気味。やっぱりここはいい道の駅です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほろほろ鳥@San Pin 中津

 道の駅San Pin 中津の名物といえば、なんといってもほろほろ鳥。

Photo

最近、空心で食べたほろほろ鳥の料理が美味しかったので、今回ここに来たのは殆どこれが目的だったりして。看板の絵はまるでモンペを着ているようですが、これがほろほろ鳥の特徴的な外見。駅内には剥製もあるのですが、それだけ見るとあまり美味しそうには思えなかったり。

500gで1980円となかなかのお値段ですが、モモ肉、胸肉、ササミが丁度半羽分入っていて、食べ応えは充分。

Photo_2

特徴的な見た目とは裏腹に、これがなんとも淡白で臭みもなくとてもジューシーな、まさにいい鶏肉といった味わい。皮もパリパリと美味しくて、前回ボソボソだったのはやはり解凍に失敗したからでしょうね。

今回も塩焼きにしてみましたが、ササミとモモ肉は塩焼きでもしっかりと美味しく頂けました。ただ、胸肉はやや淡白すぎて、塩焼きではちょっと物足りない印象。前回とは違う感想になってしまいましたが、ほろほろ鳥の、特に胸肉は、フランス料理や中国料理の、しっかりとした味付けの料理なんかが結構合うようにも思えます。淡白な味わいですが、煮込んだりしてもしっかりと肉の旨味を主張できる力強さが、この鶏肉にはあると感じるのです。

ちょっと値は張りますが、その価値は充分にあるお肉だと、今回改めてそう思いました。これで順調に販売が増えれば、生産も軌道に乗りよりリーズナブルに消費者の手に渡る事でしょう。そうして新しい和歌山の名産品になってくれれば、こんな嬉しい事はないのですが...空心のほろほろ鳥はフランス産との事でしたが、空心に限らず色々なお店で使用してくれると更に嬉しいのですけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

日高町のミカンジュースと、JAながみねのミカンジュース

 阪和自動車道を川辺インターで降り、日高川を遡って行くと道の駅San Pin 中津が。

駅内には地元の加工品や農産物が豊富に揃っていて、ついつい財布の紐も緩みがち。

Photo

この日は朝早くに訪れたので、地元の農家の方が野菜を並べているのがなんとも微笑ましくて。でも私のお目当てはミカンジュース。以前ここで買ったミカンジュースがとても美味しかったのですが、今回記憶にあるものは無くて、代りに購入したのがこちら。

Photo_2

700mlで850円となかなかのお値段。100ml当りで換算すると、一番高価な部類に入ると思われます。しかし、味わいはその値段に応えるもので、しっかりと甘くほのかに酸味があり、とても濃厚なミカンの風味がある美味しいジュースです。

でもやっぱりちょっと高いかなぁ、なんて思っていたらありました。

Photo_3

海南市のJAながみね とれたて広場で購入した、しもつのみかん和みの味。容量は失念しましたが、お値段は600円とストレートジュースにしてはリーズナブル。それでいて、ストレートのミカンジュースの美味しさを堪能させてくれます。

私の中では、やはりすっぴんジュースが一番のミカンジュースですが、今回の2品はそれに迫るものだと感じました。特に、和みの味はコスパも高く、次にとれたて広場に行った時にはまた買ってみたいと思っています。でも、以前飲んだあの中津のミカンジュース、もう無くなってしまったのでしょうか...

| | コメント (7) | トラックバック (0)

和歌山の夏

 梅雨もそろそろ明けそうで、晴れの日なんかはもうすっかり夏の日差し。桃山なんかを通ると桃の直売所が軒を並べていて、夏が来たのを感じさせてくれます。

桃山でももちろん桃を購入しましたが、こちらは泉佐野の青空市場のもの。ふらっと立ち寄った際、あんまり安かったので買ってしまいました。大きなのが6個で1500円と産地並みの安さ。

Photo

重なる時は重なるもので、お中元に送られてきた桃も合わせて、次の日の昼食後は桃をたらふく食べ比べ。

Photo_2

左が泉佐野漁港でかったもの、右が桃山の直売所。どちらも桃山の桃ですが、泉佐野のものは完熟やや過ぎといった感じで、2,3日中に食べきらないと痛んでしまいそうです。安く売られていたのには訳があったのですが、桃大好きな私達にかかるとあっという間に無くなってしまいました。

桃山の直売所で買ったものはまだ固く、1週間くらい置いた頃が食べごろ。どちらも甘くて桃のいい香りがたっぷり。とても美味しく頂きましたが、贈答用のものはやはり味の奥行きが一段深い感じでした。

日曜は、清水町へ。もちろん金屋の道の駅明恵ふるさと館にも立ち寄りました。いつものように焼き鳥を食べて店内に入ろうとすると、大きなスイカが目に留まりました。一つ1000円と、お手ごろな値段で思わず購入。

Photo_3

ところが、車から降ろすとき落としてしまいパックリ割れてしまいました。

Photo_4

昔ながらの、種の沢山入ったスイカですが、これがまた甘くて味わい深くてなんとも美味しいスイカ。元来スイカやメロン、キュウリ等、瓜系のものがあまり好きでは無かったのですが、最近夏になると妙に食べたくなってきたり。本当に歳を取ると味覚も変わっていくもので、そういう事が妙に楽しかったりするのです。

金屋から清水へ入ると、あらぎ島が。駐車場に車を停め歩いていくと、綺麗なアジサイが咲いていて思わずパチリ。

Photo_5

駐車場からすぐの展望台もいいですが、その先にあるもう一つの展望台の方が眺望はいいように思います。

Photo_6

緑一色に染まった棚田の眺めは格別。流れる風も街中より涼しげで、忙しい日常を忘れさせてくれます。道の駅あらぎ島や明恵ふるさと館で売られているワサビ寿司は、この棚田の米をつかっているのだとか。

あらぎ島を後にして、この後は清水町内のあの店に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明恵ふるさと館の生キャラメル

 ゆるりカフェを出て、そのまま金屋へ。そして明恵ふるさと館へ買い物に。

Photo_2Photo  パン売り場を見ると、美味しそうなシュークリームが並んでいます。ヨモギと普通のがあり思わず買ってしまいました。ノーマルのタイプは結構普通な印象ですが、ヨモギのシュークリームがとても美味しくて。カスタードクリームとヨモギの意外な相性の良さにびっくり。

Photo_3 こちらは以前食べたサンドイッチ。500円でこのボリュームは、相当なお得感。パンはもちろん、こちらで作られたもの。野菜やハムもしっかりと美味しくて、これがなんとも旨いサンドイチッチなのです。パンの種類や具材は、その時により変わるようですが、このボリュームは不変です。

Photo_4 店内でシュークリームを頂いて、お土産を買おうとぶらぶらしていると、生キャラメルの文字が目に飛び込んできました。生キャラメルといえば、有名なあの北海道のものがあり、何度か食べた事がありますが、その口解けの良さにびっくりした記憶があります。

Photo_5 こちらの生キャラメルは、コーヒー味とバニラ味の2種が3個づつ。口の中ですっと溶けていく独特の食感は、生キャラメルならでは。甘さも程よく、素材の味もしっかりと生きていて、私にはこちらの方が好みに合っています。

注意点は、冷蔵庫で保存した場合、出してすぐだとやや食感が固いことと、コーヒーを先に食べた場合、バニラの風味が分かりにくくなることでしょうか。

Photo_7Photo_6  もう一つ、お土産に買った山椒味噌。清水特産の山椒がたっぷり使用されていて、もちろん無添加。この味噌、一口舐めて野菜との相性の良さを確信。胡瓜にかけたら、思わず一本いっちゃいました。山椒がしっかり効いていて、食後に口の中がピリピリするのがまた心地よいのです。

駅前で焼かれている焼き鳥を食べ、すっぴんみかんジュースも買って、今回も大満足。本当にここは良い道の駅です。和歌山にも沢山の道の駅がありますが、ここと中辺路が私の中ではベスト1をいつも競っているのです。

URL http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/w16_myouehurusatokan/index.html

| | コメント (5) | トラックバック (1)

道の駅 ことなみ

 今年も平日に休みを取り、四国は讃岐に饂飩を食べに行ってきました。

Photo 時々雨のちらついていた去年と違い、今年は目の覚めるような快晴。明石大橋も随分と渡った記憶がありますが、今年の眺望はまた格別。美味しい饂飩を食べるのが目的の旅ですが、やはり天気は良いに越したことはないですよね。

Photo_2 高松市内の饂飩屋さんをスタート地点にした場合、高松自動車道を使いますが、今回は谷川米穀店が第一目標なので、徳島自動車道を使用。美馬インターを降りて国道438号線を北上。この道を通るときは必ず立ち寄る、道の駅 ことなみで一休み。

Photo_4 施設は立派で、地場産の食材も豊富に販売されていますが、いかんせん平日ということもあり閑散とした雰囲気。特に地場産の農作物等の販売所は、開いているのか閉まっているのか分からない程で、いくらなんでももう少し分かりやすくしてもいいんじゃない?とも思ったり。

Photo_3 施設内には、みかど温泉というこれまた立派な施設の温泉がありました。温泉の建物内には土産物屋もありますが、こちらはそこらへんのサービスエリアっぽい内容。猪肉等も売っていましたが、巨大な椎茸に目を奪われてそれを買う事に。

Photo_5Photo_6  自分へのお土産に、椎茸の他、唐辛子と青唐辛子味噌を購入。ハロゲンヒーターで焼いて、唐辛子味噌を付けて食べる事に。椎茸は、歯ごたえ抜群なれど、味わいは見た目の通りやや大味。しかし辛子味噌との相性はばっちりで、こりゃ旨い...と、思ったら、か、辛い。これはかなりしっかりした辛さで、塗り過ぎには注意が必要ですね。

Photo_7 もう一つ購入したのが、かぶの菊花漬け。こちらの加工品は、無添加のものが多かったのですが、味噌もこの漬物も、もちろん無添加。砂糖が結構使用されているようで、甘さがぐっと来ますが、柚子や唐辛子のおかげで後口は爽やか。かぶの食感も良く、かなり気に入ってしまいました。

平日だったせいか、一見ぱっとしない印象の道の駅でしたが、地場産のいいものはしっかり揃っているいい道の駅です。やはり、この道を通るときは立ち寄らずにはいられないですね。

道の駅 ことなみ

URL http://www.skr.mlit.go.jp/road/rstation/station/kotnamb.html

みかど温泉

URL http://www.e-mikado.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モクズガニ

 金屋町周辺にモクズガニが買える、食べられる店があると知り、探索に出かけました。

Photo 買えるお店は、大のお気に入りの道の駅、明恵ふるさと館。嬉しいことに、今回も焼き鳥が焼かれていて、これがやっぱり激ウマ。思わず5本ほどいただいちゃいました。でも肝心のモクズガニは見つからず、店員さんに聞いてみると奥の水槽にいるとのこと。

Photo_2 野菜売り場の奥まったところに行くと、いましたよズガニ(和歌山ではズガニの呼称が一般的なようです)が。1匹250円と、思ったより安価。レジで袋を渡されて、客が自身で入れなければなりません。備え付けの炭ハサミで入れるのですが、これが結構楽しかったり。

あとはレジで自己申告をして会計。注意点は、ビニールはしっかりと口を結んでおいた方がいいということ。私、これを忘れて車の中でズガニが逃げ出してしまいましてι(´Д`υ)アセアセ

なんとか見つける事が出来ましたが、結構狭いところにも入り込んじゃいますので、探すのに骨が折れました。ハサミも結構力強いので、挟まれると怪我するかもしれませんね。

Photo_3 紆余曲折はありましたが、無事に持ち帰ることが出来て一安心。後は調理するだけですが、とりあえず蒸してみることに。甕さんの情報によると、ドロを吐かせたほうがいいようですが、買う時に水槽に入れられていたので大丈夫でしょう。

Photo_4 多少暴れられましたが、無事蒸しあがり調理完了。パカッと甲羅をはがすと、美味しそうな味噌が。でも、思ったより少なめで卵巣もありません。う~ん、残念ながらメスではないようです。味噌の量にも個体差があるようですので、買うときはなるべく大きいのを買った方がいいでしょう。ウィキで調べると、結構雌雄の見分けはし易いようですが...

食べてみると、濃厚でコクがあるのですが、何か一つ余計な味があるんですよね。やはり、泥を吐かさないとだめだったのか、それとも茹でた方が良かったのか。この雑味がなければ相当美味しい味噌だと思います。

やはり、上海蟹に比べると、あちらの方が一枚上手の印象ですが、値段は10倍ほど違いますからね。しかも獲れた場所が分かっている安心感もあります。名前はモクズガニとちょっとみすぼらしい名前ですが、きらりと光る価値のある蟹なのは間違いないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

道の駅 美山ふれあい広場

 おもしろ農民倶楽部から少し車を走らせると、すぐにかやぶきの里が見えてきます。

Photo 天気もいいとあって、周辺は観光客で溢れていました。かやぶきの里の眼前にある畑の白い花は蕎麦の花でしょうか、それがとても綺麗で茅葺の民家にとてもよく合っていたのが印象的。周辺の茅葺の家がトタンの屋根に変わっているのを見ると、茅葺の屋根を維持するのも大変なのだと思いますが、いつまでもこの風景を残してほしいと願うばかり。

Photo_3Photo_2  道を挟んで、大きな駐車場や売店、レストランがありますので、そこで3色団子を購入。こういう団子がまたこの風景に合うんですよね。売店では5本入りだけでしたが、売店の隣では製造直売もしており、そこで1本単位で買うことも出来ます。緑はヨモギ、赤はトチの実です。ヨモギの風味が良く効いていましたが、味はいたって普通でした。

Photo_4 かやぶきの里から、国道162号線に出ると、道の駅 美山ふれあい広場があります。売店にあるものは、結構かやぶきの里とかぶっていて、おもしろ農民倶楽部の商品もどちらでも販売されていました。美山牛乳を始め、地産品が良く揃っていますが、店内はやや雑然とした印象。

Photo_5 何故か和歌山県産の桃を使用したジャムが販売されていたので購入。和歌山と美山のコラボ商品ですね。一瓶580円とやや高めながら、桃の果肉がたっぷりの風味豊かなジャム。ちょっと甘めですが、ヨーグルトに混ぜると、酸味と合わさっていい感じでした。

所々にどこか懐かしい風景が見られる美山町は、何度来てもいいところです。それに加えて旨いもんも沢山あるのですから、やはり立ち寄らずにはいられないのです。

美山ふれあい広場

URL http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/k12_miyama/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

道の駅 明恵ふるさと館

 今年のお盆休みは、一人留守番でほとんど休みなし。電話番くらいで済むかと思っていたら、案外急用が舞い込んできて、あちこち修理なんかに出る事になったりして。でも日曜くらいはゆっくりということで、清水町に行ってきました。

Photo

いつものように道すがら明恵ふるさと館にさしかかると、なにやら露店が出ています。これがとても気になって清水の帰りに立ち寄ることに。紀州赤地鶏の焼き鳥が焼かれていて、おじさん2人がのどかに談笑しています。

Photo_2 塩焼きのみ一本100円で、食べてみるとこれが旨い!ジューシーで濃厚、塩加減も焼き加減も申し分なし。ぱっと見、地元のおじさんが焼いているという雰囲気ですが、もしかしてプロの方なんでしょうか?そう思うくらい、もうそんじょそこらの焼き鳥屋さんが裸足で逃げ出すような美味しさでした。

若いライダーの方も、観光のおばさんも、一本食べて、また一本、そしてお土産にと買っていたのが印象的。もちろん私も、2本3本と食べて、お土産にも購入したのでした。店内ではこの地鶏の精肉も販売されており、これは最高の宣伝ですね。

Photo_3 こちらでは、何故かさつま揚げも人気の商品。自家製のさつま揚げがたっぷりと販売されています。今となっては珍しい、無添加のさつま揚げが一個70円というリーズナブルなお値段で販売されています。

6個入りのセットを購入したのですが、これがいろいろと個性があり面白いのです。中でもオクラ入りのものが珍しくて美味しくて。オクラのネバネバがなんとも個性的な味わいで、独特の食感のさつま揚げでした。

この他に、もちろんすっぴんジュースもお土産に買って帰りました。熊野古道中辺路と並んで、ここはやっぱり和歌山の道の駅の中でも大のお気に入りと再確認。ほんと、いい道の駅です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧