« 世紀を越えて | トップページ | 復活した”あらい” »

とても辛い出来事

 昨日、テンダーのマスターから一本の電話があったのですが…

なんとなく暗い口調のマスターの口から信じられない、というよりも信じたくない一言。「ねこまた屋さんのご主人が亡くなられた」と…頭を何かで殴られたような衝撃の後、なんともやるせない気分に。まるで身内でも失ったかのような。

ねこまた屋さんは、私に様々なビールの楽しみを教えてくれた、間違いなく私の人生を豊かに彩ってくれたお店。そのご主人がこんなに突然に…あの多種多様なビールやそれにピタリと合う料理はもう記憶の中だけのものに、そして何よりあの朴訥だけどビールの事となると誰よりも熱い気持ちを持ったご主人にもう合うことが出来ないなんて…夢であって欲しいと店に行ってみたけど、そこにはやはり他界されたとの張り紙が…

あまりにも突然で、なんともいえない沈痛な気分ですが、今は只ご冥福をお祈りするだけしか出来ません。そして、楽しくも豊かな思い出をありがとうと感謝するのみです。

近く有志が集まって追悼の会も行われるそうですので、そちらも日にちが決まり次第お知らせしたいと思います。

|

« 世紀を越えて | トップページ | 復活した”あらい” »

お酒」カテゴリの記事

コメント

ご夫婦のご冥福を心よりお祈りいたします。

岡電氏!メールします!

投稿: kao*+ | 2010年9月26日 (日) 13時06分

タチのわるいただの噂かと思ったら、岡電さんのブログにも書かれているとは…本当だったんですね。

引っ越してからずっと行く機会がなかったけど、また実家から歩いて行きたいな~と思っていたのに…残念です。
ああいうお店、和歌山には他にないんじゃないかなぁbearing

投稿: 甕 | 2010年9月27日 (月) 14時50分

まじですかeye
先週、bicycle乗って走ってるの見かけたのにbearing
あんな、お店、他になかったのにsweat01
ご冥福お祈りしますweep

投稿: とにー | 2010年9月27日 (月) 21時16分

>かおさん

お久しぶりです。
メールお待ちしています。

>甕さん
本当に只の噂ならどれほど良かったでしょう。
おっしゃる通り、和歌山には無かったですよね。
和歌山の食文化にとっても、とても貴重なお店とご主人を失ったと感じます。

>とにーさん
本当にそうですよね。
でも、これだけあのお店を愛されていた方が多かったということだけでも、ご夫婦にとってはまだ救いがあったと思いたいです。

重ねてご冥福をお祈りします。

投稿: 岡電 | 2010年9月28日 (火) 07時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/36922421

この記事へのトラックバック一覧です: とても辛い出来事:

« 世紀を越えて | トップページ | 復活した”あらい” »