« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

とても辛い出来事

 昨日、テンダーのマスターから一本の電話があったのですが…

なんとなく暗い口調のマスターの口から信じられない、というよりも信じたくない一言。「ねこまた屋さんのご主人が亡くなられた」と…頭を何かで殴られたような衝撃の後、なんともやるせない気分に。まるで身内でも失ったかのような。

ねこまた屋さんは、私に様々なビールの楽しみを教えてくれた、間違いなく私の人生を豊かに彩ってくれたお店。そのご主人がこんなに突然に…あの多種多様なビールやそれにピタリと合う料理はもう記憶の中だけのものに、そして何よりあの朴訥だけどビールの事となると誰よりも熱い気持ちを持ったご主人にもう合うことが出来ないなんて…夢であって欲しいと店に行ってみたけど、そこにはやはり他界されたとの張り紙が…

あまりにも突然で、なんともいえない沈痛な気分ですが、今は只ご冥福をお祈りするだけしか出来ません。そして、楽しくも豊かな思い出をありがとうと感謝するのみです。

近く有志が集まって追悼の会も行われるそうですので、そちらも日にちが決まり次第お知らせしたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

世紀を越えて

 今日は凄い雷雨でしたね。幸いお得意様のお宅に大きな被害は無く、ブレーカーが飛んだのを点検に赴いたくらいで済みました。それにしても和泉山脈に次々と落ちる雷、あんなに絶え間なく落ちるイナズマを見たのは初めての出来事。

話は変わって、最近全日空のCMを見ていると、なんとも懐かしい曲が。昔NHKスペシャルで大好きだった曲のような。調べてみると、やはりNHKスペシャル「世紀を越えて」のテーマソングでした。

しかしまあ、インターネットというのは便利なものだと改めて感じずにはいられませんね。知りたい曲名がすぐに分かり、その気になればアマゾンですぐにそれが入ったサントラを購入する事が出来ますし、著作権的には問題もあるのでしょうけどユーチューブなんかですぐに聞くことも出来るのですから。

NHKスペシャルのアニバーサリーサントラでも買って懐かしい気分に浸ろうかな。その中にはNHKスペシャルの中でも一番好きな「日本人はるかな旅」のテーマソングも入っているし。この曲、結構民放でも使われてたりするので、聞き覚えのある人も多いかもしれませんね。

なんて言ってたら、やっぱりサントラが欲しくなってきました。ユーチューブもいいけど、やはり好きな曲はいい音源でじっくりと聴きたいものですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜でエキストラコールド

 横田基地を後にした一行は、溝の口駅に立ち寄り横浜へ。何故溝の口に?分かる人には分かるのですが、私は爆睡中で見ることが出来ずorz

横浜に到着したら赤レンガ倉庫に。後方にはベイブリッジも見えて横浜気分たっぷり。

Photo_2

赤レンガ前の広場ではレゲーのイベントが催されていたりして、とっても賑やかな雰囲気。

赤レンガ倉庫の中に入り、ふと見るとなにやら気になるものを発見して2階のBeetNextというビアホールへ。

Photo_3

気になったものとは、ハイネケンのエクストラコールド。

Photo_4

丁度、和歌山でも-2℃のスーパードライが飲める、なんて話題に上っていたところだったので、ハイネケンのエクストラコールドに思わず飛びついてしまったのです。

店内に入るとすぐ右手にビールのサーバーが並び、その中にエクストラコールドのサーバーも。

Photo_5 

真っ白なサーバーがいかにも冷たそう。

一杯目のビールはもちろんエクストラコールド。

Photo_7

グラスの下3分の1くらいが白く凍っていて、0℃の文字がくっきりと浮かび上がっています。

Photo_6

ごくりと飲むと、もう味が分からないくらいに冷えていて、すすっと胃の中に流れて行きます。これは暑い夏の一杯目にはたまらないビールですね。

ビールのお供には、これまた入り口近くでグリルの中を回っていたローストチキンを。

Photo_8

半身で1380円ですが、200円追加で目の前でフランベしてくれます。豪快に炎に包まれる様を見ているだけでも食欲がそそられます。

Photo_9

ローストチキンとビールの相性も良く、あっという間にグラスは空に。

2杯目は、キリン横浜工場限定醸造のスプリングバレーというビール。

Photo_10

濃厚な味わいで、じっくりとビールと料理を楽しむならこちらの方がいいと感じました。

ピリ辛のタラバ蟹とブロッコリーの春雨炒め。

Photo_11

こちらもやはりビールとの相性はばっちり。でも、どちらの料理もボリュームはちょっと控えめでしょうか。

美味しいビールを頂いて、外に出ると丁度汽笛を響かせて豪華客船の飛鳥Ⅱが出航するところでした。

Photo_12

レンガ倉庫内でお土産を買ったり、香ばしい風味の地ビールも飲んだりですっかりいい気分。

Photo_13

横浜の夜はまだまだこれからなのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

横田基地 フレンドシップフェスティバル

 連日の猛暑で仕事がフル回転、しばらく更新をさぼっていましたが、エアコン工事も一段落で更新もしていけそうな予感。朝夕はいくぶん涼しくもなってきて、所々に秋が感じられたり。

今年は盆は自宅待機でどこへも行けなかった分、翌週休みを取って横田基地へ。

Photo

うだるような暑さの中、友好祭には開場前から大勢の人が。

会場に入ると、多くのテントが立ち並び、お土産グッズやこってりアメリカンな料理の屋台が目を惹きます。

Photo_2

ここで早速食事となるのが食いしん坊揃いの証。

Photo_3

ごつくて噛み応えのあるアメリカンなステーキと、大きなピザ、それに4L近く入るボトルに入れられた生ビール。こりゃもう堪りませんね。

そして更にビッグなアップルパイ。

Photo_4

手に持つとずっしりと5kgはありそうなパイは半凍り状態で、中身のリンゴがシャリシャリとした食感で暑い夏にぴったりな感じ。とはいえ味付けはしっかりと濃厚で、その量も相まってとても完食は出来ませんでした。

食事が終わったら、いよいよ展示された軍用機を見に展示ブースへ。

Photo_6

A-10サンダーボルトにF-18ホーネット。昔よく作った戦闘機のプラモデル、その中でも一番A-10が好きでしたが、今見てもやっぱりかっこいいなぁ…

自衛隊のF-4ファントムには迷彩が施されていて、これがまたなんともいえない渋さ。

Photo_5

そして、この会場で一番人気だったF-22ラプター。

Photo_7

周りは凄い人だかりで、グッズ販売には長蛇の列。実物を見るのはこの日が初めてですが、独特の光沢を放つラプターは想像以上のかっこ良さ。

Photo_8

あまりの高価さと機密保持の点から、次期FXには残念ながら採用は難しそうですが、日の丸を付けたラプター見たかったなぁ…

輸送機の多くは内部の見学が可能で、そちらにも長い行列が出来ていました。

Photo_9

輸送機の大きな翼の下は避暑地となっていて、私もしばしそこに座りのんびりと。そしてまた食事をしたりお土産を買ったりして基地を後にしました。

航空ショー的なものは殆ど無くて、派手さはあまりありませんが、アメリカンな屋台が多くあり、夏祭り的な要素の感じられるとてもアットホームでいいイベントだったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »