« Bar&Espresso Booze(ブーズ)@和歌山市 | トップページ | 久しぶりの南紀 »

中善@和歌山市

 うだるような暑さが続き夏バテ気味ですが、それでも見ると思わず食べたくなるものってありますよね。熱々のご飯に美味しいシラスと醤油をちょろっと、そんなシラスご飯もその一つ。

和歌山市では山利が有名ですが、更に美味しいところがあるとの情報を頂き早速取り寄せてみました。

Photo

和歌山市内にありますが店頭販売はされておらず、手に入れられるのはお取り寄せのみ。いいしらすが水揚げされたときに、と注文時に明記すると時間はちょっとかかりますがその通りのものを用意してくれます。4~500gのこのパックで1200円。和歌山では標準的なお値段ですが、これに送料と代引き手数料が合わせて1000円ほどかかります。

今回は、これにマルタ水産のシラスをぶつけてみようと思っていたのですが、定休日でしたので大好きな西村物産のものを購入して比較してみることに。

並べてみると、中善のシラスの白さが際立っています。食べてみても、その口当たりの軽さにびっくり。まるで淡雪のように口の中で溶けていくのです。塩味もうっすらとして、とても上品な味わい。これと比べると、西村物産のシラスもちょっと癖があると感じてしまいます。

ただ、私の好きな、ご飯に乗せて醤油をかけて、というような食べ方だとちょっと癖がある方が美味しく感じるとも思いました。中善のシラスを使う時は、醤油は少なめにした方が繊細な味わいを壊さなくていいでしょうね。

今回食べ比べてみて、少なくとも中紀から紀北地方でこれほど上品で繊細なシラスはないだろうなぁ、というのが正直な印象です。木箱入りもあるので、贈答用にもいいでしょうね。しかし、だからといってマルタ水産や西村物産が劣っているというわけでもないとも感じました。

なんといっても、マルタ水産や西村物産では、実際にそこにいけばいつでも店頭で販売されていて、試食しながら釜揚げからチリメンまで数種類を、味わいや日持ちを考えながら購入することが出来ます。

それに比べると、同じ和歌山市に住んでいながら送料等がかかってしまうのはやはり不便というかもったいなく感じてしまうのです。もちろんその価値のある美味しさというのは分かるのですが、西ノ庄あたりなら仕事でも度々行くところですから、せめて出荷日に取りに行けるようにしてもらえると有難いと思うのですが…

なにはともあれ、和歌山にはまだまだ美味しいものがある、という事が分かって大満足。紀南にも美味しいシラスがあるようですし、興味は尽きる事がなくて困ってしまいます。

中善

URL http://www.nakazen.net/

|

« Bar&Espresso Booze(ブーズ)@和歌山市 | トップページ | 久しぶりの南紀 »

お取り寄せグルメ」カテゴリの記事

コメント

気に入っていただいたようで何より。
そうです、あの薄味の繊細な味わいは独特ですよね。

ちなみに平日の漁のある日には店頭販売もしてくださるようですよ。電話で確認しましたから間違い無いです。

投稿: 夏 | 2010年7月24日 (土) 08時49分

美味しい情報ありがとうございます。

本当にいいものを紹介していただきました。
西ノ庄方面へ行く時は、先ず中善さんに確認してから行きたいと思います(*^-^)

投稿: 岡電 | 2010年7月25日 (日) 10時25分

一度塩津の湾内だけで漁をしたシラスを食べてもらいたいですねぇ!!!

滅多に取れないんで、運任せですが・・・味は抜群ですよsmile

シラスは底引網漁なんで引く時間が短ければ短いほど美味しいです!!!!!

投稿: Mine-chin | 2010年7月29日 (木) 09時57分

そうですね、店頭販売だとどうしてもタイムラグが出てしまいますものね。
でも、そう考えるとマルタさんや西村さんのシラスは驚異的な美味しさだと思います。
調理方法はもちろん、保存方法にも気を使っているのでしょうね。
県外ナンバーの車をよく見かけるのも、その美味しさを物語っていると思います。
獲れたてのシラス、是非とも食べてみたいものです。

投稿: 岡電 | 2010年7月30日 (金) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/35872124

この記事へのトラックバック一覧です: 中善@和歌山市:

» 魔法の通販新方式『5年で年商●●●●●』 [健康商材通販ビジネス]
健康商材の通販ビジネスで、5年で50億から100億 の年商、あるいは、50億から100億の株式売却益を可能にするための【指南書】です。 [続きを読む]

受信: 2010年7月24日 (土) 11時44分

« Bar&Espresso Booze(ブーズ)@和歌山市 | トップページ | 久しぶりの南紀 »