« 久しぶりの南紀 | トップページ | 南紀で見つけた美味しいものと、なにこれな風景 »

十割そば 森本屋@那智勝浦

 新宮で一息入れて、海岸線をのんびりと勝浦へ。

港に到着すると、心地よい潮の香り。漁港では、日曜開催の朝市が。

Photo

にぎわい広場と銘打たれていますが、お客さんはちらほら。

でも、目に付くマグロを初めとした食材は美味しそうなものばかり。特に目を引いたのが、まぐろのカマ焼き。

Photo_2

500円の小さいほうを頂きましたが、それでもこのボリューム。

Photo_3

臭みも全く無くて、これがなんともいえない美味しさ。塩加減も申し分なく、マグロの旨味だけがぎゅっと凝縮されたような味わい。まぐろのうしお汁は、ちょっと不自然な旨味も感じましたが、つみれがとても美味しくて値段を考えればお得な一杯でした。

せっかくですからお寿司も頂いちゃいました。

Photo_4

A、Bのセットがあり、頂いたのは赤身とビン長、カジキの昆布締めがセットのAセット1000円です。このマグロがまた美味しくて。特に、もっちりとした食感のビン長の美味しさにびっくり。本当に新鮮だと、ビン長でもこんなに美味しいのですね。

と、前菜?はこれくらいにして、お昼ご飯を食べに漁港近くの森本屋さんへ。

Photo_5

落ち着いた雰囲気の、どこか懐かしい古民家風のお店。今回のお目当てはお蕎麦ですが、元々は民宿で蕎麦の方は2003年からの営業だそうです。

Photo_6

小さなちゃぶ台がありますが、これを見るとひっくり返したくなるのは私だけでしょうか?

なんて思っているうちに、蕎麦と並ぶこちらの名物まぐろ丼がやって来ました。ざる蕎麦とのミニセットで1300円でした。

Photo_7

綺麗ピンク色のマグロがどっさりと。とても美味しいマグロ丼でしたが、先ほど漁港で頂いたマグロに比べると、やや臭みを感じてしまいました。

こちらは鴨せいろ。

Photo_8 

ツユは甘みがよく効いていて、濃厚な風味。十割そばとのことですが、蕎麦の風味はあまり強く感じられませんでした。でも、これは今の季節が蕎麦には一番厳しい季節だからかもしれませんね。喉越しはとても良く、コシも丁度いい塩梅でした。

ざる蕎麦のツユの方はちょっと塩辛く、もうちょっとまろやかさがあった方が、とも感じました。最後まで蕎麦湯は供されませんでしたが、伝えれば頂けるようです。メニューにはうどん等もありましたが、蕎麦一本に絞った方が、というのが正直な気持ち。

南紀の名物”めはり寿司”もありますし、観光地の蕎麦屋さんとしては雰囲気も味もとてもいいと思います。でも、旨い蕎麦屋さんを巡って日本各地を、というような人にはちょっと物足りないかもしれません。

森本屋

URL http://www.nachikatsuura.net/morimotoya/index.html

|

« 久しぶりの南紀 | トップページ | 南紀で見つけた美味しいものと、なにこれな風景 »

和歌山の旅」カテゴリの記事

和歌山県の食べ歩き」カテゴリの記事

麺類と粉もん」カテゴリの記事

コメント

以前、森本屋さんの表にある万清楼に宿泊し、漁港の朝市に行ったことがあります。
目の前でキハダマグロを解体し、ブロックの切り身や中落ち部分やアラなどを、セリ市形式で一般客に販売していました。
その時試食させてもらったマグロのおいしかったこと!lovely
そしてにぎり寿司やらマグロ弁当やらも売られていて、ホントにおいしそうで~…無茶苦茶食べたかったわhappy02
が、その後串本の萬口へ行く予定だったため購入は断念weep
私も「前菜」と言って寿司を食べられる胃袋が欲しい…

投稿: 甕 | 2010年7月30日 (金) 23時51分

寿司は前菜、カレーは飲み物ですからpig
お土産に購入したミンク鯨のお刺身も美味しかったですよ。
でも、解体ショーは見られませんでした。
朝早くに行かないと見られないのかもしれませんね。
らくだの湯なんてのも行ってみたいし、一度勝浦あたりに宿泊してゆったりしてみたいものです。

投稿: 岡電 | 2010年8月 2日 (月) 06時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/35951730

この記事へのトラックバック一覧です: 十割そば 森本屋@那智勝浦:

« 久しぶりの南紀 | トップページ | 南紀で見つけた美味しいものと、なにこれな風景 »