« 和歌山城の枝垂桜 | トップページ | しばらくお休み »

大安@京都市

 山元麺蔵を出て、平安神宮の方へ歩いていくと、すぐそこに大安という漬物屋さんが。

Photo

バスも停められるほどの大きな駐車場が裏にあり、広々とした店内。嬉しいことに、多彩な種類の漬物の前には、それぞれ大きな皿に盛られた試食の漬物があり、もういくらでも食べられる雰囲気。しかも大きめにカットされているので、漬物の食感や風味をじっくり味わえます。さらにはセルフの水やお茶まで用意されていて、太っ腹なことこの上なし。

しかし、ここで気になるのは添加物。こういう大きなお店の漬物なんていうと、添加物がたっぷりなのが相場。と思ってラベルを見てみると、なんと全ての商品が完全無添加。保存料はおろか化学調味料の類までも使用されていません。ますます嬉しくなって、京都のお土産はここに決定。

いろいろ試食してみて、写真の3種をお土産に。

Photo_2

上は、聖護院大根の漬物に和風出汁の風味が効いたもの。下左は、サクッとした食感が面白かった長いものゆず酢漬け。下左は、ちょっと臭みがあり個性的な風味ですが、お茶漬けにすると美味しい、と奨められて自分用に購入した味すぐき。

今回は、ちょっと個性的なものばかり選んでみましたが、千枚漬け等の京都定番の漬物もあり、どれも美味しくて迷ってしまうほどでした。それぞれの包装が、今の家族構成には丁度いい量なのもお土産にはいい所。

お値段は、平均一袋600円前後といったところでしょうか。道の駅なんかで売っている、地元のお母さんが作った漬物なんかに比べると高めですが、こちらにはとても洗練された趣があり、京都のお土産にはぴったりだと感じた次第です。

駐車場に戻る前に、せっかくですから平安神宮にも。

Photo_3

朱色が鮮やかな平安神宮。この辺り、美味しいお店が結構あるようで、それをお目当てにいくのも楽しいものですね。

大安

URL http://www.daiyasu.co.jp/

|

« 和歌山城の枝垂桜 | トップページ | しばらくお休み »

関西の食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています~
大安さんの記事とは何の関係もない話ですが…

近鉄デパ地下の新鮮市場(魚の干物売り場の近く)にて毎週木曜日限定で販売されている「焼鮎寿司」をご存じですかsign02
以前試食しておいしかったので(必ず試食させてくれる)、私は行く度に買うようにしています。というか「どうせ近鉄に行くなら木曜日にしようかな」ってかんじです。鮎寿司を買うためにねcoldsweats01
寿司飯の味がやさしくおいしく、今まで何人かに差し上げたけど、みんな喜んでくれましたdelicious

岡電さんも機会があったらお試しを~
(鮎寿司屋さんの回しモンではありませんがsmile

投稿: 甕 | 2010年4月17日 (土) 11時06分

 お久しぶりです!

焼鮎寿司、とっても美味しそうですね。
必ず試食させてくれる、っていうのが更にナイス!
これは、木曜には近鉄に行かないといけませんね。run
最近更新はさぼりぎみですが、焼鮎寿司を頂いたらアップしたいと思います。
美味しい情報ありがとうございましたsign03

投稿: 岡電 | 2010年4月18日 (日) 09時35分

はじめまして。
noriと申します。
「幹事は愛だ!」
とのモットーで職場の厚生係をしています。
さて、次の懇親会はフレンチorイタリアンで食事代5000円を予定していますが、良いところを教えていただければ幸いです。
こちらは有田で、御坊、岩出あたりまでOKです。
よろしくお願いいたします。

投稿: nori | 2010年4月21日 (水) 19時51分

初めまして、コメントありがとうございます。

和歌山市でもよろしければ、和歌山市のプリュムがお勧めです。
大皿を取り分けるスタイルですが、気兼ねなくわいわい楽しめると思います。
食事代5000円+飲み物代で、余程いいお酒を飲まない限り1万円を越えることは無いかと。
予約の際、予算を相談するのが一番いいでしょうね。
岩出のアイーダもいいですが、高い方のコースだと予算オーバーですし、コースを揃えないといけないのでちょっと厳しいと思います。

プリュム http://r.tabelog.com/wakayama/A3001/A300101/30004272/

投稿: 岡電 | 2010年4月22日 (木) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/33968219

この記事へのトラックバック一覧です: 大安@京都市:

« 和歌山城の枝垂桜 | トップページ | しばらくお休み »