« 丸花の決断 | トップページ | 楼蘭とウィスキーヒストリー2009 »

カクテルコンペティション関西in奈良 2010

 食事も終わり、いよいよカクテルコンペの会場へ。

チケットを首から掛けて入場すると、もうすでにコンテストが始まっていました。

Photo

和歌山から一人、そして元テンダーに勤めていた金子君は奈良代表。息を呑む緊張感がこちらまで伝わってきて、もう見ているだけで身震いがします。もっとアップで撮りたいのですが、私のカメラは倍率が低いんですよね。こんな時、一眼レフが欲しくなってしまいます。

Photo_2

比較的前の方に座れたので、ここからもパチリ。見ていると、女性より男性の方が表情が硬いようにも思えました。いざとなると、やっぱり女性の方が強いのでしょうか...

会場を出ると、午前中に行われたフルーツ盛りの作品と、今作られたばかりのカクテルが展示されていました。

Photo_3

とっても美味しそうで華やかですが、これよりも皆の注目を浴びていたのがこちら。

Photo_5

特に女性に人気で、一緒に写真を撮ろうと引っ張りだこで羨ましい限り。

せんとくんもカメラに収めたし、続いてお目当ての協賛企業ブースへ。実はこれが一番の目的だったりして。

Photo_4

ずらりと並んだ美味しそうなお酒、お酒。この殆どのお酒が試飲出来るのですから、もうたまりません。

入り口すぐ近くには、大好きな春鹿のブースが。 

Photo_6

新しいタイプのお酒、八重桜。花のようないい香りのする、まるでリキュールみたいなお酒でした。

ニッカ(アサヒビール)のブースには、ウィスキーの他リキュールも。

Photo_7

その隣にはサントリー、そのさらに隣にはサッポロのブースが。新しいエビスビールやプレミアモルツ、そして発売前のサントリーのウィスキーなんかも頂いてもうなんともいい気分。

グレンファークラスのブースでは、無料試飲だけでなく有料試飲も。

Photo_2

105 40年は10ccでなんと2000円。でもボトルで15万円のお酒ですし、せっかくだから頂いてしまいました。まあさすがにまろやかで深い味わいで、なんともセレブな気分に。

光沢のある木箱に入ったウィスキーはデュワーズ。

Photo_3

お値段は2万円となかなかのものですが、クセがないけど風味豊かな味わいは万人受けしそうで、その豪華な箱とも相まって大切な人への贈り物にもってこいかも。

他にも一通り、ウィスキーに日本酒にビールにブランデーにリキュールまで頂いて、もうすっかりいい気分になってしまいました。

そして最後に、コンテストの出場者自らが振舞ってくれるカクテルの試飲が。

Photo_4 

シェイカーを振る金子君。最後に美味しいカクテルも頂いて、後はもう和歌山へ帰るだけ。

和歌山といえば、なんと来年のコンペの会場は和歌山だそうで。こりゃ今から来年が待ち遠しいですね。

和歌山でのカクテルコンペまであと365日。あと三百と六十五日しかないのだ!   

|

« 丸花の決断 | トップページ | 楼蘭とウィスキーヒストリー2009 »

お酒」カテゴリの記事

関西の食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/33289737

この記事へのトラックバック一覧です: カクテルコンペティション関西in奈良 2010:

« 丸花の決断 | トップページ | 楼蘭とウィスキーヒストリー2009 »