« デジカメ考その2 | トップページ | 高津宮 とんど祭とたぶん日本一の屋台達 »

寒い夜に温かいカクテル

 前回のデジカメ比較で、ちょこっと写っていたアイリッシュコーヒー。寒い季節にはぴったりの温かいカクテルなのですが、今回はそんな温かいカクテルを。場所はもちろんいつものバー・テンダー。

ホットカクテルの中でも、特に私が好きなのがアイリッシュコーヒー。心地よい苦味と、ほんのり優しい甘さ、程よく酔った後に飲むとす~っと穏やかな気分になるのです。そしてこのカクテルは、その美味しさだけでなく、その過程がまた魅力的なのです。

Photo

グラスに入ったウィスキーに火が灯されると、なんとも情緒溢れる青い炎がゆらめきます。この炎の瞬きを見ているだけで、なんだかとても心安らぐのです。カウンターの奥、マスターがカクテルを作る目の前に座ったなら、オーダーせずにはいられない一品。

更にこのカクテルのいいところは、飲み手によってアルコール度数を自由に調整出来るところではないでしょうか?

Photo_3

このようにグラスから皿に移すと、アルコール度数をほぼ0にする事も出来るそうで、お酒が飲めない人にもお奨めのカクテルになるのです。

2 

アイリッシュコーヒーという名前だけあって、使用されているウィスキーはもちろんアイリッシュウィスキー。テンダーでは冷たいアイリッシュコーヒーも頂けますが、やはり温かい方が美味しいように思います。

そのアイリッシュコーヒーの隣に写っているのが、ホット・バタード・ラム・カウ。カウは牛乳を意味し、ホットバタードラムのお湯の替わりに牛乳が使用されているのだとか。牛乳が使用されているだけに、甘く飲みやすいように思えますが、不思議な事にアルコールはこちらの方がより強く感じるのです。

そのホットバタードラムがこちら。

Photo_5

奥のマッカランの隣に写っているのが、マスターがニューヨークの友人から贈ってもらったというラムバター。日本では販売されていないそうで、普通のバターでも頂きましたが、やはりこのバターの方がより濃厚なコクが出ているように思えました。

他にもまだまだホットカクテルはあるようで、本当にお酒というのは奥が深いものです。まだまだ寒い日は続きますので、また新しいホットカクテルに出会えるのを楽しみに、今夜は布団に潜るとします...

|

« デジカメ考その2 | トップページ | 高津宮 とんど祭とたぶん日本一の屋台達 »

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/33050307

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い夜に温かいカクテル:

« デジカメ考その2 | トップページ | 高津宮 とんど祭とたぶん日本一の屋台達 »