« 寒い夜に温かいカクテル | トップページ | 銭形@大阪市 »

高津宮 とんど祭とたぶん日本一の屋台達

 成人の日、大阪は高津宮で、とんど祭というお祭が催されていました。そこには大阪の有名店が多数屋台を出店していて、パンフレットには”たぶん日本一の屋台達”の副題が記されていました。

Photo

午前11時から開始との案内でしたが、10時過ぎに到着すると境内ではもうすでに屋台がフルオープンしていて、人気の屋台には既に長蛇の列が。

Photo_2

釜たけうどんにも既に行列が出来ていて、私達は2手に分かれて行列に並ぶ事に。

並んでいる間に、釜たけうどんとコラボ出店しているリットマーブルトレのスープを頂きました。

Photo_3

さつまいもベースのスープにオリーブの風味が良く効いた、寒い冬にはぴったりの優しい味わいのスープ。

そうこうしているうちに順番が廻ってきて、私は3種のうどんを購入。

Photo_4

船場ゴヤクラとのコラボカレーうどん、リットマーブルトレとのコラボ冬野菜と豆の煮込みソース和えうどん、やなもり農園とのコラボしっぽくうどんです。どれもオリジナリティ溢れる味わいでしたが、やはりシンプルにしっぽくうどんが一番美味しかったでしょうか。

肝心の麺がでろんでろんに延びていたのが残念でしたが、屋台ではこんなもんなんでしょうかね。でも、釜たけの看板で800円からの値付けなのですから、もうちょっとなんとかして欲しかったところ。

ワインのスープを垂らした焼牡蠣。

Photo_5

ちょっと生臭い感じもありましたが、ソースがとても美味しかったです。一緒に販売されていたホットワイン(アルコールを飛ばしてくれているので運転手さんにも安心)がとっても美味しかったです。

T君たちが並んでゲットした、うずら屋さんの焼き鳥。

Photo_6

どれも結構な美味しさでしたが、ウズラの半身が旨味たっぷりの濃厚な味わいで特に美味しかったです。

ニューオータニの屋台では、なんと分厚いフォアグラが焼かれていたり。

Photo_7

2500円と結構なお値段ですが、せっかくですから頂いちゃいました。

Photo_8

出来上がると案外こじんまりした雰囲気ですが、それでもその値段を納得させてくれる味わいで、ニューオータニの名に恥じない一品でした。

舞台では、丁度フラメンコが披露されていました。

Photo_9

皆さん結構なお歳なのですが、どなたもとても綺麗なボディラインで息もぴったり。元気な人を見ているだけで、こちらも元気をもらえたような気になります。

最後はブロードハーストのスィーツで締め。

Photo_10

どちらも濃厚な味わいでしたが、特にチョコレートの方は糸を引くような濃厚さで、甘さもしっかりとしたもの。軽いスィーツが好きな私にはちょっと濃すぎでしたが、どっしりとした味わいで、好きな人には堪らないでしょうね。

とても活気溢れるたのしい催しで、なんとも楽しい一時でした。強者は首からトレイをぶら下げて食べ歩いたりしていましたが、そこまでしなくてもシートくらいは持っていった方が良かったかも。時間が許すなら10時前には到着するのがお奨めです。

和歌山のよさこい祭の時にも地元の飲食店の屋台が出ているようですので、今年はそちらにも行ってみたいものです。 

|

« 寒い夜に温かいカクテル | トップページ | 銭形@大阪市 »

関西の食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/33080794

この記事へのトラックバック一覧です: 高津宮 とんど祭とたぶん日本一の屋台達:

« 寒い夜に温かいカクテル | トップページ | 銭形@大阪市 »