« 山為と丸花 | トップページ | みぞぐち、また逢う日まで »

消え行く思い出

 先日、競輪場の近くで仕事があり、そこへ行く道中ふと見ると、あるはずのたこ焼き屋さんが無いのです。

そう、4丁目のたこ焼き屋さんが跡形もなく消え去っているのです。後日、宮前の高架下にその看板を見ましたが、あちらに移転したのでしょうか?でも、昔から知っているお店が更地になているのは寂しいもの。そんな事を思いつつ仕事場に向かうと、今度は昔よく遊んだ駐車場横の紡績工場が住宅地になっているじゃないですか。

あぁここもか、と思いつつ仕事を終え帰り道、今度は妹がピアノを習いに通っていた楽器店が無くなっているだけでなく、その横の珠算教室まで...小さいころの思い出が一つ一つ消え去っていくようで、なんだか無性に寂しい気分に。でも、さすが和歌山は狭くて、初めて伺ったお客様のご主人さんが、なんと小学校の時の同級生だったりして、今度は懐かしい思い出が蘇って嬉しいやらなんやらで。

建物や風景は変わっても、記憶だけはなかなか消えないようで。それに母校の桜並木から見える和歌山城は昔と変わらず今も立派な佇まいで、それがもう無性に嬉しいのです。

Photo

普段は南側からの眺めが好きなのですが、木の葉が散り大小の天守閣と回廊がはっきりと展望出来る、冬の北側からの眺めがまたいいのです。和歌山城を見ていると、昔部活で吐きそうになった事や、石垣を登って怒られた事が懐かしく思い浮かんできます。

思い出に浸るのはここまでにして、最近撮った写真をちらほらと。

犬の散歩の時に見かけた、お堀の鴨。

Photo_2

うちの愛犬”さくら”

Photo_3 

家の前に咲いた黄梅。まだ5分咲きといったところ。

Photo_5

桜台の上からの岩出の夜景。岩出の夜景も結構綺麗なもんです。

Photo_6 

今日の満月。

Photo_7

和歌山港に停泊中の南海フェリー。

Photo_8

新しいデジカメを買ってから、写真を撮るのがとても楽しくて。ついつい車を停めてカメラを取り出してしまうのです。下手な鉄砲数打ちゃ、で中には結構いい感じの写真が撮れていたりもするのです。思い出を残すのも、随分と気軽になったもんだと、ちょっと感傷的になったりもしたりして... 

|

« 山為と丸花 | トップページ | みぞぐち、また逢う日まで »

雑談」カテゴリの記事

コメント

私もびっくりしましたよ、4丁目のたこ焼き屋さん。
いつもバスの車窓から本町4丁目交差点から
見えていたのに全くのもぬけの殻。
移転したんですね。
宮前の高架下なら宮前口バス停から歩いて行けるかな?

和歌山城の桜も約2ヶ月後には咲きますね。
今の気候からは想像できないけど、春は着実に
近づいているようです。

投稿: 和歌山人 | 2010年1月31日 (日) 22時26分

コメントありがとうございます。

ごめんなさい、宮前口バス停の場所は分からないのですが、宮前駅からなら充分歩いて行けると思います。
JR線の東側、エバグリーン方面から南側の側道に入ってすぐくらいにありました。

最近自宅前の黄梅も咲き、冬の寒さもあともう少しの辛抱ですね。

投稿: 岡電 | 2010年1月31日 (日) 23時28分

4丁目さんのサイトを見つけましたよ。
http://sites.google.com/site/4takoyaki/

投稿: 和歌山人 | 2010年2月 1日 (月) 17時36分

情報ありがとうございます。

宮前のお店で合っていたんですね。
新しい場所でも、やっぱり”4丁目の”たこやきなのがなんだかとても面白いです。
引っ越しても、以前と同じような人気店になるといいですね!

投稿: 岡電 | 2010年2月 1日 (月) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/33187788

この記事へのトラックバック一覧です: 消え行く思い出:

« 山為と丸花 | トップページ | みぞぐち、また逢う日まで »