« プリュムで猪料理 | トップページ | 鳥九で忘年会 »

ほっと一息

 先日、ある小さな記事が目に入ってきました。

トルコから寄贈された、トルコ建国の父、ムスタファ初代大統領の銅像が、新潟から串本に移設されたのだとか。

Photo

何故に新潟から、かと言うと、寄贈先のテーマパークが倒産し、倒れたまま放置されていたのだとか。親日的で知られ、以前はイランに取り残された法人を救出してくれた、そんなトルコとの親交がこれでは台無しになってしまうところ。

それが串本に移設されたというニュースは、和歌山に住む人間としてはとても誇らしい事で、こういう事にならいくらでも税金を投入しても構わないのに、とも思うのです。それにしても、新潟に行くといつも思うのは、高速や新幹線が集中し、公共事業の特化地域のようにも感じるというところですが、せっかくの友好の証がほったらかしって、もうちょっとどうにかならなかったのでしょうか...?

ま、それはさておき、トルコが親日的になってくれたきっかけ、ともいうべきエルトゥールル号の事件がこれを機会にもっと知られるようになれば、とも思うのです。

秀逸なフラッシュがあるので、こちらからどうぞ。

http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/turkey.swf

フラッシュでは無いですが、より詳しい状況はこちらから。

http://www.locopoint.net/love_peace/ertugrul.html

|

« プリュムで猪料理 | トップページ | 鳥九で忘年会 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/32671415

この記事へのトラックバック一覧です: ほっと一息:

« プリュムで猪料理 | トップページ | 鳥九で忘年会 »