« 丸花 MARUHANA@和歌山市 | トップページ | 春鹿の奈良漬 »

よし川@奈良市

 奈良散策も終わり、戒壇堂を出て後は駐車場へと向かうだけ。戒壇堂から県庁駐車場までの道のりは、古民家も多くとても風情のある道で、昔から大好きな通りなのです。

趣のある土塀なんかを見ながら歩いていると、ふと狸の置き物が目に留まりました。

Photo

どうやら蕎麦屋さんのようですが、とても控えめでいい雰囲気。新そばの文字にも惹かれて、もう結構食べていたけど蕎麦は健康食だしまぁいいか、なんて心の中で言い訳もしつつ入店。

店内もとても落ち着いたいい雰囲気ですが、すでに満席。待つ事しばし、座敷に座りメニューを見ると、蕎麦が数種類あるのみのシンプルなメニュー。これは旨い蕎麦が食べられるぞ、と期待しつつ蕎麦が出てくるまでおよそ30分あまり。後で知った事ですが、ここは注文が通ってからそば粉を挽く、挽きたて打ち立てが信条のお店なのだとか。

そして運ばれてきた、おろし蕎麦。

Photo_3

大根おろしは辛味こそあまりありませんが、なかなか味わい深いもの。そして蕎麦は、なめらかななんとも喉越しがいいお蕎麦。新そばというだけあり、香りの良さも申し分なし。とても繊細かつ上品な味わいの蕎麦で、これならもり蕎麦にしたら良かったかな。ツユも甘すぎず辛すぎず、丁度いい塩梅。

難点は、器の形状がツユを飲むのにあまり適していないように感じた事くらいでしょうか。蕎麦湯が出てくる前に席を立ってしまいましたが、これでは蕎麦湯が来てたとしても飲み辛かったかも。

こちらは友人が頂いた、かけ蕎麦。

Photo_4

温かい蕎麦は、冷たい蕎麦に比べるとやや柔らかくもっちりとした食感。滑らかな喉越しは変わらず、これまたとても美味しいお蕎麦です。ツユは出汁の効きもとても上品で、なんとも優しく落ち着いた味わい。葱と天かすがきちんと別皿に分けられている辺りも、配慮が行き届いています。ピシっとエッジの効いた冷たい蕎麦と、優しい味わいの温かい蕎麦、今度来たらどちらにしようか迷ってしまいそうですね。

なんとも美味しいお蕎麦を頂き、丁寧な接客も相まって、とてもいい気分でお店を後にしました。奈良に立ち寄った際には是非食べに来たいお店ですが、帰って検索すると、食べログやヤフーグルメの評価は結構低め。私は全然気になりませんでしたが、待ち時間が長過ぎと感じる方も多いようです。

ま、それも観光地にあるが故でしょうが、店構えを見たらどういうお店か分かるようにも思ったりもするのですけどね。もちろん味には好みの差がありますが、子供向けにおにぎりが無いとか、待たせると店の前に書いておけ、なんてのは明らかに違うと思うのですが...なんだか最近のギスギスした世相を象徴しているようで、なんともやるせない気分になってしまいました。

店の方が、やたら「お待たせしました」、とか「遅くなって申し訳ないです」、とか言ってたのもそういうクレームが多いのかなぁ、なんて思うと更に寂しい気分に...

よし川

住所 奈良県奈良市水門町50

TEL 0742-22-0448

営業時間 11:00-売り切れまで 月曜火曜定休

|

« 丸花 MARUHANA@和歌山市 | トップページ | 春鹿の奈良漬 »

関西の食べ歩き」カテゴリの記事

麺類と粉もん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/32507483

この記事へのトラックバック一覧です: よし川@奈良市:

« 丸花 MARUHANA@和歌山市 | トップページ | 春鹿の奈良漬 »