« ワインビストロ・プリュム | トップページ | 辻の餅@田辺市 »

秋津野ガルテン 農家レストラン「みかん畑」@田辺市

以前から一度行ってみたかった、田辺市の秋津野ガルテンへ。田辺市街から龍神方面へ抜ける、県道29号線から少し入ったところにその施設はありました。所々に案内板が出ているので、注意深く走ると迷うことなく行けるでしょう。

駐車場には県外ナンバーの車も結構見られ、12時半頃にはほぼ満車状態。旧上秋津野小学校の校舎を利用したという建物は、どこか懐かしさを感じさせてくれます。

Photo

この手洗い場なんてのも懐かしいのですが、網に入った石鹸ではなくてハンドソープなのが今風。

Photo_2

駐車場すぐ横の建物が、農家レストランみかん畑で、その奥の座敷スペースとの間に受付が。受付の場所はちょっと分かり辛い感じで、迷っている人も結構いたり。

Photo_3

受付で、大人一人900円を支払い、後はバイキング形式の料理を盛り付けていきます。

Photo_4

テラスの席が丁度空いたので、そこで頂くことに。テーブルは昔懐かしい小学校の机と椅子。混雑時には席を探すのに一苦労しそうですが、人数制限があるようですので、座れないという事は無さそうです。

料理は、良くも悪くも家庭料理風。プロの料理屋さんのようなカッチリした感じはありませんが、懐かしくも優しい味わいの料理で、その雰囲気も手伝ってか給食を食べているような気持ちになります。

楽しみにしていたミカンジュースは、一人一杯のみなのが残念でしたが、酸味がよく効いてコクもある美味しいミカンジュースでした。あっという間に食べ終わり、次はカレーを。

Photo_5

カレーはもう残り少なくなっていましたが、ルー少な目が好きな私には丁度いい塩梅。これはまさに給食のカレー、あるいはおかあちゃんのカレーといった感じで、これまた懐かしい味わい。

料理を作るのも給仕するのも、全て地元のお母さん達で、それが料理にもよく出ています。料理は結構早く無くなってしまいますが、後から色々と出てきますので、ゆっくりのんびり食べるのがいいでしょう。普通のバイキングだと、無くなった料理の後は同じ料理が出てくるものですが、ここは結構違うものが出てくるので油断ならないのです。

食べ終わったら、洗い場横の売店でソフトクリームとお土産のミカンジュースを購入。

Photo_6

ミカンソフトはちょっと香りが不自然な気もしましたが、さっぱりとして口当たりはマイルドでした。

所々素人ぽさを感じる部分もありましたが、900円と比較的安価に地元の食材を用いた家庭料理が頂ける、観光の際にはとても重宝しそうな施設だと感じました。

秋津野ガルテン

URL http://agarten.jp/

|

« ワインビストロ・プリュム | トップページ | 辻の餅@田辺市 »

和歌山の旅」カテゴリの記事

和歌山県の食べ歩き」カテゴリの記事

和食」カテゴリの記事

コメント

最近県外の方からこちらの噂をよく聞きます。外食産業って本当にいろいろなスタイルがありますね。和歌山には味わい深い建物や廃校後がたくさんあるのでそれを利用しない手はない!こういうお店が評判になっているのは嬉しいですね。

投稿: さよこ | 2009年9月 6日 (日) 19時01分

 そうそう、満腹になっても違うメニューが出たりするので、ついつい食べ過ぎて困りましたわwobbly
 お皿が普通の円いものだったけど、いろんな料理が混ざらないよう仕切りがあるほうが嬉しいんだけどな~

投稿: 甕 | 2009年9月 7日 (月) 18時56分

>さよこさん
そうですよね、古いものをただ壊すだけじゃなく、こういう利用法ってとても魅力的ですよね。
それが地域の活性化に繋がってくれるのならもう言う事なしです。
>甕さん
さすがの着眼点。お皿の仕切りあった方がいいですよね。
でもそうなるとさらにおかずが進んで、もうお腹がはちきれてしまうかもしれませんがsmile

投稿: 岡電 | 2009年9月 7日 (月) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/31239543

この記事へのトラックバック一覧です: 秋津野ガルテン 農家レストラン「みかん畑」@田辺市:

» シャンソン化粧品 [シャンソン化粧品]
シャンソン化粧品 [続きを読む]

受信: 2009年9月 9日 (水) 09時08分

« ワインビストロ・プリュム | トップページ | 辻の餅@田辺市 »