« 小手穂(オテボ)@和歌山市 | トップページ | アーベン(ABEND)@和歌山市 »

オーナーズカスク

 最近ウィスキーの中でも、シングルカスクに嵌っています。シングルカスクとは、一つの樽だけから造られたウィスキーの事。ニッカ宮城峡蒸溜所で飲んで以来、その虜になってしまったのですが、なかなか一般には出回っていません。

先日訪れた、サントリー山崎蒸溜所でも、シングルカスクは販売されていませんでした。宮城峡では販売されていたのに何故?と、ストレートに工場長に尋ねると、サントリーはいい樽はなるべく普通に販売されているウィスキーに使い、広く一般の方に楽しんでもらいたいというスタンスだそうです。

だから、サントリーのシングルカスクを飲もうとすると、蒸溜所で試飲するか、樽ごと買い取るオーナーズカスクという制度を利用するしかないのが現状。利用するといっても、それには数百万円の費用が必要となるのです。サントリーの考え方も分かるのですが、やっぱりサントリーのシングルカスクが飲みたいなぁ、なんて思っていたらありました。

Photo_3   

1993年、大好きなバーボン樽で熟成されたこのシングルカスク、販売元はなんとセブンイレブン。シングルカスクとググってみたらこれが出てきたのです。一本1万5千円となかなか高価ですが、永く楽しめる逸品と考えると我慢できずに購入してしまいました。今度、飲み会の時に開けてみたいと思うので、その時が今から楽しみで仕方ないのです。

セブンイレブンURL http://www.711net.jp/page/g/401c01000000000

|

« 小手穂(オテボ)@和歌山市 | トップページ | アーベン(ABEND)@和歌山市 »

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/30564045

この記事へのトラックバック一覧です: オーナーズカスク:

« 小手穂(オテボ)@和歌山市 | トップページ | アーベン(ABEND)@和歌山市 »