« 和歌山の夏 | トップページ | 森のぱん屋さん@紀美野町 »

香料理庵 紅葉(くれは)@有田川町

 清水に行ったということは、昼ご飯はもちろんこちらのお店で。

Photo_7

紅葉に付いたのは予約5分前。準備しているのでもう少し待ってね、とのこと。目の前の有田川を眺めているうちに食事の準備も整い、私達は店内に。テーブルにはすでに料理が並んでいますが、その美味しそうなこと。今回はちょっと奮発して、一人3500円の摘み草会席です。

Photo_8

野草等は全て女将さんが事前に摘んで来て下さったもの。その他の食材はもちろん、調味料に至るまで、ほぼ清水町あるいはその周辺のものなのが嬉しいですね。お蕎麦は石臼で挽くところから作られたものですが、この日はいつにも増して短くて、ちょっと食べ辛かったです。

しかし、ムカゴの入った五穀米ご飯や、野草の旨さは格別で、文句のつけようも無いもの。真ん中の4つの小鉢は、左上が露草のおひたしで、鰹節と醤油のみのシンプルな味付け。左下はくさぎ。臭木と書くそうで、実際葉には臭気があるそうですが、ゴマ油で味付けされたくさぎは味わい深く、嫌な臭みは感じられませんでした。

右上は、地元産の鰻と胡瓜、そして蓼の酢の物です。それぞれの食材の相性が抜群で、とても美味しく頂けました。右下はタンポポの葉。ちょっと甘めに味付けされていて、これがまたタンポポの味をよく引き立てていたのです。

イタドリやコンニャクの旨さはいつもながらのもの。そして有田川支流の鮎の塩焼きの他に、アマゴや野草の天ぷらが。

Photo_9

あの湯川渓谷から流れ来る清流の中で育った鮎の旨さは格別。今の季節ならではの清清しい苦味を従った味わいで、変な臭みは一切無し。アマゴの天ぷらもしっかりとした味わいで、生命力の強さを感じさせてくれるもの。

アマゴの左は、ヨモギと露草の天ぷら。右はスベリヒユ。うっすらと塩味が付いていて、野草の持ち味がしっかりと活きています。ただ、スベリヒユを食べるのが初めてなら、前回の煮物のような料理の方が、その独特の食感をよく味わえるように思います。

今回の鍋は、味噌仕立ての鮎の鍋。

Photo_10

鮎が丸ごと一匹入っています。

Photo_11

このお鍋のもう一つの主役、清水の特産品アワビ茸の食感がなんともいえません。塩焼きより優しい味わいの鮎、その他の食材の旨味を吸った味噌味のスープがまた堪えられない旨さで。この日、名産の山椒の風味は抑え目に感じましたが、食後にはしっかりと舌を痺れさせてくれていました。

摘み草会席はさすがのボリュームで、大大満足。相変わらず和やかな雰囲気の女将さんとの会話も楽しくて面白くて。

女将さんが「ちょっと見てみて」、と仰るので玄関脇の箱の中を見ると、なんとも可愛らしいツバメの赤ちゃんが。巣から落ちてしまったのを、近所の人が見つけて届けてきたのだそうな。

ツバメの赤ちゃんまで任されるなんて、なんとも女将さんらしいじゃないですか。こんな時に限って餌の蜘蛛がいない、なんて嘆いていた女将さんがたまらなく可笑しかったのです。ちなみに、後日弟に聞いたのですが、鳥の雛は人間に触れられると、親鳥がその匂いを感じ取り世話をしなくなってしまうのだそう。つまり落ちている雛を見ても、そのままにしておくしかないのだとか。

話はそれましたが、本当にここはいいですね。私がもし旅行に行って食事をするとしたら、こんな所で食事をしたいなと感じさせられるほど。今回もなんともいい気分で清水を後にしたのでした。

※予約は必須です。一日1組なので、特に土日は早めの予約が必要。

女将さん一人で準備をされているので、予約時間に遅れる場合は連絡を。

香料理庵 紅葉

住所  和歌山県有田郡有田川町清水1270-5

TEL 0737-25-0966

完全予約制 不定休

|

« 和歌山の夏 | トップページ | 森のぱん屋さん@紀美野町 »

和歌山の旅」カテゴリの記事

和歌山県の食べ歩き」カテゴリの記事

和食」カテゴリの記事

コメント

 「大大満足」って、ほんとに満足だったんですねshine
 名前も初耳の山菜「スベリヒユ」が気になるぅheart04

 まだごく幼いヒナが巣から落ちていた場合は、ちょっと厄介ですね。
 なんとか人の触れたニオイが残らないようにして、うまく巣に戻してあげられればよいのですが…
 かなり成長したヒナが落ちているように見える場合は、人間は手を出さないのが正解です。
 「巣立ちビナ」といって、半分親元を離れていながら完全には巣立っておらず、親にエサを運んでもらいつつ独り立ち訓練中の段階なのです。
 私は以前、ハトの巣立ちビナをお節介にも連れて帰り、自宅ベランダにて世話をしていました。
 するとなんと!
 親バトがヒナの居所を見つけ、ヒナに給餌するためうちのベランダに通ってきてくれたのですcoldsweats02
 あの時は余計なことをして申し訳なかったですが、親バトが利口だったのでヒナは無事ベランダから巣立っていってくれましたlovely
 ちなみにハトのヒナのエサは、親の消化器内粘膜?を吐き戻したものshockで「ピジョンミルク」と呼ばれます。
 ツバメ、無事に成長し、飛び立っていくとよいですねhappy01

 関係ないですが、こないだ魚もん屋に行きました。
 そしてわたくし、あそこの生簀内のウツボのエラに、なんとアナゴが深々と潜り込んでいるのを発見coldsweats02
 エラからアナゴのしっぽが生えていて…かなり珍妙な光景でしたぞcatface
 店の人に知らせると、驚いて何とか引き抜こうと試みていましたが、引っ張ってもなかなか抜けず…heart03
 その2日後また行ってみたところ、もうウツボからアナゴは生えていないflair
 尋ねたら、何とか抜けたけどやっぱりアナゴは死んでしまったとのことnewmoon
 「穴子」と言うだけあり穴に潜む習性があるわけですが、店の人が水槽内に隠れ家を用意してくれていないため、つい出来心からウツボのエラを利用してしまったのでしょうsad
 店の人は「ウツボがアナゴを食べた」と思っていたようですけどsweat01

投稿: 甕 | 2009年7月20日 (月) 00時29分

なんて個性的な店…でも行ってみたいです!
私も金屋の道の駅いってきました。スイカは悩んだあげく…ピーマンを買いました(笑)。
みかんジュースも買いました。「オレンジ」ではなく「みかん」な味がして美味しかったです。道の駅ってあなどれないですよね。すごく味のある雑貨もおいてたりしますもんね。

投稿: さよこ | 2009年7月20日 (月) 14時51分

コメントありがとうございます。

>甕さん
さすがは甕さん、動物の事ならどんと来いってな感じですね!
こないだ岩出店の近くで野鳥の雛、それも結構成長したのがよちよち歩いていて、近くで親鳥が鳴いていたのですが、近寄る小学生を弟が触るなと追い払っていて...
なんで、と聞くとカクカクシカジカ教えてくれた訳でしてsweat01
家庭菜園も飼育もしていない私には、動植物の事は知らないことが多すぎて。
でも、新しい驚きも多くて、そこが楽しかったりもするのですがcoldsweats01

なんと魚もん屋さん、ウツボまで置いていたんですねぇ。
今度はハモのシャブシャブにチャレンジしてみようと思っていたのですが、ウツボにも興味津々です。heart04
それにしても、うつぼのいる水槽に手を突っ込むの、怖くないのでしょうか。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

>さよこさん
今日も道の駅巡りしてきました~happy01
ほんと道の駅って侮れないです。
今日立ち寄った紀の川万葉の里なんて、スーパー顔負けの人だかりでしたよ。
今日スタンプラリーなんてもんに手を出してしまったのですが、後半年ちょいで近畿の道の駅制覇って難しすぎですよねcrying

投稿: 岡電 | 2009年7月20日 (月) 23時04分

 ウツボはあの店のペットらしいので、食わせてくれないかもsmile
 以前どこかの店でウツボのタタキを食べてんまかった記憶があるけど、「和彩あきら」だったかしらdelicious

投稿: 甕 | 2009年7月21日 (火) 00時32分

そうですか、ペットだったんですねsweat01
ウツボは、干物を焼いたのしか食べた事がないので、タタキめっちゃ興味があります。
今度あきらに行ったら聞いてみようっとsmile

投稿: 岡電 | 2009年7月22日 (水) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/30615428

この記事へのトラックバック一覧です: 香料理庵 紅葉(くれは)@有田川町:

» 天然水 [天然水]
天然水はミネラルが豊富で身体に優しい水です。天然水には、たくさんの種類があります。そんな天然水の良さや効能を紹介するブログです。 [続きを読む]

受信: 2009年8月 7日 (金) 15時59分

« 和歌山の夏 | トップページ | 森のぱん屋さん@紀美野町 »