« ニッカ宮城峡蒸溜所 | トップページ | レストラン 赤レンガ »

ニッカ宮城峡蒸溜所 シングルカスク

 無料の試飲が終わったら、蒸溜所での一番のお楽しみが待っています。

Photo_2Photo  試飲コーナーを出ると、目の前にはお土産売り場があり、その奥にはお目当ての原酒コーナーが。蒸溜所で何が楽しいって、そこでしか味わえない原酒をたっぷり頂けるのが楽しいのです。

Photo_3 原酒コーナーに入ると、先ずシングルカスク宮城峡蒸溜所10年が無料試飲出来ます。シングルカスクとは、一つの樽のみから作られたもの。加水をしていないので、アルコール度数は62%と強烈。しかし、飲んでみると、とげとげしさは少しも感じられず、まろやかでとても飲みやすい口当たり。

一気にシングルカスクの虜となりましたが、ここは冷静にメニューを眺めてみます。サントリー山崎蒸溜所と同じく、様々な原酒がリーズナブルな値段で頂けます。

Photo_4 こういう機会でないと頂けないもの、という訳で竹鶴の35年を。普通ボトルで7万円程の物が、こちらでは15ml1700円というお値段。高いようにも思えますが、これをバーで飲む事を考えると...

それにしても、この芳醇な味わい。35年というと丁度私が生まれてしばらく経ったくらい。その年月を十二分に感じさせてくれる、柔らかくまろやかで濃密な、なんともいえないウィスキーでした。

Photo_5 続いては、シングルカスクのお得なティスティングセット。余市15年、宮城峡15年、そしてカフェグレーンの3点セットで1200円。空のグラスが2個付いていて、それ単体でも、オリジナルのブレンドでも楽しめるという趣向。

それ単体ではちょっと物足りない印象のカフェグレーンでしたが、余市とブレンドするとこれが好みにぴったりの味わいで。それにも増して私の好みにど真ん中だったのが、宮城峡15年。バーボン樽が使用されたその風味は、バーボン好きの私にはもう堪りません。糖蜜の様なコクと、後口に残るバニラの様な香り。これはもう自分へのお土産に決定です。

Photo_6 そして、こちらの蒸溜所人気ナンバー1の宮城峡25年。こちらは15mlで900円也。500mlボトルで2万円と、シングルカスクでは一番高額なものでした。こちらは新樽をしようされているそうで、宮城峡で作られたウィスキーの風味を純粋に味わう事が出来ました。

Photo_7 こちらはシングルカスク宮城峡20年。シェリー樽で貯蔵されたもので、15ml700円。シングルカスクに共通した濃密な味わいと、シェリー樽らしい爽やかな後口。知人への贈り物はこれに決定。そう思わせてくれる、とても美味しいウィスキーでした。

この辺りでもう私はヘロヘロ。それもその筈、15mlとはいえ60度前後のシングルカスクをこれだけ飲んだのですから。それでも全く気持ち悪くない心地よい酔い方で、やっぱり私には蒸留酒が合っているのかもしれませんね。

ティスティングを参考にお土産も買って、この後はレストランでの食事が待っているのです。

|

« ニッカ宮城峡蒸溜所 | トップページ | レストラン 赤レンガ »

お酒」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/30189166

この記事へのトラックバック一覧です: ニッカ宮城峡蒸溜所 シングルカスク:

» 二日酔い 症状 [二日酔い 症状]
二日酔いの症状でその中でも辛いのは吐き気が続くケースです。 [続きを読む]

受信: 2009年6月20日 (土) 19時48分

» 大好きなあの人と復縁できる方法の感想 [元彼,元カノと失恋/離婚から復縁マニュアル[大好きなあの人と復縁できる方法]白石真理]
>ご購入の動機は何ですか?どうしても元夫と寄りを戻したかったので。>最終的にご購入の決め手になったことは何でしょうか?知人から聞いたのですが、メールサポートが非常に丁寧だと伺ったので。>マニュアルを読んで実践してみた感想をお願いします。おかげで今は元夫と寄りをもどして、ラブラブな毎日を送っています。信じられません。あんなにケンカばっかりしてたことが、ホント想像できないです。でも、実際別れて初めて気づきました�... [続きを読む]

受信: 2009年6月22日 (月) 22時16分

» 時はすぐに過ぎてしまうから,今を残す,今を贈る,世界でたったひとつの逸品を贈る [写真でオリジナルの贈り物<世界でたったひとつの逸品を贈る ネット通販>]
ペット写真でオリジナルの贈り物<今を残す,今を贈る,世界でたったひとつの逸品を贈る> [続きを読む]

受信: 2009年7月 4日 (土) 17時01分

« ニッカ宮城峡蒸溜所 | トップページ | レストラン 赤レンガ »