« ダッチオーブン 黒沢牧場でバーベキュー | トップページ | ’09 食博覧会・大阪 その2 »

’09 食博覧会・大阪

 GWはお留守番で、せっかくの連休も家でいる事が殆どでしたが、最後の日は親父も帰ってきたので友人達と南港へ。インテックス大阪で催されている、食博覧会・大阪へ行ってきたのです。今週末まで開催されていますので、ご参考になれば幸いです。

会場へは、お酒を飲む事が確実なので、電車で行く事に。南海本線・天下茶屋駅で下車、5分ほど歩くと地下鉄四つ橋線の岸里駅。ニュートラムに乗り換え、中ふ頭駅で降りると、目の前に会場が。和歌山からだと、天下茶屋駅は特急も停車するし、この経路が一番早くてお得だと思われます。時間的には家を出てからでも、2時間足らずだったでしょうか。

Photo 開場30分前に到着したにも係らず、すでにこの行列。開場時には、私達の後には更に凄い行列が出来上がっていましたから、時間には余裕を持った方がいいでしょうね。チケットは前売りは1500円ですが、当日券は2000円と結構なお値段。でも、今回は某出店企業からタダ券を頂いちゃったりして。

Photo_4Photo_2 開場は大まかに7つのブースに分かれていますが、先ず入ったのが4号館。パナソニック、関電、大阪ガス等の企業がメインのブースです。この時点ではガラガラですが、昼過ぎには凄いひとだかりに。無料で試食出来るものや、同じく無料の調理体験等が出来るのが人気の要因だと思われますが、その中でも関電と大阪ガスがしのぎを削っている感じ。IH対ガスコンロの戦いがここでも、といった感がありますが、開場すぐだとすんなり体験する事が出来るでしょう。

4号館は一通り見るだけと思っていたのですが、ワインの試飲で思わず時間を取られる事に。会場にはワインを試飲できる所が所々にあるのですが、見た限りほぼ全てが販売目的の輸入業者のもの。購入を勧められ、やたら時間を取られるのでご注意を。

4号館から6号館Bへ移動。物凄い行列が出来ていると思ったら、花畑牧場の行列。お求めの方は早めに並ぶのが吉。個人的には、1回食べたら充分てな感じのものだし、結構そこらへんの催しでも手に入れる事が出来るので、ここで時間を取られるのはちょっともったいないかなと思ったり。

Photo_3

  今回、一番期待していたのが、この6号館。A,Bの2ブースに分かれていて、それぞれ日本の各地の名産等が味わえます。6号館Bに入ってすぐに目に飛び込んだのは、マグロの解体ショー。やはりこの手の実演は人気で、すぐに行列が出来上がります。赤身、中トロ、トロの3種で500円。変に脂っぽい事もなく、値段なりの美味しさ。

Photo 6号館Bには、アサヒビールや阪急そば、大阪の有名店が出店していたりしますが、中央には日本各地の地ビールのコーナーが。実は今回、同行者全員一致で一番人気だったのがこのコーナー。目の前にはイスこそ無いもののテーブルがあり、立ち飲みスタンドと化したのです。ビール好きの方は、是非このテーブルを確保するのをお奨めします。

Photo_3 これは上の写真の一番左に写っている、大阪の国乃長という酒造会社の地ビール。ここでいただける地ビールは全て300円という安さ。このビールがこの日最初のビールとなったのですが、実はこれが一番のお気に入りでした。フルーティでさっぱりと飲みやすく、いくらでも飲める感じが私にはぴったり。

Photo_2 そのすぐ近くには北海道の有名店、松尾ジンギスカンが。美味しそうな羊料理が並んでいますが、右手前に写っている骨付きラムステーキを購入。1本400円ですが、大きなラムチョップでお得感満点。やや羊肉特有の癖はありますが、濃い目の味付けで上手く臭みが消されています。骨の際までしっかりと火が通っていて、ビールに合いすぎて困ってしまうほど。

Photo_4 そして、地ビールコーナーの目の前には、あの常夜燈のおでんが。常夜燈では、おでんではなく”かんさいだき”と呼ぶそうですが、有名店にしては客足はあんまりなようで、3種500円が300円に値下げされていました。具材は、大根、がんもどき、つくね?の3種のみ。大根は、味はしっかり滲みているのに歯応えが残っているのが特徴的。

つくねのようなものは、魚介類も入っているのでしょうか、多層的な味わいでとても美味しかったです。柚子味噌と辛子を付けていただきましたが、柚子味噌が圧倒的人気でした。

Photo_5 ビール2杯目は、愛媛の梅錦というメーカーの地ビール。頂いたのは、2種あるうちのウッドフィニッシュという黒ビール。しっかりとした苦味とコク、そして心地よい焙煎香と、ビール好き大絶賛のビールでした。でも、私にはちょっと苦すぎたかな。

Photo_6 6号館Aに移ると、日本各県の特産品コーナーがあります。和歌山のブースは、なんと一番手前のめちゃくちゃ目立つところに。でも、客足は今一のよう。ここでも人気があるのは、やはり実演販売しているところのようで、例えば同じめはり寿司でも、その場で巻いて出来立てを販売など、工夫をすればもっと賑わっただろうにと、和歌山県人としてはちょっと悔しい気分。

Photo_7 鉄板で美味しそうに焼きあがっていたのは、鹿児島の黒豚の串焼き。1本500円ですが、これがなかなかの旨さ。しっかりと歯応えのある肉は、噛めば噛むほど味の出てきます。ジューシーで臭みも無く、ビールが進んでしまいます。

Photo_9 続いて、大分のハモン・デ・クジュウという会社の串焼きとウィンナー。久住高原ハーブ豚という豚が使用されているそうです。ウィンナーは無添加とのことですが、ボソボソした感じもそれほど感じさせない、とてもジューシーで肉の旨味をしっかり堪能出来るもの。串焼きは、鹿児島のものとはうって変わって、柔らかい食感。どちらも美味しい豚肉ですが、それぞれ個性があって楽しいですね。

Photo_10 大分のブースの人たちはとても元気があり、そこのおじさんに豚肉と一緒に飲んでと勧められたのが、鳥取の大山Gビール。Gと地がかかっているんですね。なかなか美味しいビールでしたが、1杯500円と地ビールコーナーのものが300円だった事を考えるとやや割高と感じてしまいました。

Photo_8

長崎といえばチャンポン、で、もちろんチャンポンもあったのですが、こちらは対馬の名物”ろくべえ”という、サツマイモの粉で出来た麺。糸こんにゃくをぐっと柔らかくしたような食感で、とって優しいお味。これ、最後の方でくたびれた胃を休ませるのに丁度いいなぁ、と感じました。

Photo_11 高知県からは、土佐はちきん地鶏の焼き鳥。1本200円ですが、1000円で6本とちょっとお得。しっかりと炭火で焼かれた芳ばしい焼き鳥は、胸肉の部分でしょうか。しっかりとした歯応えで、クセのないとても澄んだ味わいと、あふれる肉の旨味が合わさったとても美味しい焼き鳥でした。

Photo_12 福井からは、こしひかりのおにぎりです。へしこ、梅、わかめの3種です。ビールもいいけど、やっぱり米も欲しくなってくるのですよね。ただ、おにぎりは作り置きで、出来れば握りたての熱々のが欲しかったかな。それに、米の旨さを純粋に味わせようと思うなら、具材はいらないにとも感じました。

Photo_14Photo_13  出口近くには、佐世保バーガーや富士宮焼きそばの専門店が集合していました。佐世保バーガーは数店見られましたが、恐らくボリュームはここが一番。

1000円と値段はなかなかですが、手のひら以上の大きさは、メガマックが霞んでしまうほど。しかし、ハンバーグは柔らかくしっとりと味わい深いもので、食べ飽きる事がありませんでした。さすがに、ここに来てこのボリュームはきつかったですが、パンの部分が多いのが逆に助かったかも。富士宮焼きそばは、B級グルメの雄として有名ですが、食べた感じは正直普通に美味しい焼きそばといった印象でした。

Photo_15Photo_16  6号館と3号館の間の露店では、各地の様々な食肉が大集合。もうもうと煙が立ち込めています。但馬牛のステーキは、これで2000円ですが、柔らかくてジューシーでとても美味しかったです。

20 本日3本目の豚串は、広島の幻霜ポークというブランドの豚肉。西己屋というお店でしたが、こちらではスペシャルポークと銘打っていました。この日食べた3種の豚肉の中でも、歯応えはこちらのが一番。どれも臭みも無くジューシーで、美味しい豚肉揃いでした。

思っていたより長くなってしまったので、続きはまた後日。

|

« ダッチオーブン 黒沢牧場でバーベキュー | トップページ | ’09 食博覧会・大阪 その2 »

関西の食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/29498528

この記事へのトラックバック一覧です: ’09 食博覧会・大阪:

» ハーブ [ハーブ]
ハーブについて紹介しているブログです。ハーブと呼ばれる植物の範囲と、生活でのハーブの役立て方、ハーブの育て方などを紹介しています。 [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 06時35分

» 食生活の改善で胃ガンを治す [大腸癌/子宮癌/すい臓がん/前立腺がん/食道がん…の治療法[澄川信也]ガン治療に効果的な食事法]
兵庫県 大久保由美子 様 「まさか食生活の改善でガンが治るわけがない」 と思いながらも、思い当たるところがいくつもあったので、 だまされたつもりで買ってみました。 母親のガンがこれで治せるかもしれな... [続きを読む]

受信: 2009年5月 8日 (金) 10時03分

« ダッチオーブン 黒沢牧場でバーベキュー | トップページ | ’09 食博覧会・大阪 その2 »