« 悠卯庵(ゆうあん)@白浜 | トップページ | もんぺとくわ@龍神 »

Ristorante Pien リストランテ ピエン@上富田町

 美味しい蕎麦を頂いて、一息ついて、お目当てのレストランへ。

Photo 初めて訪れたなら、先ず迷ってしまいそうな、街の外れの住宅街の中にひっそりと存在するのが、リストランテ ピエンです。ホームページに詳しい場所の説明がありますので、それを印刷して持って行くのがいいでしょうね。

Photo_2 店内に入り、通されたのは開放的なテラス席。陽の光がたっぷり入るテラスのおかげで、雨模様にも係らず明るい店内が印象的。メニューは、2000円、3500円、5500円の3種のコース。5500円のコースは、肉、魚、両方が頂けるのですが、今回はランチということもあり3500円のコースを。

Photo_3 前菜は、野菜とゆで卵の上に、カジキマグロのスモークが乗っています。地元産の野菜は、極々シンプルな味付けで、野菜自体の旨みがたっぷり。卵がどんと乗っているのは、見た目的には鮮麗されていないようにも思いますが、その味は格別の美味しい卵でした。

それにもまして、勝浦産のカジキのスモークがなんとも言えない美味しさで。もっちりした食感と溢れる旨み、それにほのかなスモーク臭が合わさり、お土産に買えるのなら買って帰りたいと思ったほど。

Photo_4 このお店は、ほとんどの食材が地元産、あるいは自家製なのだそうですが、このパンももちろん自家製。ナンのようなパンは、ほのかにカレーの風味が感じられる、ふんわりモチモチの美味しいパンで、その温かさとともに料理との相性が抜群。

Photo_5 前菜の後は、4種類選べるパスタの中から、タリアテレの熊野牛ラグーのクリーム仕立てです。ラグーとは、すね肉で作るソースなのだそうですが、そのソースが濃厚で深い味わいのとても美味しいソース。それに、コシがあるやや固めの麺が合わさり、なんともいえない美味しさになっています。

Photo_7Photo_6  友人が選んだ、地元産のビーツを包んだラビオリ、けしの実風味です。ビーツとは、赤い色のかぶのような見た目のダイコンの一種なのだそうですが、こちらは上の料理とはうって変わって個性的な味わい。

一見肉包みのような見た目ですが、中身は鮮烈な赤色で、甘味を従った味わいが特徴的。しかし、どこか土の香りのような風味のする、とても素朴な味わいで、好みは分かれるでしょうが私と友人はとても美味しく頂けました。

Photo_8 魚料理は、イサギのソテーにヒトハメのソースを合わせたもの。初めて聞くヒトハメという海藻を、長久酒場に続き二日連続で耳にしたのがなんとも運命的。ま、それは大げさだとしても、新鮮で魚の旨みたっぷりのイサギに、ねっとりとしたヒトハメのソースがよく合っています。素材の旨みを活かした、さっぱりとした味つけが印象的。

Photo_9 友人は、500円アップの熊野牛の炙り焼き。潮岬の塩で漬けられた熊野牛は、魚料理とは対照的にしっかりとした味付け。しかし、牛肉自体の味わいは損なわれておらず、牛肉の旨みと適度な歯応えが心地よい、とても美味しい料理でした。

Photo_10 デザートは3種。ダイダイのケーキと、真ん中のクッキーが被っているのがヨーグルトのアイス、それにイチゴのブリュレです。どれも、食べた瞬間にめちゃ旨、という感じではありませんでしたが、素材の味が活かされた素朴な味わいで、じんわり美味しいといった印象。

この日は運転手でしたので、飲み物はもちろんソフトドリンクでしたが、それも地元の梅や柑橘を使ったとても美味しいドリンク。店内の雰囲気も、鮮麗されていながらも、地元の人がわいわいと食事が出来る雰囲気があり、とてもいい塩梅に思えました。

最初から最後まで、地元の新鮮な素材が使用され、しかもそれが最大限に活かされた味付けの、旅先で出会って間違いなく嬉しいお店だと思います。南紀への旅の楽しみがまた増えて、なんとも嬉しい限り。

こんな素晴らしいお店を教えていただき、本当にありがとうございました。

※ 予約をしていくのがベターなようです。

Ristorante Pien  リストランテ ピエン

住所 和歌山県西牟婁郡上富田町生馬353-7

TEL 0739-47-5317   

営業時間 12:00-1400 18:00-21:00 火曜、第1,3水曜定休

URL http://www3.cypress.ne.jp/pien/

|

« 悠卯庵(ゆうあん)@白浜 | トップページ | もんぺとくわ@龍神 »

フレンチ、イタリアン」カテゴリの記事

和歌山県の食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

大変遅ればせながら、記事を読ませていただきました。
ここはほんとに良いですよねー。
夜は行ったこと無いのですが、さらに本格的だそうです。
それにしてもこれこそグルメ記事。
舌が鈍く、感受性に乏しく、文才もない私は、うまい・まずいくらいしか書けません(泣)。

投稿: けむだし | 2010年8月 2日 (月) 15時02分

お褒め頂きありがとうございます。
でも、自分ではイマイチと思っているので、褒められるとちょっと面映い気持ちです。
それはさておき、ここは本当にいいお店ですよね。
いつかまた行ってみたいと思いつつ、なかなか行けてないのです…

投稿: 岡電 | 2010年8月 3日 (火) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/28922868

この記事へのトラックバック一覧です: Ristorante Pien リストランテ ピエン@上富田町:

« 悠卯庵(ゆうあん)@白浜 | トップページ | もんぺとくわ@龍神 »