« サントリー 山崎蒸溜所 | トップページ | サントリー 山崎蒸溜所 まとめ »

サントリー 山崎蒸溜所 その2

 蒸溜所見学が終わると、いよいよお待ちかねの試飲とティスティングです!

Photo 試飲は、山崎12年と白州12年のどちらかを、水割りかソーダ割りで。お酒が飲めない人や運転手役の人のために、なっちゃん等も用意されています。もちろん、おかわりも出来、2杯目からはロックやストレート、常温水割りなど、好きな飲み方を注文できるのがいいとろこ。

Photo_2 テーブルにはおつまみも用意されていて、写真はお土産でも買えるビターチョコ。包装紙にはウィスキーの製造過程が描かれています。水割りの水や、ソーダ割のソーダにも山崎の水が使用されていて、それがまたなんとも美味しくて。

山崎12年は、いつもの飲みなれた味わいですが、ストレートや常温水割りで頂くと、これがまた違う風味で。そして白州は、アイラ系のボウモアと同じようなあの正露丸のような香りがつ~んと。でも、その香りはとても穏やかで、アイラ系が苦手な私でも美味しく頂くことが出来ました。

Photo_3 試飲が終わると、後はティスティングをしたりお土産を購入したりの自由行動。サントリーの数々のウィスキーや、サントリーと関わりのある海外のウィスキー、その他おつまみやグラス、樽で作った箸やコースターなど、多種多様。私は、ここでもうお土産を買ってしまいましたが、これは後に間違いと分かります。

Photo_4 同じ建物の1階にはティスティングが出来るスペースがあり、そこでお土産のウィスキーのを確認出来るのです。その後、自分の好みにあったウィスキーを買うのがいいに決まってますよね。

とはいえ、試飲までは無料ですが、ティスティングは有料です。しかし、有料とはいってもそこは蒸溜所内ですから、極めて良心的な価格設定。普通お土産に買うくらいのウィスキーなら、15mlで100円から300円でいただけるのです。

Photo_5 それでも、中には2000円オーバーのウィスキーもあり、こちらは15mlで2300円の響30年。山崎25年と並び、ティスティング出来るものの中では最高値。しかし、一本10万円と聞けば、むしろリーズナブルとさえ思えてしまいます。

山崎25年はもう強烈な個性を放っていて、メイプルシロップのような濃密な香りがたまりません。それでいてすっと体を抜けていくような爽やかさもあり、酒飲みの人ほどこれが一番と言っていました。水割りにするとさらにその香りが爆発し、飲み終わったグラスを洗うのがもったいないほどで、置いておいてアロマにしたいと思ったり。

それに比べると、響はとても穏やかでマイルドな風味。そのバランスの良さ故に、ストレートでもとても飲みやすく、私はとても気に入ってしまいました。とはいえ一本10万円では、とてもお土産には買えませんが(A;´・ω・)アセアセ

Photo_6 山崎25年と、響30年に続き高価な、バランタイン30年です。こちらは一杯2000円。とてもバランスのいい飲みやすいウィスキーで、私はこれが一番気に入りました。ストレートでじっくりとその風味を味わうのが最高。私の好みには、今のところシングルモルトより、ブレンドの方が合っているのかもしれません。

Photo_7 こちらは、響17年の樽出し原酒(ミズナラ樽)です。この他にシェリー樽のものもあり、同じ響でも全くといっていいほど個性が違うのが面白いところ。シェリー樽は、アイラ系の様な香りがあり、スモーキー。ミズナラは甘い香りが濃厚で、なんとも深い味わい。

Photo_8 ティスティングは屋内のテーブルでも出来ますが、この日は絶好の空模様で、やはり屋外で飲むのが最高。太陽の光を浴びながら旨いウィスキーを頂いていると、本当にいい気分でもう日ごろのストレスなんてどこかに吹っ飛んでしまいます。

200円、300円のウィスキーも、これまたなんともいえない美味しさでしたが、やはり2000円前後のものと比べてしまうと…順番的に、お手頃なものから高価なものへ移行していくのがいいと感じました。

これでおつまみでもあれば入り浸ってしまいそうですが、残念ながら施設内での食事はNG。とはいえ、様々な美味しいウィスキーをたっぷり頂き大満足。高価なお酒も随分飲みましたが、6人で割れば財布への負担もそこそこで済みそうです。

やはり、こういうところはある程度人数が多い方が楽しめますね。一杯15mlとはいえ、あくまでティスティングですから、5,6人くらいなら充分全員に行き渡りますし。皆でわいわいと、これがいい、あれが好み、なんて語り合うのはなんとも楽しいものです。

見学も含め、今まで体験したことのない事の連続で、なんともまぁ楽しい経験をさせて頂きました。

|

« サントリー 山崎蒸溜所 | トップページ | サントリー 山崎蒸溜所 まとめ »

お酒」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 岡電さん、私と違ってただ飲んだくれてくるのではなく、きちんと勉強されていてすごいです~
 私なんか、酒の知識はないし、トシのせいかホントに少ししか飲めなくなってしまったし…heart03

 ウイスキーと関係ない話ですが、昨日(16日)~22日まで、和歌山近鉄にて花畑のキャラメルを販売していますが、既にご存じですかsign02
 今回は9時に購入券配布、しかし近鉄の開店は10時…1時間のブランクを一体どうすればよいというのかpout
 と言いつつ、昨日もう行ってきたし、実は今日も参りますrock(すごいヒマ人)

投稿: 甕 | 2009年4月17日 (金) 07時36分

 いえいえ、私も飲んだくれているだけですよsweat01
でも、いろいろお酒を飲んで、ウィスキーが一番合っている気がしている今日この頃なのです。

近鉄の北海道物産展は、弟の嫁さんがチラシを取っておいてくれました。
私ならきっと行くだろうと、行動パターン読まれてますねι(´Д`υ)アセアセ
花畑のキャラメルは、一度食べた事があるので、並ぶつもりはありません。
一度食べる事をオススメしますが、個人的にはリピートは無いかなぁ。
口どけのなめらかさにはびっくりしたのですが...

投稿: 岡電 | 2009年4月18日 (土) 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/29150539

この記事へのトラックバック一覧です: サントリー 山崎蒸溜所 その2:

« サントリー 山崎蒸溜所 | トップページ | サントリー 山崎蒸溜所 まとめ »