« デュポン ポン・ヴー | トップページ | サントリー 山崎蒸溜所 »

ザ・マッカランとウィスキーの飲み方

 最近ウィスキーを嗜み始めたのですが、まだまだ初心者の私。飲み方はロックが主なのですが、美味しんぼのウィスキーの巻では常温の水割り1:1が最上と書かれていたりして。

Photo で、バー・テンダーさんで自分に合った飲み方を確認する事にしました。テンダーでは常温の水割りをオーダーすると、グラスに蓋をされたストレートのウィスキーと、調整用の水が供されます。聞くと、イギリスのバーでは水の入ったカップが並んでいて、客はめいめい自分で調整するのだとか。

今回頂いたのは、モルトのロールスロイスとも評される、ザ・マッカラン。蓋を取ると、芳醇な香りが鼻を衝きます。しかし、ストレートでは香りや風味がきつ過ぎて、やはり味わいを楽しむ事は出来ません。で、水を足しつつ確認していくと、私には1:1よりやや水が多めの割合が一番合っているように感じました。今まで飲んだウィスキーの中でも抜群に飲みやすくて、まろやかで高貴な風味はさすがロールスロイスと評されるだけのことがあります。

自分に合った割合を確認できたところで、同じマッカランを今度はロックで。マッカランを水割りとロック同時で頂くなんて、とても贅沢ですよね。比べてみると、香りは圧倒的に水割りに軍配が。ロックだと香りはどうしても控えめになってしまうようです。

では、水割りの方がやはりいいのか?というとそうとも限らず、香りが抑え目のおかげで、ストレートの風味を純粋に味わえる良さが、ロックにはあると感じました。氷が溶けるにしたがって味わいが変化していく楽しみもあります。水割りの芳醇な香りも捨てがたいのですが、私にはやはりロックが合っているように思いました。

とはいえ、もちろんウィスキーの種類によっても違いが出てくるのは確かで、例えば正露丸のような香りのラフロイグやボウモアは、ロックの水割りが香りが穏やかになり美味しくいただけました。しかし、それも慣れてくるとロックやストレートがいいとなるかもしれず、ウィスキーの奥深さにちょっとため息が出たりもして。

とりとめもない感じになってしまいましたが、ウィスキーの飲み方には個人差はもちろん、慣れによっても違いが出てくるから、その人が今一番美味しいと思う飲み方が正解というのが結論。常温の水割りが正解なんて決め付けられるのは、ちょっと窮屈な感じがしてしまいます。色々な飲み方が楽しめるのがウィスキーの良さだと、今回特にそう感じたのです。

|

« デュポン ポン・ヴー | トップページ | サントリー 山崎蒸溜所 »

お酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/29080889

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・マッカランとウィスキーの飲み方:

« デュポン ポン・ヴー | トップページ | サントリー 山崎蒸溜所 »