« REVO | トップページ | エルドールのロールケーキ »

ねこまた屋@和歌山市

 テンダーで、田中屋酒店ともう一軒教えてもらったのが、じゃんじゃん横丁のねこまた屋さん。

Photo じゃんじゃん横丁といっても、和歌山市のじゃんじゃん横丁。島崎町の一角に、数軒の飲食店や雑貨屋さんが集まっています。お目当てのねこまた屋さんは路地裏にあり、夜はご覧のようになんとも趣のある雰囲気なのです。

Photo_3  ねこまた屋さんの売りは、なんといってもビール。日本国内、世界各地の様々な地ビールが揃っています。樽生が5種類程黒板に書かれていましたが、定番ナギサビール以外は、樽替りで提供しているそうです。その時どんなビールがあるかは、ホームページでも確認出来るのがいいですね。

Photo_2

どれにしようか迷ってしまいますが、とりあえずは和歌山は白浜の地ビール、ナギサビールを頂きました。アメリカンウィートというこのビール、黒板にはスパイシーですっきりと書かれていましたが、私はとてもフルーティに感じました。

さっぱりとした後口のとても飲みやすいビールで、酒の弱い私でも十分楽しめましたが、酒豪の弟にも好評だったのが意外。この後、もう一種のナギサビール、ペールエールも頂きましたが、深い香りとコクのあるビールでこれまた美味しかったです。どちらも地ビールの魅力を堪能させてくれましたが、私はアメリカンウィートがとても好みに合っていました。

Photo_4 ビールはもちろん、こちらは料理も充実しています。しかもどれもリーズナブルなお値段。写真は、菊菜のナムルとサンマのスモークです。このサンマのスモークがなんともいえない旨さ。しっかりとサンマの風味とスモークの香りが楽しめ、やや濃い目の味付けがまたビールに合うんです。これが280円はとてもお得に思えます。

Photo_5 焼きギンナンと、スナップ豆とえんどう豆の玉子炒めです。ギンナンは、ごく普通のおつまみといった感じ。ですが、玉子炒めがなんともいえない旨さで。豆の風味や歯応えが心地よく、これにしっかりと味付けされた玉子が加わるのですから、これはもうビールに合わないわけが無いですよね。

Photo_6 左上が、ペンネの焼きカルボナーラ、下がソーセージの盛り合わせ。ソーセージは至って普通、ペンネは茹で具合が丁度良く、濃厚な味わい。面白かったのは、右上のポテトで、ソースはなんとマヨネーズと金山時味噌を合わせたもの。これがなんともいいマッチングで、驚くほど美味しいのにびっくり。これとナギサビールで、和歌山の恵みを堪能するのもいいものです。

Photo_7 ほうれん草のスペイン風オムレツ。まるでお好み焼きかチヂミのような外見ですが、きちんとオムレツです。オムレツはしっかりと火が通っていて、味付けも丁度いい塩梅。そして、ケチャップがとてもフレッシュで美味しく、オムレツをしっかりと引き立てているのがいい感じ。

Photo_8 野武士風鶏天。野武士風というのがどういうものかは分かりませんが、これは和風出汁に浸された鶏天。意外な組み合わせにも思えましたが、これがなんともいい塩梅。三つ葉や葱も効果的に効いていて、とても美味しかったのですが、これはビールよりも日本酒が欲しくなる味かも。

Photo_9 ペンネのアラビアータ。先ほどのカルボナーラよりも値段はお高めですが、その分ボリュームは満点。ピリっと辛口で、これまたビールがすすんでします味わい。ただ、茹で加減が、固めが好きな私でも少し固すぎと思ったほどだったのが残念。

Photo_10 今回、一番美味しいと思ったのがこの炒飯。私は、具があまり入っていないシンプルな炒飯が好きなのですが、これには参りました。米はパラパラですが、炒め過ぎずもっちりフワフワ。しっかり下味の付いた豆やブロッコリーも絶妙のアクセントで、なんともいえない味わいの炒飯。このクオリティが常に出されるものだとしたら、相当なレベルだと思います。

Photo_11 最後はアンチョビと黒オリーブのピザで締め。生地が少し固すぎという気もしましたが、それでもかなり美味しいピザ。たっぷりの黒オリーブが、なんともいい風味なのです。これだけ多種多様なメニューがあるお店のピザとしては、かなり美味しいピザでした。

これだけ食べて、ビールもそれなりに飲んで、3人と子供一人で、11000円ちょい。これだけ凝ったメニューと美味しい地ビールが頂けて、この値段はかなりのコストパフォーマンスだと思います。

ビール好きにはもちろん、ビール初心者にも超オススメと言いたいところですが、気になる部分も。こちらのお店はご夫婦でされているのですが、お世辞にも愛想がいいとは言えないのです。御主人が寡黙でも、奥さんが明るく愛想いいというのは良く目にしますが、こちらはどちらも寡黙な雰囲気で。

ビールのメニューには、そのビールの特徴がしっかりと書かれていて、ビールに対する愛情はしっかりと感じる事が出来るのですが、こんなビールが欲しいと客が言えば、すっとオススメを教えてくれる、そんな風ならもっといいのにとも感じました。対応のせいで、せっかくのビールへの愛情が伝わりにくいというのは、とてももったいない事だと思うのです。

ねこまた屋

住所 和歌山市島崎町3-27 じゃんじゃん横丁内

TEL 073-427-4341

営業時間 11:30-14:00 17:00-23:00 月曜定休

URL http://www11.ocn.ne.jp/~katze/index.html

|

« REVO | トップページ | エルドールのロールケーキ »

お酒」カテゴリの記事

和歌山市の食べ歩き」カテゴリの記事

洋食」カテゴリの記事

コメント

ご来店ありがとうございます。

それと、いつも無愛想ですみません。一般的に評価すると「お店向き」ではないな、と二人とも自覚はしているんですが、店主の、和歌山で美味しいビールが飲みたい、という個人的な野望と、それを支持してくださる寛容なお客様に支えられて、なんとかぼちぼちと続けております。

「初心者」への対応につきましても、6年続けてまいりました日々の課題ではあるのですが、和歌山には他にはないビールのお店といたしましては、非常に多様なビール好きのお客様の受け皿にならざるを得ず、細かく行き届かない事が多いのが今だの反省点であります。

店主も料理に追われておりますと、お客様とゆっくりお話もできないのを残念に思うことが多くあります。

もし次回ご来店いただけることがありましたら、カウンターにお座りになって、店主にお声などおかけくださいませ。

相変わらず無愛想ではありますでしょうが、これまで通りの誠意を持って、次の一杯を選ばれるのをお手伝いしたいと思います。

よろしくお願いいたします。

投稿: ねこまた屋店主 | 2009年3月12日 (木) 18時08分

 こないだ白浜でナギサビールを買ってきたのですが、昨日と今日飲みました。おいしかったですshine
 そしてうちの近所にそんなお店ができていたとはflair料理もおいしそうでリーズナブルではありませんかheart04

 商売人らしい愛想良さはなく接客は不器用だけど、お酒や料理に対する愛情は強い。
 …そういうのって、なんだかわかる気がしますconfident
 親切すぎる応対よりも、私はほどほどにそっけない方が好みかもwinkぜひ近いうちに伺いたいと思っております。

投稿: 甕 | 2009年3月12日 (木) 23時27分

コメントありがとうございます。

>ねこまた屋店主さん
こちらこそ、勝手に撮って勝手な事書き連ねて申し訳ないです。

とてもリーズナブルで丁寧に作られた、とても美味しい料理や地ビールを堪能させて頂き、本当に満足させてもらいました。
だからこそ、ちょっともったいないと感じた次第です。
ねこまた屋さんを紹介された方に店の雰囲気は聞いていましたので、私はそれ程でもなかったのですが、予備知識なしの弟はちょっと面喰っていました。
でも、ビールや料理へのこだわり、愛情はとても強く感じさせていただきましたので、また近々お伺いさせてもらおうと思っています。
こちらこそ、よろしくお願いします。

>甕さん
ナギサビール、いいですよね。
私もすっかりファンになってしまいました。

そうですね、落ち着いてゆっくりビールや料理を楽しみたい人には、逆にいいかもしれません。
私はどっぷり商売人なんで、どうしてもそういう目線になってしまうんですよねsweat01

近所なら飲酒運転の心配も無いから、たっぷり地ビールを堪能して下さいねshine


投稿: 岡電 | 2009年3月13日 (金) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/28548691

この記事へのトラックバック一覧です: ねこまた屋@和歌山市:

« REVO | トップページ | エルドールのロールケーキ »