« 白いタイヤキ | トップページ | エルドールのチョコケーキ@和歌山市 »

山利@和歌山市

 先日、テレビを見ていると和歌山の山利が紹介されていました。そういえば、山利のしらす最近食べてなかったな、と思い近くに仕事に行った際ちょっと寄り道する事に。

Photo 西脇保育所の横の道を海の方へ、堤防に出て公園沿いを加太方面に走ると、山利の工場が見えてきます。小さな直売所があり、そこにはシラスの他、ちりめんの佃煮なんかも売っていました。今の時期は漁が少ないらしく、しらすは大き目のものが少しあるだけでした。春シラスは4月からだそうで、訪れるならそのころがいいでしょうね。

Photo_2 通販では木箱入りで三千円代とかしますが、直売所ではパックの物がリーズナブルに購入出来ます。左の佃煮が400円、右の釜揚げしらすが600円也。佃煮には、当然のように添加物などは使われておらず、素材にも拘りがあるようです。ゴマと山椒の2種類ありますが、今回は山椒を購入。

Photo_3 早速、熱々のご飯にシラスとしょうゆをかけて頂きます。醤油はカネイワ醤油のものですから、和歌山の味の競演といったところでしょうか。この大きさのしらすだと、ご飯にかけるにはやや大きすぎな感じですが、ようくかき混ぜて熱を通すと柔らかくなり、食感が良くなりました。

それにしても、こんな大きなシラスなのに、嫌な風味がまったく無いのが凄いですね。しかも旨みたっぷりなのはもちろんなのですが、そのしらすを通過した醤油が、その旨みをすってなんともいえない美味しさになっているのです。これはたまらない美味しさで、ご飯がいくらあっても足りないですね。

佃煮はみんなで頂きましたが、そちらも抜群の旨さで、あっという間に半分になってしまいました。自然な風味の美味しさがたっぷりで、こちらもご飯が進んで困ってしまいます。

最近は、しらすというと西村物産ばかりでしたが、やっぱり山利も最高ですね。どちらも甲乙付けがたしといったところでしょうか。ただ、贈答に使うなら、見た目に豪華な木箱がある山利がいいと思います。佃煮も上品な味わいで、日持ちもしますし。

しかし、西村物産には太刀魚の料理などもあり、家で食べるものを買うなら、どちらにするか本当に迷ってしまいます。

山利

URL http://www.yamari.info/index.html

|

« 白いタイヤキ | トップページ | エルドールのチョコケーキ@和歌山市 »

お取り寄せグルメ」カテゴリの記事

コメント

しらすと言えば…


時々混じってる
鯵とか穴子の稚魚とか
タコとかイカとか
甲殻類の幼生とか


探し出すのが大好きですsmile


逆に混ざり物の無い
綺麗なしらすはツマランと思うぐらいw


ちなみにこれらの事を
「チリメンモンスター」
略して「チリモン」と言うらしいeye


ところであと1ヶ月ぐらいで
いかなご漁が解禁となります、多分。

うちの母親は毎年狂ったように
炊きまくりますcoldsweats01
けっこう評判が良いので
岡電さんにも是非いかなごのくぎ煮
ご賞味いただきたいな(*^ω^*)ノ彡

投稿: macha | 2009年2月14日 (土) 00時20分

チリモン、いいですね!!
なんかポケモンみたいで、面白い呼び名ですねhappy01
昔、ダイバスターという番組で、チリモンが可哀そうだから海へ返してあげる、なんていう下らない企画があり思わず笑ってしまった記憶がありますが…
それはさておき、確かにチリモンが入っているとなんだか当りを引いた気になってしまいます(^-^;

家でいかなごを炊くなんて、なんとも羨ましい話です。
和歌山では、家で梅酒を作る家は多いですが、いかなごはあまり聞かないですからね。
炊き立てのいかなごと、炊きたてのご飯なんかあったらもう…
体重がえらいことになりそうですpig

投稿: 岡電 | 2009年2月14日 (土) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/27944414

この記事へのトラックバック一覧です: 山利@和歌山市:

« 白いタイヤキ | トップページ | エルドールのチョコケーキ@和歌山市 »