« PLUMEでボジョレーヌーボー | トップページ | 那智黒と那智ねぼけ堂 »

熊野本宮大社と新宮 香梅堂の鈴焼き

 川湯温泉を後にして、熊野本宮大社にお参り。

Photo

Photo_2

朝早くで、まだ参詣者も少なく、参道のみやげ物店も閉まっています。鳥居をくぐり階段を上ると、桧皮葺の門が見え、その奥に社殿があるのですが、写真撮影は禁止。とても趣がある立派な社殿で、人気がないことも手伝ってなんともいえない厳かな雰囲気。

Photo_3 熊野大社は明治の大洪水で流され、今の位置に移されたそうですが、もとあった場所には大きな鳥居が建っています。大斎原(おおゆのはら)と呼ばれる中州に、遠くからでも見える巨大な鳥居。なんとも不思議な風情があります。

Photo_4 本宮大社周辺のお店はまだ閉まっていたので、新宮まで足を延ばす事に。嬉しい事に、お目当ての香梅堂は開店しています。まだ8時半なのに、と思ったら8時からの営業なんですね。店内は香ばしい匂いが立ち込めていてなんともいえません。しかし、一部出来上がっていない商品もあったので、全てが揃うのは10時くらいでしょうか。

Photo_5 それでも名物の鈴焼きはちゃんと出来上がっていました。大好物の鈴焼き、これが本当に旨い。軽やかな口当たりながらしっかりとコクがあり、甘さが程よくて心地いいのです。この上品な甘さは和三盆を使用しているからでしょう。

お土産に20個ほど入って315円の鈴焼きを5袋買いましたが、帰りの車中で一袋が無くなってしまいました。食べ始めると、やめられない止まらないで。これは今度からは10袋くらい買わないといけませんね。お土産にしても、一人一袋じゃ足りないと言われますから。賞味期限は5日ほどと短いですが、この鈴焼きにその心配はなさそうです。

Photo_6 どら焼きなどはまだ焼きあがっていなかったので、干菓子を購入。可愛い造詣の東は色とりどりですが、着色料はしっかり使用されています。岡田製糖所の和三盆を使用されているとあって、コクのあるとろけるような甘さは和三盆そのもの。

ただ、澱粉で固めているせいか口当たりはやや固め。味わいでは完全に岡田製糖所の和三盆の方が上ですが、お茶菓子として客に出したりするのは、華やかなこちらのものも捨て難いのかも。

やはり、南紀に来た時にこの店は外せませんね。今度行く時に鈴焼きを何個買うか、今から悩んでいたりするのです。電話での取り寄せも出来ますが、あの周辺の雰囲気がとても好きなのです。

熊野本宮大社

URL http://www2.ocn.ne.jp/~sanzan/NTTcontents/hongu/

香梅堂

住所 和歌山県新宮市大橋通3-3-4

TEL 0735-22-3132 

営業時間 8:00-21:00 日祝 8:30-17:30 不定休

|

« PLUMEでボジョレーヌーボー | トップページ | 那智黒と那智ねぼけ堂 »

お取り寄せグルメ」カテゴリの記事

和スィーツ」カテゴリの記事

和歌山の旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/25860493

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野本宮大社と新宮 香梅堂の鈴焼き:

« PLUMEでボジョレーヌーボー | トップページ | 那智黒と那智ねぼけ堂 »