« RAIKA 麗華(ライカ)でバイキング@岩出市 | トップページ | けむり屋@和歌山市 »

七八@和歌山市

 超が付くくらい久しぶりに、井辺の七八に焼肉を食べに行ってきました。

和歌山市井辺の松源近く、平屋のテナントが並んだ中に七八はあります。以前はカウンターだけの店で、駐車場も2,3台しか停められませんでしたが、拡張してテーブル席も出来、南側の交差点には専用駐車場も出来ています。

Photo_4 ここに来たら、ドリンクや牛刺しを注文した後は、ひたすら肉を焼いて食べるのみ。サイドメニューは他にワカメスープとご飯くらいのもの。写真はココロとタンの塩焼き。こちらのタンは他の倍ほどの厚さに切られていて、それがなんとも旨いのです。

手前に見えるのは塩ダレ。普通のタレもありますが、そちらはやや甘めでホルモン等にはこの塩ダレが合います。これでも甘いという方は、マスターに頼んで辛味噌を入れてもらうといいでしょう。

Photo_5 これは昔からの大のお気に入り、カッパです。牛の皮の内側の肉らしいのですが、これがなんとも言えない美味しさで。しかもこちらのカッパはこの肉厚で、歯応え旨味とも他の店のカッパとはレベルが違う感じ。これを食べると、カルビだロースだというのに興味が無くなってしまいます。

Photo_6 後は、ハラミを始め、ホルモン類オンリー。これにご飯やビールが異様に合うのです。しかもこのお店、肉だけでなく炭がまた上等なもので。店内に紀州備長炭の箱が置いていますが、見知った備長炭とはちょっと違う気もします。しかし、いい炭なのは間違いなく、火力香りとも申し分ありません。この炭がこちらの焼肉の美味しさに貢献しているのは疑いようのないところ。

こちらの御主人は、実は食肉の解体業もされているだけあり、出てくる肉はどれも間違いのないもの。単純に焼肉の美味しさだけでいうなら、やはり和歌山で一番のお店だと感じます。値段もたらふく食べて一人5000円ほどと、肉質を考えれば格安。

ただ、御主人は個性的で、万人受けするとは言い難いのも事実。根はとてもいい人なので、敬語のない和歌山弁の醍醐味を堪能出来るとも言えますが。そして、タレも甘めなのは前述の通り。

もし甘めのタレが苦手なら、塩焼きに出来るメニューも多いので、それで肉の旨味を堪能するのもいいでしょうね。ここのヒレの塩焼きなんて、ほんと下手なステーキ屋さんが裸足で逃げ出すほどの美味しさ。財布に余裕がある時にはお奨めです。

あと最近行かなかった理由には、サイドメニューの少なさもあるでしょうか。35を過ぎたくらいから、ひたすら牛肉を食べ続けるのはちょっときつくなってきました。途中ちょっと変化がほしくなったり、最後の締めに冷麺が食べたかったりするのです。肉質の良さと引き換えに、メニューが少なくなっている日やご飯が売り切れている日もあったりします。

なにはともあれ、旨い肉をたらふくリーズナブルに食べたい方には超オススメ。しかし、平均的なサービスを望み、多様なメニューを楽しむなら大谷の三楽がいいでしょう。注意点としては、週末は予約をした方がいいということと、売り切れの恐れがあるのでなるべく早い時間帯に行く事でしょうか。

客が少ない時にカウンターに座ると、御主人に焼き方を教わる事も出来ます。「焼きすぎや」とか「ホルモンは皮から焼くんや」としかられたのが昨日の事のようで、懐かしいのです。

七八

住所 和歌山県和歌山市井辺225

TEL 073-474-7429

営業時間 17:00-21:00 水曜定休

URL http://www.nanahachi1989.com/

|

« RAIKA 麗華(ライカ)でバイキング@岩出市 | トップページ | けむり屋@和歌山市 »

和歌山市の食べ歩き」カテゴリの記事

焼肉、焼き鳥他」カテゴリの記事

コメント

o(_ _)oペコッおひさ~!焼き肉ええとこあるんで一緒にいこら言うてんのに、いっこもお誘い無いでぶなー(*`ε´*)ノ 年内にはシOシのおっさん等といこか~
(o・ω・)ノ))

投稿: じゃんき | 2008年12月16日 (火) 02時07分

そら行きたいけど、麻雀の誘いしかないやんヽ( )`ε´( )ノ
ま、焼肉行ってもそれだけでは済まんやろけど┐(´д`)┌ヤレヤレ 

投稿: 岡電 | 2008年12月16日 (火) 07時13分

 あっ、七八にHPがあったんですねflair

 以前行った時、店内に値段表がないみたいだったのでちょっとドキドキしてしまいましたが、HPにはちゃんと書かれていますね。
 でもこのむちゃくちゃおいしそうなカッパは時価なのかな?

 個性的な店長、秋に行った時はカウンターでモクズガニをむさぼりながらニコニコしていましたが、それが印象的でした。
 怖そうに見えるけど、かなり魅力的なお方みたいですねcatface

投稿: 甕 | 2008年12月16日 (火) 09時08分

 コメントありがとうございます。

カッパの値段の詳細は分かりませんが、ホルモン系の値段からそう外れないと思われます。
ただ、カッパは無い日もあると思いますし、人気もあるので、やはり早い時間に行くのがいいでしょうね。

マスターは典型的な和歌山のおっちゃんで、女性にはとても甘いようですよhappy01

投稿: 岡電 | 2008年12月16日 (火) 21時12分

こんにちは。

前から行きたかった七八に、ここのコメントを参考にして、行って来ました。

残念ながら、カッパは無かったのですが、
オヤジさんをはじめ、お店の人はとっても親切で、おいしい炭火焼肉を満喫してきましたscissors

投稿: HIRO | 2009年2月24日 (火) 22時46分

コメントありがとうございます。

カッパ、次は是非ゲット出来るよう影ながら応援していますhappy01
親父さん、一見コワモテだけど、なかなか面白い人ですよね。
親父さんにHIROさんが気に入られた、というのもあると思いますよ。

投稿: 岡電 | 2009年2月25日 (水) 02時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/26189281

この記事へのトラックバック一覧です: 七八@和歌山市:

» 【オーストラリア】「ラクダを食べよう」 増え過ぎで苦肉の策 [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1229292531/ [続きを読む]

受信: 2008年12月17日 (水) 08時53分

« RAIKA 麗華(ライカ)でバイキング@岩出市 | トップページ | けむり屋@和歌山市 »