« 美濃鮨@白浜 | トップページ | 道の駅 奥熊野古道ほんぐうでお土産 »

道の駅 熊野古道中辺路その2

 連休で白浜あたりは凄い人出だったようですが、南紀も白浜以南は結構空いていて快適なドライブ。田辺から本宮の温泉郷までは国道311号線が整備されていて快走出来ます。旧道も併走していて酷道の名残を残していますが、昔はあんな道を走っていたのかと思うと、世の中便利になったものですよね。

Photo 311号線を走る時は、お気に入りの道の駅中辺路で一服。350円のミカンジュースは甘味と酸味のバランスが絶妙。500CCの瓶入りでお持ち帰りも出来ます。何故かゆで卵を付けてくれましたが、それもとっても美味しかったです。

大学ノートがテーブルに置いてあり、旅行者の書き込みがありますが、読んでみるとドリンクを注文するとなにかしらおまけが付いて来る事があるようで、なんだかとっても微笑ましいですね。試食のサンマ寿司も、自然で優しい風味でとても美味しかったです。

Photo_2 コメントで美味しかったと聞き絶対買おうと思っていた、あわよもぎ餅です。程よい甘味、粟が入っているおかげかもっちり柔らかな食感、きな粉の風味、時折感じるよもぎの葉のプチっとした歯応え、もうなんともいえない素朴で美味しいお餅ですね。他にもきび餅なんかもあり、そちらも今度は食べてみたいものです。

Photo_3 で、帰ろうとしたときふと目に飛び込んで来たのが、うめシャーベットの文字。前はよもぎアイスだけだったように思うのですが、これが追加されたようで、当然引き返して購入。黄色い粒々は、梅ジュースを作る時に出来る梅の果肉ですね。白い氷の部分にもしっかり梅の風味が生きています。

これがまた、暑い夏にぴったりのなんとも爽やかなシャーベット。和歌山では、多くの家庭で梅シロップや梅酒を作るので、ホームセンターやスーパーでも果実酒用の瓶が大量に並べられていたりするのですが、まさにあのおかんの梅シロップをそのままシャーベットにしたような雰囲気。あ~、これとよもぎアイス買いだめして持って帰りたいなぁ。今度来る時はクーラーボックス持って来ようかな...

と、今回も懐かしくもほのぼのした雰囲気で、やっぱりここはいい道の駅ですね。和歌山では、ここと明恵ふるさと館が、私のお気に入りのベスト1を争っているんですよね。

|

« 美濃鮨@白浜 | トップページ | 道の駅 奥熊野古道ほんぐうでお土産 »

和歌山県の食べ歩き」カテゴリの記事

道の駅」カテゴリの記事

コメント

 なぜだか私、オレンジジュースとゆで卵の組み合わせに、ただならぬ閃きを感じてしまいました。
 前世で好んで食っていたのだろうか?
 あわよもぎ~~ほんと、食べたくて仕方ないです。
 今度行ったら、他の餅も全種類試してみようかな。

投稿: 甕 | 2008年7月27日 (日) 16時51分

 コメントありがとうございます。

おお!閃きましたか!
最初出てきたときは、なんでジュースに茹で玉子って思いましたが、これがなかなかいい塩梅で(^^)
餅は私も全種類制覇したくて仕方ないんです。
今度行けるのがいつになるか分かりませんが、もう楽しみで楽しみで。
快適で比較的空いている311号線もいいですし、ほんとあそこをドライブするのはいいもんです。

投稿: 岡電 | 2008年7月27日 (日) 18時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/22559439

この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅 熊野古道中辺路その2:

« 美濃鮨@白浜 | トップページ | 道の駅 奥熊野古道ほんぐうでお土産 »