« 幸せを運ぶイエローパンプキン | トップページ | 道の駅 ふるさとセンター大塔 »

道の駅 熊野古道中辺路

 田辺から本宮に向かう国道311号線沿いには2つの道の駅があり、牛馬童子近くにあるのが熊野古道中辺路。牛馬童子といえば、最近頭部を壊されるという悲しい事があったばかり。史跡への落書きなど、こういうことをする人間の気持ちは到底理解出来ませんが、地元の方たちの事を考えると胸が痛むばかりです。

Photo 道の駅熊野古道中辺路は、駐車場20台ほどの小さな道の駅。これまた小さく可愛い施設には、牛馬童子ふれあいパーキングとあります。今となってはそれもなんだか悲しげですが、施設は地元の方の手作り品で溢れ、とてもいい雰囲気です。

Photo_2 小腹も空いていたので、めはり寿司とアイスを購入。めはり寿司は中身が鰹節ごはん(いわゆるネコマンマ)のタイプ。南紀では至る所でめはり寿司が頂けますが、中身がいろいろと変化にとんでいて面白いですね。これも一種のおにぎりのようなものなのでしょう。人により好みに合うものがきっとあるでしょうけど、私はこのネコマンマのタイプがとっても気に入りました。

アイスはなんとヨモギのアイス。地場産のアイスでもちろん無添加。食べてみると抹茶アイスのような感じで、とっても美味しいのです。ヨモギとアイスって合うんですね。ここではアイスが3種売られていましたが、他の2種は爽と王将アイス...なんだか不思議なラインアップですよね。

Photo_3 お土産にはヨモギ饅頭やクッキー等を。このヨモギ饅頭が旨かった。餅の部分がおはぎの様に米の粒が残っているタイプで、これが私の好みにぴったり。餅の食感、ヨモギの風味、しっとり甘さ控えめの餡子、どれをとってもジャストミートな感じで、感激の美味しさでした。

悲しい事件はあったけど、道の駅は地元の方の温かさに触れられるとってもいいところでした。

道の駅 熊野古道中辺路

URL http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/w07_kumanokodonakahechi/index.html

|

« 幸せを運ぶイエローパンプキン | トップページ | 道の駅 ふるさとセンター大塔 »

和歌山の旅」カテゴリの記事

和歌山県の食べ歩き」カテゴリの記事

道の駅」カテゴリの記事

コメント

 南紀に行ってまいりました。


 百間山渓谷に行こうとしたのに、どの道も工事で封鎖されていて行けず終いcryingカモシカにも会いたかったのに本当に残念です。


 中辺路でこの道の駅に立ち寄りました。

 岡電さんのエントリのおかげで私もよもぎアイスを食べることができましたが、非常においしくて母とふたり大喜びでした。
 よもぎの味と舌触り、アイスの食感…お土産にするのは無理でしたが、もし持って帰れるものなら絶対いくつか買ったと思います。
 これを食べてから牛馬童子に会いにいきました。しんどい道のりだったけど、アイスから得たエナジーで乗り切った次第。童子はあのシートをかぶった悲しい姿でしたけど…。

 アイスの他に私は「あわよもぎ」という名前で売られていた餅を買い、これも素晴らしい味わいでした。今回の旅で食べたもので、これが一番のヒットかも。
 餡などは何も入っておらず、もち米と粟とで作ったよもぎ餅に、きなこがかかっているだけの素朴なもの。あの食感、控えめな甘味と塩加減が絶妙で…。
 ほんと、近くで売っていたらしょっちゅう買いたいおいしさでした。


 岡電さんの道の駅ご紹介のお蔭で、いろいろ良いものに出会えましたlovely

投稿: 甕 | 2008年7月 9日 (水) 08時26分

 コメントありがとうございます。

そうですか、やっぱり牛馬童子はまだ痛々しいお姿だったのですね。
本当に心無い人がいるものです...

それでも、こんなブログでもお役に立てたのは嬉しい限りです。
本当にあの道の駅、近くにあったら毎日でも通いたいですよね。
あわよもぎなんて聞くと、また行きたくなってきてしまうじゃないですか(^^;;
そういう素朴な美味しさって、最近本当に嵌まってしまうんですよね。
でも、仕事が忙しいから次に行けるのはいつになるやら...

投稿: 岡電 | 2008年7月 9日 (水) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/22081061

この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅 熊野古道中辺路:

« 幸せを運ぶイエローパンプキン | トップページ | 道の駅 ふるさとセンター大塔 »