« いきなりの東京出張 | トップページ | 紀州応援酒場 三代目@和歌山市 »

東京出張その2

Photo 品川駅に着くと、すぐに高輪プリンスに。表彰式や内覧会が行われ、150インチのプラズマも展示されていたりしました。50インチテレビが9台分の広さの画面は大迫力。恐らく一千万円は軽く超える値段となるでしょうけど、これ家に置く人もいるんでしょうね。

Photo_3Photo_2  式典が終わると、お楽しみの夕食。1千人程の大宴会でしたが、そこはさすがに高輪プリンス。なかなか美味しい料理でした。でも、みんなお酒がメインで、宴の終了時には大量の食べ残しが。う~ん、もったいない。

食事の後は香西かおりさんのショーが。さすが、名の通った演歌歌手だけあり、なんともいえないオーラがありました。でも、知ってる歌は無言坂だけだったなぁ。最近、誰もが知ってる演歌の曲って少なくなってきましたね。

ショーのあとは2次会。会場には、またまた大量のバイキング形式の食事が。軽食と聞き、クラッカーやチーズみたいなのを想像していた私はびっくり。夕食であれだけ残っていたのにね。大食漢の私ならともかく、年輩の方が多いこの宴会で、こんなの余るに決まっているのにと、エコがテーマにしてはなんだかなぁな感じ。

Photo_4 今回は運転の心配もないので、ちょっと飲みすぎちゃってすぐに部屋でパタンキュー。朝からは、はとバスで東京観光。ほんと、いたれりつくせりですね。東京都内を走るバスの中から感じたのは、東京の緑の多さ。

大阪はもちろん、和歌山の市街地よりはるかに多く緑が溢れています。そういえば、宿泊した高輪プリンスも緑のスペースを大きく取っていました。帰りに大阪の環状線から見える景色は、やっぱり緑の少ない殺風景なものでした。

Photo_5

Photo_6

  なんて考えている間に、バスは柴又帝釈天に。寅さんの撮影現場の団子屋さんで草団子を買い、帝釈天の境内を散策。本堂の周りは彫刻で囲まれていて、これがなかなかのものでした。

Photo_7

Photo_8

  帝釈天を出ると、すぐ近くには寅さん記念館が。寅さんってあんまり見た記憶がないんだけど、記念館の展示物を見ると何故か懐かしい気分になるのが不思議。寅さん記念館のすぐ近くには山本邸があり、綺麗な庭園を眺めながら抹茶を頂きました。

Photo_13Photo_12  昼食は矢切の渡し近くの川甚で。一見、アラ炊きのように見えるのは鯉の煮物。これ甘露煮なんでしょうか、見た目と違い甘~いのです。醤油味が全くしなくてひたすら甘いのがなんとも言えないけど、こういう見慣れない味付けも旅の楽しみの一つ。

その他は、本当になんてことのない料理でしたが、100人規模の宴会にしては、応対も含め結構まともだったと思います。でも、鯉の洗いが下の氷にくっついて剥がれなかったのだけは、なんとかしてもらいたいところ。

Photo_9 柴又を出たバスは、一路浅草へ。五重塔や大きな本殿が立派な浅草寺を見学。おのぼりさん気分を満喫ですね。境内から仲見世通りにかけて、外人さんから修学旅行生まで、観光客でごった返しています。平日でこれなら、休日なんてどうなるんでしょうね。

Photo_10Photo_11 浅草寺といえばやっぱり雷門。本当なら、ここをくぐって境内に入るのでしょうけど、今回は逆でした。大きな提灯の下には、松下幸之助氏寄贈とのプレートが。松下電器主催の式典の、締めにはぴったりの観光となったのでした。

|

« いきなりの東京出張 | トップページ | 紀州応援酒場 三代目@和歌山市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 香西かおりさん、そう美人ってわけじゃないけど、雰囲気のあるいい女ですよね。

 都会のほうが街並み整備が行き届いて緑地が多いというのは、確かに言えてるかも。人工的な緑地であっても、周囲の自然との連続性を形成していれば、生物の生息環境として立派に機能するはず。施工にあたっては、樹種の選定などにきちんとした知識や計画性が必要かと思うけれど。
 和歌山は自然豊かなところですが、市内はちょっとねぇ…。和歌山城とか学校、公園、神社寺院など、点在するちっちゃな自然が貴重なオアシスですね。

 豪華三昧の招待旅行、うらやましい~。でもほんと、多すぎる料理はなんだかなぁ、ですよね。
 たまにヤボ用で私は、橋のたもとの岡電邸前を徒歩にて通るんですが、岡電さんらしき肉付きよい?人物は、まだ見かけたことがありません。

投稿: 甕 | 2008年6月13日 (金) 22時56分

コメントありがとうございます。

私は最近岩出での仕事が多いため、あまり市内にはいないんです。
でも、見てもあまり得になるようなもんではないし、今の季節だとちょっと暑苦しいかも(^^;;

料理はほんともったいなかったです。
エコが主題の会だったので、余計気になっちゃいました。
でも、本音はいっぱい残っているステーキの肉、持って帰って全部食べたい!だったんですけどね。


東京は、関西よりずっと環境意識が高いように感じました。
例えば、はとバスもアイドリングストップが徹底されていましたし。
和歌山市も、小学校併設の公園は結構あるんですが、緑に囲まれているという感じがあまりないんですよね。
岡公園くらいの緑があればいいとおもうのですが。
岩出市なんかになるとさらに無くて、子供や親子連れが散歩したりくつろいだり出来る場所がとても少ない気がします。
ちょっと車で走ればすぐ山、という環境ですので、わざわざという雰囲気があるんでしょうか...
せめて、紀ノ川の河川敷なんかをもっと整備してくれるといいのですけどね。


投稿: 岡電 | 2008年6月14日 (土) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/21596155

この記事へのトラックバック一覧です: 東京出張その2:

» 貴方のブログを知りたい人、読みたい人が待っています。 [1日15万人にメールを送る]
趣味に、ビジネスに、広く、多くの人達に知らせたい時、多くの同人を集めたい時、無料で、毎日15万人にメールを送れます。 もちろん、スパムや未承諾メールではありません。1円もかからず、独占メールが送れます。 [続きを読む]

受信: 2008年6月13日 (金) 10時19分

« いきなりの東京出張 | トップページ | 紀州応援酒場 三代目@和歌山市 »