« ふくろうの湯とフォルテワジマ | トップページ | 新鮮村とたけのこ »

きく その2@和歌山市

 前回は閉店間際であわただしい食事になったので、今回はゆっくり食事しようと早めにきくに。早い時間なので客は私達とあと一組だけでしたが、店内はすぐに賑やかに。相変わらずお店の方たちも元気一杯で、店全体に活気がみなぎっている様な雰囲気。

Photo_2 前回話を聞いてどうしても飲みたかった、いちごのチューハイ。知り合いからいただいたイチゴをジャムにして、それを使っているとのこと。自然な甘さでとてもいい味わいのチューハイでした。

帰りにもう季節が終わって使わないからと、イチゴジャムを頂きました。とても美味しいイチゴジャムでしたが、春の終わりを実感してしまってちょっと寂しい気分。

Photo_4Photo_3 左はカレー風味の三角のから揚げ。三角は鶏のしっぽの部分。コリコリの食感と程よい脂身、そしてカレーの風味がとても良く合っていました。右は肝の刺身。やや苦味がありますが、まるでカワハギの肝のような味わいで、これまた旨い。

Photo_6Photo_5 手羽先のから揚げは2種類ありますが、こちらはピリ辛のもの。漬け汁がとっても濃厚で、醤油がめっちゃ効いています。これはちょっと苦手な味でしたが、ビールなんかには合うでしょうね。

薄造りは量もたっぷりで、しっかりした歯応えと、噛めば噛むほど旨味が溢れる美味しい造りでした。

Photo_7 地鶏のメニューの中に、癒し汁というのがあり、気になって注文したのがこちら。鶏のスープに細かく砕かれた玄米と、鶏のミートボールが入っています。濃厚な穀物の香りで、やや好みは分かれそうですが、なるほどなんとも癒される優しい味わいでした。

Photo_8 最後は鶏のそぼろ丼でシメ。こちらの料理はどれも量感たっぷり。普通なら一人一杯ですが、2人で分けて丁度いいくらいでした。しっかりした味付けの懐かしい雰囲気のそぼろ丼。そういえば、そぼろ食べるの久しぶりだなぁ。

他にも串を一通り頂いて2人で12000円ほど。普通の人なら5000円前後というところでしょうか。活気があって、美味しくて、値段もほどほどで、なんともいい焼き鳥屋さんですね。

きく

住所 和歌山市新雑賀町45

TEL 073-423-5509

|

« ふくろうの湯とフォルテワジマ | トップページ | 新鮮村とたけのこ »

和歌山市の食べ歩き」カテゴリの記事

焼肉、焼き鳥他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/21211837

この記事へのトラックバック一覧です: きく その2@和歌山市:

« ふくろうの湯とフォルテワジマ | トップページ | 新鮮村とたけのこ »