« 石鯛の白子 | トップページ | 湯治場ゆうや@古座川町 »

葵茶や@串本

 弥栄鮓で美味しいお寿司を頂いたのが金曜日、そして土曜になると南紀に行きたいという欲求が沸々と湧いてきて、思わず宿に電話をしてのです。仕事が終わって高速をぶっ飛ばし、宿に着いたのが19時半。

Photo 宿泊先は、串本の葵茶や。橋杭岩のちょっと手前、国道沿いなので迷うことはありません。前が国道裏がJR紀勢線なので、夜12時くらいまではちょっとうるさかったけど、一泊2食付で6500円ですからね。しかも、繁忙期や一人でも変わらないのがいいところ。

Photo_2 夕食は、かつおの造りや天麩羅など。一階の食堂でいただきます。事前に予約をしていれば、ご主人が釣られた魚をいただけるそうなのですが、この日は当日予約ですから、かつおは冷凍で置かれていたもののようです。あと、天候の具合などで漁に出られない時などもあるそうですが、それは致し方ないですよね。

とはいえ、かつおは充分に美味しいものでしたし、きびなごの南蛮漬け風のものもとっても美味しくてご飯がすすんでしまいました。全体に味付けがさっぱりしていて、やや甘口なのがとても好みに合っていました。

Photo_3 1階には食堂の他に、居酒屋さんもあり、娘さんの手料理がリーズナブルな値段でいただけまじた。やはり、この日は漁に出ていないようで、メニューは少なめでしたが、美味しくて安くてなかなか楽しめました。食後にちょっと一杯なんてのには充分でしょう。

部屋は引き戸の畳部屋なので、周りの音はけっこう筒抜け。トイレは共同ですが、綺麗にされていて、洋風便器もありました。お風呂はシャワーこそ2つありますが、家庭用のお風呂そのものでした。ま、お風呂は明日の楽しみがありますので、これで充分なのです。

Photo_4 ぐっすり眠って朝はやっぱりJRの電車の音で起床(^^;;しばしまったりした後、朝ごはんを食べに。シンプルな朝ごはんですが、さんまの干物なんてさすがの美味しさ。そして、しじみの味噌汁が旨かった。白い泥臭さの無い身の大きいしじみで、とっても美味しかったのです。

シンプルだけど美味しい朝ごはんを頂いて元気いっぱい。次の目的地に向かって、宿を後にしたのです。カップルや家族連れには不都合もあるかも知れませんが、私にはとっても満足できる宿でした。素朴で美味しい料理と、6500円という格安の料金。もうそれで充分満足なのです。

お風呂にはシャンプーリンスもありましたし、洗面にはドライヤーもありました。バスタオルは歯ブラシとセットで200円の別料金。テレビは見放題ですが、エアコンはコイン式でした。浴衣が無いので、ラフに出歩けるものを用意した方がいいでしょう。後は、きちんと予約をした方が、より新鮮なお魚がいただけるのでバッチグ~ですね。

葵茶や

住所 和歌山県東牟婁郡串本町クジ野川1245

TEL 0735-62-1338

URL http://aoi-ajisai.main.jp/

|

« 石鯛の白子 | トップページ | 湯治場ゆうや@古座川町 »

和歌山の旅」カテゴリの記事

和歌山県の食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

 旅先での朝ごはんって、おいしくて私にはヤバいんです。
 前に串本の民宿で、あまりのおいしさに朝ごはんをおかわりしてしまい、そして昼、勝浦のまぐろを存分に食べられなかったことが…。
 食べるのが好きなのに、胃弱なのがかなしい。
 温泉レポ、楽しみにしています!

投稿: 甕 | 2008年5月31日 (土) 15時49分

 コメントありがとうございます。

あ!それ私もなんです!
ほんと民宿の料理ってご飯が進んで困ってしまいますよね。
おかげさまで、私の胃袋は鉄で出来ているようでどれだけ食べても、と思っていたらここんとこどうも調子が...
よる年波には勝てないのでしょうか(^^;;

投稿: 岡電 | 2008年5月31日 (土) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/21302310

この記事へのトラックバック一覧です: 葵茶や@串本:

» 財布とブランドと恋愛と [財布とブランドと恋愛と]
財布とブランドと恋愛と [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 00時58分

« 石鯛の白子 | トップページ | 湯治場ゆうや@古座川町 »