« 新福菜館と北海道物産展 | トップページ | ふくろうの湯とフォルテワジマ »

最近食べたラーメン

 小麦にバター、そしてマヨネーズまでいろいろと値上がりしていますが、和歌山のラーメンもその例に漏れないようです。

Photo ひさしぶりに丸平に行くと、100円値上がりしていました。たった100円だけど、500円台と600円台だと随分印象が違いますね。この日は特に醤油の味がきつくて、たっぷりの胡椒も相まってとても刺激的な味わいでした。

丸平だけでなく、井出やまるやまも値上げしたようですね。個人的には、和歌山ラーメンの良さはジャンクフード的なところにあると思うのですが、これ以上値上げされてしまうと、その良さがスポイルされてしまうように感じます。ワンコイン500円くらいが適正価格だと思うのですけどね。

Photo_2 丸高六十谷店は、私が行った時はまだ値上げはされていませんでした。丸高はアロチ本店が一番美味しいと思っていましたが、こちらもなかなかの美味しさ。臭みもそれほどないので、井出系よりも私には合っています。ただ、化調は結構使われているようで、後味が悪いのが難点でしょうか。

かわせ田尻店は、改装されて店内もやや広くなりました。相変わらずの固茹で、というより半生に近い太麺。化調も結構使われていますが、この麺のインパクトであまり感じずにすむように思います。いつもダブルを注文するので、スープが少ないのも一因でしょうけど。

まる竹福島店は、今一番好きな和歌山ラーメンのお店かもしれません。おかずが充実しているので、食事と、食後の一杯としてのラーメンが確立しているのがいいところ。カウンターのみの席は、常連さんで埋まっている時が多いので、一見さんはちょっと入りづらいかもしれませんが。

Photo まる宮も、中華そばというよりは中華料理屋さんといったメニューの豊富さ。舟津町と紀三井寺に店がありますが、やっぱり私は舟津町が好き。化調がほどほどで、こちらの方がさっぱりと頂けるのです。もう少し醤油辛さを抑えてくれればいいのですが、そうなるとジャンキーさも無くなるのでダメでしょうね。値段は600円でしたが、多分据え置きだと思います。

最後はダーツバーの奥さん達と、麺乃家さんへ。和歌山の人を連れて行くと、ここは評価が分かれるので心配でしたが、気に入ってくれたようで良かったです。和歌山ラーメンのジャンキーさに慣れた人には、ここのラーメンはピンと来ないようです。

私が好ましく思えない化学調味料も、それが効いていないと満足出来ないと言う人がいるのですから、人の好みも多種多様で面白いものです。そういう人からすれば、梅塩ラーメンなんて、たんなる塩味のお湯になるのでしょうが、あの奥深い自然な旨味が私はたまらなく好きなんですよね。

それにしても、ここの料理はどれも手間がかかっています。ここのラーメンなら、私は1000円だしても惜しくはないです。まだ値上げせずに頑張っていらっしゃいますが、どうか無理はしないで欲しいものです。

|

« 新福菜館と北海道物産展 | トップページ | ふくろうの湯とフォルテワジマ »

ラーメン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/21164215

この記事へのトラックバック一覧です: 最近食べたラーメン:

« 新福菜館と北海道物産展 | トップページ | ふくろうの湯とフォルテワジマ »