« わだきん@奈良県御所市 | トップページ | 大元@大阪府泉南市 »

長谷寺

 ちょっと怪しげな雲行きでしたが、一路長谷寺へ。4月下旬から、5月上旬まで、長谷寺では牡丹が身頃。若い頃はよく行きましたが、めちゃ久しぶりでどうなっているのか楽しみです。

Photo 駐車場に車を停め、参道を20分ほど歩くと立派な山門が見えます。参道沿いには、お土産物屋さんや屋台、飲食店が並び飽きる事がありません。しかし、10年前とは距離も疲れも2倍に感じて、歳を取ったことを感じずにはいられません。

Photo_4

Photo_3 山門をくぐってからも続く登廊(屋根つきの階段)に、やっぱ歳を取ったなぁとしんみりしちゃいましたが、牡丹の美しさは相変わらず。山門から本殿まで、数え切れないほどの牡丹が出迎えてくれます。黄色い牡丹なんてのもあるんですね。

Photo_4Photo_5 登廊を上がりきると、立派な本堂が。本堂には巨大な十一面観音立像があり、まさに大仏といった感じの迫力です。本堂は国宝だそうで、巨大な木造建築に舞台まであります。

Photo_6Photo_5  その舞台からは雄大な景色が望めます。正面には長谷寺の建造物や山々が、右手には五重塔が見えるのですが、見える木の多くが紅葉などの広葉樹なのです。ということは、秋の紅葉シーズンはきっと素晴らしい景色でしょうね。

今まで長谷寺というと牡丹のイメージしかありませんでしたが、歳を取って来てみると、それ以外の魅力も沢山あることに気づき、なるほどその歳なりの楽しみってあるんだなと感じたりしちゃいました。

Photo_7Photo_8  程よく歩きつかれたので、帰りはお土産を買ったり、一服したりしてゆっくり帰ることに。”抹茶いつかし”で、抹茶とグリーンティを頂きました。店内は、もうほとんどそのまま民家といった感じですが、庭や廊下はとても風情があり、普通の家とはちょっと違います。

普段はお茶の教室や、出雲人形の販売もされているようで、さすがにお茶は美味しかったです。向かいにもお茶屋さんがありますが、そちらも庭園の綺麗なお店だった記憶があります。

綺麗なもの、いいものを沢山見たり体験したりして、充実の2日間はあっという間に過ぎてしまいました。後は夕ご飯を食べて帰るだけです。

|

« わだきん@奈良県御所市 | トップページ | 大元@大阪府泉南市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/20905890

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷寺:

« わだきん@奈良県御所市 | トップページ | 大元@大阪府泉南市 »