« ももたろう@和歌山市 | トップページ | 美味しんぼと昔の思い出 »

なんとなく腹の立つ話

 学生の頃、私は中国が大好きな国の一つでした。三国志を読みふけり、孔子や孫子に憧れ、いつかは黄河や万里の長城を見、成都で麻婆豆腐を食べるのが夢だったりしたものです。

でも、最近の中国はあきらかにおかしい。もう可愛さあまって状態で...なんだか、餃子問題もうやむやになりそうで、天洋食品に至っては、我々こそ被害者だと居直る始末。いやいやいや、被害者は食中毒で入院した人でしょう。そこに触れずにその発言は...

一部を除き、マスコミも自衛隊を叩くようには報道出来ていないようで。でも、これうやむやにされると、消費者の中国食品離れがますます進んでしまうような気もするんですけどね。災い転じて、これが日本の食を見直す機会になればいいのですが...

それにしても生協は、安心安全を謳うならもう少し食品会社選びを見直したほうがいいんじゃないでしょうか。ミートホープの記憶が覚めやらぬ間にこれでは、安全性に疑問を持たれても仕方ないでしょう。

それに、マスコミが消費者の責任を訴えないのもおかしいですよね。消費者=視聴者ということで遠慮してるのでしょうか。結局、安い中国製品を選んでいるのも消費者であり、一連の偽装事件も、安いものを追い求める消費者にも責任があるのは明らかなのに。

と、思っていたところ、新しく出た美味しんぼで丁度いい話が載っていましたので、次回はその話を。

|

« ももたろう@和歌山市 | トップページ | 美味しんぼと昔の思い出 »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/10845137

この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく腹の立つ話:

« ももたろう@和歌山市 | トップページ | 美味しんぼと昔の思い出 »