« 丹波の黒豆のお菓子 | トップページ | パスティチュリア デリチュース@箕面市 »

ボンヴィラージュ・オゼ@大阪府岸和田市

 久しぶりにマスター家族と食事に。マスターの友人さんも交えて、岸和田にフレンチを食べに。ボンヴィラージュ・オゼというレストランで、樽井に本店があり、その息子さん2人がこちらを任されているそうです。

ディナーコースは2700円からとリーズナブル。一番高いコースでも7300円です。一番人気は3800円のAコースのようですが、この日はちょうど春の特選コースがあり、6300円でした。私とマスターは春の特選コースを、他の人はAコースを頂くことに。

Photo 特選コースにはアミューズとフォアグラが付きます。アミューズは、ツブ貝等を貝殻のような形のパスタで包んだもの。皿の右下の茶色いものはカレー塩で、好みに応じてかけて下さいとの事。貝類は新鮮で、カレー塩との相性も抜群。

Photo_2 前菜は、桜鯛と野菜のテリーヌ。野菜は貝塚の契約農家のもの、魚介類は地物との事。こちらの野菜は本当に美味しくて、野菜があまり好きでない私でもパクパクといただけちゃいます。ちょっとテリーヌというには崩れやすくやや食べにくいのが難点でしたが、野菜と鯛とジュレのコンビネーションは抜群で、とても美味しかったです。

Photo_3 フォアグラのソテー、カルボナーラ仕立てのアスバラ添えです。フォアグラは、やや血生臭さはありましたが、ソースの美味しさが旨くカバーしてくれていました。極太のアスパラがこれまた美味しくて、濃厚なフォアグラと良く合うんです。

Photo_4 スープはあさりのスープです。これは私の大好きな味。前菜は薄味でしたが、このスープはしっかり濃厚な味付けで、このメリハリがまたいいですね。あさりの風味もしっかり活きています。Aコースのスープはキャベツのスープでしたが、土の香りがそのまましてきそうな、初春にぴったりの美味しいスープでした。

Photo_5 魚料理は、舌平目をキャベツで包んだもの。上の黒いのはキャビアです。泡だったソースは海老を使ったものだそうですが、生臭さもなくクリーミーな美味しいソースでした。

それにも増して、キャベツが美味しくて柔らかくて、魚料理でしたが主役はキャベツと言ってもいいくらい。下にはホタルイカが隠されていて、それがまた味わいに華を添えていました。

Photo_7 肉料理は、私はフィレステーキを頂きました。Aコースだとこの料理は割り増しとなりますが、特選コースですとそれはありません。フィレ肉にしては筋張っていてやや固かったのですが、肉の味わいはしっかりしていました。ジャガイモのピュレとソースが相性良く、これまた美味しかったです。

Photo_6 こちらは看板メニューの茶美豚の香りパン粉焼き。一つだけ分けていただきましたが、これがなんとも言えない旨さ。柔らかくて肉の味が濃厚で、それに細やかなパン粉が絶妙に合うんです。

さすがに看板メニューというだけあります。次に来たなら、牛肉より絶対こっちですね。料金もこちらの方が安いですし。こちらのパンは自家製だそうですが、料理と合わせてもそれだけでも美味しいもので、ついつい食べ過ぎてしまいここまでで結構満腹。

Photo_9 それでもデザートが来るともう別腹が作動しちゃうんですよね(^^;;苺とシャンパンのムースの下にはジェラートとプリンが隠されています。それらをさっくり混ぜていただくのですが、シャンパンの風味がなんともいえないですね。苺の甘さと酸味のバランスも丁度良くて、これは美味しいデザートです。

この後紅茶とお茶菓子をいただいて締め。いやぁ、美味しくてボリュームたっぷりで大満足。3時間近くの時間があっという間に過ぎ、こんな贅沢な気分がこれだけリーズナブルに味わえるのですから、人気があるのも頷けます。歳を取ると、野菜が美味しい店にはどっぷり嵌ってしまいますね。

ボンビラージュ・オゼ

住所 大阪府岸和田市田治米町140-1

TEL 072-441-1641

営業時間 11:30-14:00 17:30-21:00 月曜定休

URL http://bonvillage-oser.com/top/contents/contents.htm

|

« 丹波の黒豆のお菓子 | トップページ | パスティチュリア デリチュース@箕面市 »

フレンチ、イタリアン」カテゴリの記事

関西の食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいお料理ですね
美味しそうですね

素敵なレストランとの出会い嬉しいものです、

投稿: ryuji_s1 | 2008年3月31日 (月) 08時56分

コメントありがとうございます。

仰るとおり、いいレストランとの出会いは人生に華を添えてくれます。
そちらのブログも拝見させて頂きましたが、なんだかとっても料理がしたくなってきました。
自分で作った料理が美味しいと、これまた嬉しいものですよね。

投稿: 岡電 | 2008年4月 1日 (火) 05時09分

コメントありがとうございます。

仰るとおり、いいレストランとの出会いは人生に華を添えてくれます。
そちらのブログも拝見させて頂きましたが、なんだかとっても料理がしたくなってきました。
自分で作った料理が美味しいと、これまた嬉しいものですよね。

投稿: 岡電 | 2008年4月 1日 (火) 05時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/11980226

この記事へのトラックバック一覧です: ボンヴィラージュ・オゼ@大阪府岸和田市:

« 丹波の黒豆のお菓子 | トップページ | パスティチュリア デリチュース@箕面市 »