« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

ボンヴィラージュ・オゼ@大阪府岸和田市

 久しぶりにマスター家族と食事に。マスターの友人さんも交えて、岸和田にフレンチを食べに。ボンヴィラージュ・オゼというレストランで、樽井に本店があり、その息子さん2人がこちらを任されているそうです。

ディナーコースは2700円からとリーズナブル。一番高いコースでも7300円です。一番人気は3800円のAコースのようですが、この日はちょうど春の特選コースがあり、6300円でした。私とマスターは春の特選コースを、他の人はAコースを頂くことに。

Photo 特選コースにはアミューズとフォアグラが付きます。アミューズは、ツブ貝等を貝殻のような形のパスタで包んだもの。皿の右下の茶色いものはカレー塩で、好みに応じてかけて下さいとの事。貝類は新鮮で、カレー塩との相性も抜群。

Photo_2 前菜は、桜鯛と野菜のテリーヌ。野菜は貝塚の契約農家のもの、魚介類は地物との事。こちらの野菜は本当に美味しくて、野菜があまり好きでない私でもパクパクといただけちゃいます。ちょっとテリーヌというには崩れやすくやや食べにくいのが難点でしたが、野菜と鯛とジュレのコンビネーションは抜群で、とても美味しかったです。

Photo_3 フォアグラのソテー、カルボナーラ仕立てのアスバラ添えです。フォアグラは、やや血生臭さはありましたが、ソースの美味しさが旨くカバーしてくれていました。極太のアスパラがこれまた美味しくて、濃厚なフォアグラと良く合うんです。

Photo_4 スープはあさりのスープです。これは私の大好きな味。前菜は薄味でしたが、このスープはしっかり濃厚な味付けで、このメリハリがまたいいですね。あさりの風味もしっかり活きています。Aコースのスープはキャベツのスープでしたが、土の香りがそのまましてきそうな、初春にぴったりの美味しいスープでした。

Photo_5 魚料理は、舌平目をキャベツで包んだもの。上の黒いのはキャビアです。泡だったソースは海老を使ったものだそうですが、生臭さもなくクリーミーな美味しいソースでした。

それにも増して、キャベツが美味しくて柔らかくて、魚料理でしたが主役はキャベツと言ってもいいくらい。下にはホタルイカが隠されていて、それがまた味わいに華を添えていました。

Photo_7 肉料理は、私はフィレステーキを頂きました。Aコースだとこの料理は割り増しとなりますが、特選コースですとそれはありません。フィレ肉にしては筋張っていてやや固かったのですが、肉の味わいはしっかりしていました。ジャガイモのピュレとソースが相性良く、これまた美味しかったです。

Photo_6 こちらは看板メニューの茶美豚の香りパン粉焼き。一つだけ分けていただきましたが、これがなんとも言えない旨さ。柔らかくて肉の味が濃厚で、それに細やかなパン粉が絶妙に合うんです。

さすがに看板メニューというだけあります。次に来たなら、牛肉より絶対こっちですね。料金もこちらの方が安いですし。こちらのパンは自家製だそうですが、料理と合わせてもそれだけでも美味しいもので、ついつい食べ過ぎてしまいここまでで結構満腹。

Photo_9 それでもデザートが来るともう別腹が作動しちゃうんですよね(^^;;苺とシャンパンのムースの下にはジェラートとプリンが隠されています。それらをさっくり混ぜていただくのですが、シャンパンの風味がなんともいえないですね。苺の甘さと酸味のバランスも丁度良くて、これは美味しいデザートです。

この後紅茶とお茶菓子をいただいて締め。いやぁ、美味しくてボリュームたっぷりで大満足。3時間近くの時間があっという間に過ぎ、こんな贅沢な気分がこれだけリーズナブルに味わえるのですから、人気があるのも頷けます。歳を取ると、野菜が美味しい店にはどっぷり嵌ってしまいますね。

ボンビラージュ・オゼ

住所 大阪府岸和田市田治米町140-1

TEL 072-441-1641

営業時間 11:30-14:00 17:30-21:00 月曜定休

URL http://bonvillage-oser.com/top/contents/contents.htm

| | コメント (3) | トラックバック (0)

丹波の黒豆のお菓子

 展示会もおかげ様で盛況のうちに終わりましたが、会場内で丹波篠山の物産店が出ていました。

Photo そこで黒豆のお菓子2種を購入、みんなで頂きました。左は、黒豆きな粉菓子。見た目も味わいも、いぜん福井で出会った豆らくがんそっくり。甘さはこちらの方がやや強く、口当たりも柔らかい印象。コーヒーやミルクに溶かしても頂けるようですので、そのあたりも考慮しての味付けなのでしょうか。黒豆のきな粉と砂糖だけの、素朴で味わい深い一品でした。

右は、黒豆と砂糖だけを使用したしぼり豆。心地よいさっぱりとした甘味と、黒豆の風味が最高。とても優しい味わいで、子供のおやつにも最適と一瞬思いましたが、これで500円もするのですから、子供には贅沢ですね。

これらのほかに、おかきや甘納豆もありましたが、丹波篠山には結構いろいろ黒豆のお菓子が売られているようです。きな粉菓子も今回頂いたメーカー以外からも出てるようですし。

遠い親戚が福知山在住で、毎年枝豆や栗や松茸を送ってくれることもあり、丹波篠山地方は大好きな所の一つでもあるのです。今回美味しいお菓子をいただいて、丹波への旅情がとってもかきたてられてしまいました。

小田垣商店(しぼり豆のメーカー)

URL http://www.odagaki.co.jp/tanba/b/b.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

たかだ@泉佐野

 久しぶりに友人と、泉佐野のたかだへ。店内はいつもながらの盛況ぶり。老若男女、地元の人で溢れかえっている雰囲気がいいですね。

Photo 泉州といえば玉葱、という訳で焼きたまねぎです。大きな玉葱のスライスは、焼肉のタレのような味付け。さすがに玉葱の名産地だけあって、甘味がありほっこりした、本当に美味しい玉葱。ボリュームも抜群で、これで280円は安いですね。

Photo_2 続いて、泉佐野で揚がった、がっちょのから揚げ。小さな魚は、背骨から松の葉のように切り分けられています。このから揚げがまた美味い。小さな体からは想像出来ない程、旨味がぎっしり詰まっている感じで、一人で一皿いってしまいそうな勢いでした。

Photo_3 こちらはハタハタの塩焼きです。以前岩出で食べた時にあんまり美味しかったので、今回も注文してしまいました。ところが、こちらはちょっと水っぽくてもう一つ。ここでは、やはり地の魚を頼むのが一番だな、と思ってしまいました。

Photo_4 お寿司は、アナゴとブリ。どちらも手ごろな値段ながら、しっかりと美味しいお寿司です。アナゴはとろける様な口当たりがいいですね。ブリは天然ものというだけあって、脂が乗っているのに臭みが無い、旨味のしっかりしたもの。

他にもたっぷりいただいて、一人4500円ほど。一品が安く、量もほどほどなので、いろいろなメニューをいただけるのがいいですね。若い店員さんの活気も良く、気持ちよく美味しい料理をいただけるいい居酒屋さんだなぁと、改めて感じました。

居酒屋・季節料理 たかだ

住所 泉佐野市大西1-13-29

TEL 072-463-6763

営業時間 17:00-翌1:00

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すっぴんゼリーと和歌山のみかんジュース

 マリーナシティの黒潮市場の前に、わくわくばたけというファーマーズマートがあります。ここには私の大好きなすっぴんジュースがあるのですが、そのゼリーも売っていました。

Photo 中にはミカンの果肉がちりばめられており、見るからに美味しそう。添加物は果糖のみ。一口食べるとその食感にびっくり。寒天が使われているからでしょうか、とろっとでは無い、儚く崩れていくような食感が秀逸。

しっかりした甘さと、ほのかに効いた苦味や酸味もすっぴんジュース譲りの味わい。315円と、これまた少々お高いですが、それ以上に価値あるゼリーだと思いました。

Photo_2 わくわくばたけには、他に味一しぼりというジュースも販売されていました。こちらは以前近鉄でも購入したものの、200ml版。隣のすっぴんジュースも190mlのもので、どちらも315円だったように思います。

味一しぼりは、ストレートみかんジュースの中では和歌山でおそらく一番手に入りやすいと思われます。近鉄やここの他、MESAというスーパーや、阪和道の吉備湯浅インター(下り)のファミマでも売られていました。

味一しぼりは、以前のものよりさらに甘さが増していたような感じ。私が今まで飲んだ100%のみかんジュースの中でも一番の甘さではないでしょうか。ただ、甘さが強すぎて、苦味や酸味があまり感じられなかったのが残念。

今まで何度か飲んだのですが、甘さなどの違いが結構あるのも評価の難しいところ。いい方に解釈すれば、より自然な素材だけを使っているので、時期やみかんの個体差で味わいに差が出るということでしょうか。

というわけで、やはり私が一番好きなのはすっぴんジュースとなりました。みったんも味一しぼりも、相当な美味しさだったのですが、しっかりした甘さととろみ、酸味や苦味などが全て高レベルでバランスしているのはすっぴんジュースだけだったと感じました。

わくわくばたけ

URL http://www.marinacity.com/wakuwaku/index.html

味一しぼり

通販URL http://wiwi.co.jp/vwakayama/wiwi/EJBController

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とれたてみったん@小原久吉商店

 先日、友人とすっぴんジュースの話をしていたら、同じくらい美味しくて萌えキャラが特徴的なジュースがあると聞き、早速ネットで検索。どうやら、それはとてたてみったんというキャラで、秋葉原にも展開しているそうな。他にも和歌山には、びんちょうタンというキャラもいるみたい。

62d00 備長炭を頭に載せた、ちょっとクラクラするようなキャラがびんちょうタン。これは南部町にある看板だそうで、れっきとしたみなべ川森林組合の公式キャラとなっているようです。TBS系でアニメ化もされているようですが、どうもアニメが先で、後にみなべ町に採用されたみたいです。

Photo で、こちらが今回本題のとれたてみったん。ジュース1本とゼリー5つだけの取り寄せだったのですが、なんとも立派な箱に入れられてきました。おまけにシールが2枚あり、写真がそのとれたてみったんなのです。いわゆる萌え系というものなのでしょうが、私はさっぱり興味がないのでなんともいえません...いやほんと興味が...でも、シールのおまけは結構嬉しかったり...よく見るとなんとなく可愛く思えてきたり...う~んやばいやばい...

Photo_3 と、現実に戻って、こちらが本題のとれたてみったんみかんジュース。隣のシールは”めいどいん和歌ちゃん”という、これまたなキャラ。和歌山の美味しさ直送便という言葉がなんともいいですね。

早速冷やしてのんでみると、みかんの甘さがガツンとくる美味しいジュース。ややとろみがあり、酸味や苦味もしっかり効いています。ちょっと水っぽい気もしましたが、間違いなく美味しいジュースです。1050円といいお値段ですが、その価値は充分にあると思いました。

Photo_4 こちらはとれたてみったんみかんゼリー。1個315円と、こちらもなかなかのお値段。中にはミカンの実も入っています。添加物にゲル化剤や酸味料があるのがちょっと残念。

でも、とろけるような口当たりや、みかんそのものの美味しさが充分味わえるのがいいですね。ジュースと同じく少し水っぽいのと、酸味がやや過剰なのがマイナスポイントでしょうか。

Photo_5 こちらはおまけに付けてくれていた、ゆあさいだあ。湯浅だからゆあさいだあ、駄洒落ですね。こういうの嫌いじゃないです(^^;;こちらにもなにやら描かれていますが、名前はもう分かりません。

サイダー自体は、とってもさっぱりとした後口の爽やかなもの。市販のものに比べて、添加物が最低限ですので、それがこのさっぱりした味わいに繋がっているのかもしれません。

と、萌えキャラに目がいきがちですが、それぞれの商品はとても真面目に作られた印象のある、なかなか美味しいものばかりでした。老舗の醤油メーカーの新しい挑戦に、思わずエールを送りたくなってしまいました。伝統を頑なに守るのはとても尊い事ですが、こういう思い切った挑戦をするのも勇気のいることだと思います。頑張って和歌山の名物になってほしいものです。

小原久吉商店

URL http://www.yuasashoyu.com/

みなべ川森林組合

URL http://www.kishu-binchotan.jp/minabe/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるか@ふうの丘

 久しぶりに、ふうの丘に買い物に。友人にふうの丘の話をしたら、なんとその友人も大のお気に入りだそうで、よくお母さんを連れて買い物に来るのだそうな。その友人が薦めてくれたのが、”はるか”という果物。

Photo 見た目はレモンのような雰囲気。皮は厚く固いので、包丁で切り分けてみると、果肉はグレープフルーツのような色合いで、やっぱり酸っぱそうです。ところが、口に含んでびっくり、全くと言っていいほど酸味が無いのです。

そして、甘さが強いのですが、その甘さが上品で後口が非常に爽やかなのが最高。なんでも日向夏から生まれた新しい品種だそうで。これは、新しい和歌山の名物になりそうな、そんな予感さえさせてくれる味わいでした。

それにしても、やっぱりふうの丘はいいですね。駐車場との間の倉庫のような所では、朝市のような野菜売り場があり、そこの野菜は美味しくて安いと友人が言っていました。今度はそれに間に合うように行ってみたいと思います。

ふうの丘

URL http://www.kinokawa.or.jp/hp-3fuu.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺乃家さんのカレーラーメン

 きんせいのカレーラーメンを食べたら、急に麺乃家のカレーラーメンも食べたくなり、最近では珍しくはしごしちゃいました。前から気になっていたんですが、まだ食べたことが無かったんですよね。

Photo 少し辛めのスパイシーなカレーラーメンは、きんせいとはまた風味が違い、こちらはどちらかというとカレーうどんに近い雰囲気。友人も私も、一杯のラーメンとしてみたら、きんせいの方が好みでしたが、ご飯との相性はこちらの方が合っているように思えます。

麺はやや太めで、スープをよく絡めてくれるのも、ご飯との相性の良さに一役買っている感じ。お昼ごはんに、この組み合わせはぴったりで、ほんと近くにあったら週2,3回は通いたくなるでしょうね。

今回は久しぶりに2軒はしごをしてしまいましたが、どちらも本当にいいお店。現状のままでもめっちゃ美味しいのに、より美味しいものを追求している姿勢には頭が下がる思いです。ここらへん、和歌山のラーメン屋さんにも見習ってほしいところなのですが...

麺乃家

住所 大阪市中央区上本町西5-1-6

TEL 06-6761-9117

営業時間 11:30-14:30 18:00-23:30 日祝は22:00まで

月曜、第3火曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きんせいの新作ラーメン

 ROLLにロールケーキを買いに行ったということは、もちろん近くのきんせいさんにも行ったのですが、今回も新作ラーメンがあり、がっつり頂いてきました。

Photo ご店主が、和歌山車庫前中華を意識されたという、その名も中華そば。とはいえ、そこはきんせいのラーメン、あっさり上品な中にも奥深いコクがあるのがいいですね。これなら和歌山でも受けるかなぁと仰っていましたが、う~んどうなんでしょう。和歌山ラーメンのジャンキーな雰囲気とはまた違うと思うのですが...ま、そんな事は関係なしに、とっても美味しい1杯でした。

Photo_2 こちらはカレーラーメン。今回も期間限定で、今週中にはもうカレー粉が無くなってしまうそうです。前回とは違うカレー粉を使用されているそうですが、今回も最高の美味しさ。スパシーな風味ながら、程よくマイルドで、本当に完成された味わい。やや平たい麺が、これまたカレー味のスープをよく絡めて、それがまたいい塩梅なんです。

Photo_3 こちらは、この日偶然にも限定で出されていた、アゴ出汁のラーメン。アトとはトビウオのことです。奥さんは、「もうやめて~ってくらいアゴを使うのでびっくりした」、と笑っていましたが、これはもう私もびっくりするくらい上品で奥深い味わいでした。

これ、定番化してくれたら嬉しいんですけど、間違いなく採算は取れないでしょうね。それにしても、やっぱりきんせいさんには油断が出来ませんね。こんな美味しい限定ラーメンを食べてしまうと、月1回じゃ足りなくなってしまうじゃあ~りませんか(^^)

で、美味しかっただけで終われば良かったのですが、気になることも一つ。ご店主さんがブログで書かれていたのですが、小さなお子さんが走り回ったりして困る事があるとのこと。

そういえば、空心さんもお子さん絡みのトラブルが原因で、小さな子供連れはお断りしていると聞きました。熱々の料理を取り扱うお店では、子供を野放しにされるとどんなトラブルがあるか分かりませんからね。マナーのきちんとした家族連れまで入店出来ない、なんてことにならないよう、そこらへんは是非とも気を使って頂きたいものです。

彩色ラーメン きんせい

住所 高槻市栄町2-19-7サカエ第5ビル

TEL 072-696-2448 月曜定休 木曜夜と第1日曜

11:30 ~ 14:00 18:00 ~ 21:00

URL http://www7a.biglobe.ne.jp/~kinsei/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エルドールのチョコタルト

 前回、ROLLのロールケーキをいただいて、改めてロールケーキって奥が深いなぁと感じたのですが、和歌山ではここが一番と思っているのがエルドール。

Photo イチゴとキャラメルショコラのロールケーキ。キャラメルショコラは、文字通りキャラメルの風味が印象的な、濃厚なロールケーキ。好みがちょっと分かれそうな風味です。イチゴのロールはやっぱり最高の美味しさ。

きめ細かな生地と美味しい苺、そしてミルク感たっぷりの爽やかな生クリーム。ROLLのロールケーキを頂いた後でも全然負けていない、関西レベルのケーキだと改めて感じました。値段は1本1600円と高めですが、素材の良さや手間を考えると充分納得できるものです。

Photo_2 こちらはチョコレートのタルト。前回、りんごのタルトを頂いたときは、やっぱりタルトはケイトシーだなぁ、と思ったのですが、このチョコタルトはそれを覆す美味しさ。とにかくチョコが濃厚で滑らかな口当たり。それでいて甘さは丁度いい塩梅なのです。

この時買った、チョコのマドレーヌもしっとりとしたとても美味しいものでしたので、こちらのチョコ系のスィーツは要注目ですね。ホワイトチョコのロールが一番人気とのことですので、ますます食べたくなってしまいました。

エルドール

住所 和歌山市土入121-12  

TEL 073-455-7281 

営業時間 10:30-18:00 日、月定休

URL http://www.jtw.zaq.ne.jp/aile-dor/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

できたてのロールケーキ ROLL@高槻市

 以前、きんせいにラーメンを食べに行った折、ロールケーキの話題になり、「近くに美味しいロールケーキの店がある」と、マスターから伺いました。きんせいには夜行くことが多く、なかなか機会が無かったのですが、今回やっと行くことが出来ました。

Roll_2Roll2_2 商店街の中にある、小さな可愛いお店がROLLです。販売されているのはロールケーキのみで、ホワイト、ココア、抹茶、黒糖の4種があり、前2つは840円、後ろ2つは1260円です。今回は、ホワイトとココアの2種を購入。

Roll3_2 こちらは定番のホワイト。たっぷりの生クリームとスポンジだけのシンプルなもの。この生クリームのミルク感が凄い。これは、堂島ロールを抜いて今まで一番のミルク感。もう牛乳をそのままクリームにした感じ。

これに、目の粗い軽やかでしっとりしたスポンジが合わさるのですからもう最高。それでいて、食べた後どっしりとした満足感があるのもいいですね。ただ、このミルク感がちょっと苦手な人もいるかもしれません。

Roll4_2

そんな人にはこちらのココアがいいのかもしれません。香ばしいココアの風味で、クリームがそれほど立たず、全体にマイルドな感じ。逆に言えばミルク感が損なわれているわけで、ホワイトの方が生クリームがしっかり味わえていい、という人が多かったのも確かです。

それにしても、これだけ美味しくて満足感たっぷりにのロールケーキが840円とは、抜群のコスパですね。私が今まで食べたロールケーキの中でも、間違いなくトップクラスです。今度、お気に入りのロールケーキを並べて、食べ比べなんてしてみたいなぁ...

今回、本来なら4本購入のはずだったのですが、オーブンの不調とかで2本になっちゃいました。3月14日のお返しにと予定していたのですが、携帯番号を伝えていたのに連絡も無く、その点はとても残念でした。ただ、その後の対応は親身で温かく、おかげで気持ちよくいただくことが出来ました。こういうところは、客商売をしている私も見習わなくてはいけませんね。

それにしてもさすがきんせいのマスター、いいお店を知っているじゃあ~りませんか。

※ 予約は必ず入れておいたほうがいいでしょう。

できたてのロールケーキ ROLL

住所:高槻市川添2-1-3

電話:072-694-6109

営業時間:10時~19時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まったりプリン

 阪和道で和歌山に帰る途中、岸和田サービスエリア(下り)で一服。売店をうろちょろしていると、350円と、こういうところで売っているにしては結構お高いプリンが。

Photo まったりプリンという名のプリンは、上沼恵美子さんのテレビでも紹介されたそうです。特徴的なのはカラメルが無いこと。食感は、文字通りまったり。なめらかプリンとも違う、まったりした感じは、プリンというよりは、ババロアのような感じ。甘さは丁度いい塩梅で、上品な甘さ。

確かに美味しいんだけど、私がプリンに求めているものとはちょっと違うかなぁ。めちゃくちゃ美味いというほどでは無かった、というのが正直なところ。とはいえ、サービスエリアで気軽に買え、かつ無添加のプリンですので、気になる方は買ってみて損はないんじゃないでしょうか。

関西では岸和田の他に、天理(上り)、香芝(下り)のSAでも購入出来るようです。

まったりプリン

URL http://www.gansopurinya.com/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

あらぎ島と道の駅 しみず

 道の駅 明恵ふるさと館から更に高野山方面へ向かうと、二川ダムを過ぎやがて清水町に。

Photo_4 ダムを過ぎてしばらく走ると、あらぎの里という施設が見えてきます。一見道の駅のようですが、そうではないよう。駐車場は広く、施設も立派で綺麗です。中に入ると、自家製の豆腐やこんにゃく、紀州鶏などが販売されていて何を買おうか迷ってしまいました。地元の美味しいものや工芸品が沢山あり、私の一番好きなタイプの施設です。豆腐と玉子をお土産にしましたが、どちらもとても美味しかったです。

Photo

その、あらぎの里から旧道を上がっていくと、あらぎ島が見えてきます。周辺にも綺麗な棚田がありますが、こちらはさすが棚田100選に選ばれただけあり、とても壮観な眺め。田植えの季節から、収穫期にかけてが一番いいのでしょうけど、今のこのちょっと侘びしい雰囲気もいいものです。

ただ、この展望台の下にゴミが散乱していたのはどうにかならないものでしょうか?こんな綺麗な風景を見ながら、ゴミを撒き散らす人の気がしれません。その量からしても相当数の人のゴミであるのは明らかで、愚かな人の多さにちょっと悲しくなってしまいました。

Photo_3  あらぎ島を過ぎると、大きなスポーツ施設も併設された道の駅 しみずがあります。駐車場は広大で、施設も立派。でも、ただそれだけです。学食のようなレストランは、味も学食のようなものでしたし、ありきたりのものしか売っていなかった売店はもう無くなっていました。いかにもお役所的な施設で、トイレ休憩以外に利用価値を見出すことが出来ませんでした。

と、今回はいいことも嫌なこともいろいろあったドライブとなりました。ここを過ぎると、480号線は細くなったり広くなったりしながら371号線に接続、高野山まで駆け抜けていきます。途中大門前まで抜ける道と分かれますが、個人的にはこちらの方が走りやすい気がします。

道の駅 しみず

URL http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/w01_shimizu/index.html

あらぎの里

URL http://www13.ocn.ne.jp/~aragi/

あらぎ島

有田川町 URL http://www.town.aridagawa.lg.jp/nature/nature_008.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香味煙@道の駅 明恵ふるさと館

 美味しいみかんジュースが飲みたくなって、ドライブついでに明恵ふるさと館へ。

Photo_4 購入したのは、もちろんすっぴんジュース。ややとろみのある、濃厚な甘味と、ほんのり感じるみかんの苦味。第一印象と変わらない、とても美味しいみかんジュースです。1本1050円と、決して安くはないですが、その価値は充分あると思います。近くで買えるとこないかなぁ、と思っていたら、黒潮市場にも売っているそうですね。

Photo_5 みかんジュースをお土産にと思って店内を散策中に見つけたのが、香味煙というメーカーのスモークチキン。鶏は紀州鶏のようですが、製造元は兵庫県というのが不思議なところ。

このスモークチキン、とにかく雑味が無く、鶏の旨味とスモークの香りが純粋に味わえるのがいいところ。添加物はもちろん一切使用されておらず、こんないいものがあるなんてますますこの道の駅が好きになってしまいました。

店内でサンドイッチもいただきましたが、500円弱という値段にも係わらずボリュームたっぷり。道の駅自家製のパンと、あっさりした味付けの具材の組み合わせも最高。はっきりした味わいが好きな方には、少々物足りない味付けかもしれませんが、私はとても気に入ってしまいました。

やはりこの道の駅、見た目は小さいけれどなかなか侮りがたしですね。

香味煙

URL http://www.jin.ne.jp/kobe/koumienn/

明恵ふるさと館

通販URL http://www.tochico.com/index.html

| | コメント (10) | トラックバック (1)

横濱こだわり家

 横浜のTさんから、またまたこだわり家の詰め合わせを送っていただきました。

Photo もう、見ただけでよだれが出そうになる、美味しそうなハムやコンビーフ。どれも添加物は最小限で、素材の美味しさがストレートに味わえるのがいいところ。

特にコンビーフはもう私の大好物で、これをカリカリのトーストに載せて食べると、もうたまらなく幸せなのです。肉の旨味はもちろん、脂分もくどくなく美味しくいただけるのがいいところ。

Photo_2 ベーコンは、普通のもののようにあまりカリカリに焼かない方がいい塩梅。肉厚なので、肉本来の旨味がじっくり味わえ、それにスモークのいい香りが味わいに奥深さを与えてくれます。よくベーコンを自作する弟も、このベーコンは旨いと絶賛しておりました。

Photo_3 今回、コンビーフの次に私のツボにはまった、ベジタブルケーゼ。5種類の野菜が入った焼きソーセージとのこと。野菜の旨味と、ソーセージの旨味が程よく合わさり、なんともいえない旨さなのです。酒をあまり飲まない私でも、これを食べるとビールがたまらなく欲しくなってしまいます。

今回も、みんなで美味しくいただいて大満足。いつもいいものを頂いて、ほんとうに感謝感激です。こだわり家さんのものをいただくと、いつも横浜のことが思い出され、また行ける日が待ち遠しくなるのです。今年はサザンも30周年。年越しライブには、絶対行きたいなぁ...

横濱こだわり家

URL http://homepage1.nifty.com/kodawariya/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ほうれん草のカレー@パンジャブ

 岩出での仕事が遅くなり、夕食はパンジャブでカレーを食べることに。やっぱり私はキレンジャーなんですね(^^;;

Photo といっても、今回はほうれん草のカレーなので、見た目はミドレンジャー。上の白いものはコテージチーズです。ほうれん草の風味はそれほど感じられませんが、その甘味は良く出ていて、マイルドで食べやすい風味。

野菜が嫌いな子供でも、これなら喜んで食べられるでしょうね。大きなナンとの相性も相変わらず最高。今回もコースでいただきましたが、最初のスープはとても不自然な旨味だし、マサナなども2度目になると少し単調に思えたのが正直なところ。

今度来る時は、みんなでいろいろなカレーを注文して、ナンやサフランライスと一緒に頂くのがベストと感じました。それと、最後のチャイだけは外せないとも思ったりしたのです。

PUNJAB パンジャブ

住所 岩出市中黒630-1

TEL 0736-62-9145

営業時間 11:00-14:30 17:00-22:30 無休

| | コメント (6) | トラックバック (1)

oishii ~おいしい~@和歌山市

 以前タイ式マッサージに行った際、受付にタイ料理店の名刺がありました。気になっていたものの、なかなか行くこともなく時が過ぎていたのですが、弟がなんとそこに行って気に入っているとのこと。で、早速一緒に行って来ました。

畑屋敷のビルの一階、奥まったところにoishiiという店が。とても怪しい雰囲気で、何も知らないと入るのに勇気がいりそうです。店内に入っても、なんともいえない雰囲気で、カラオケの画面はタイ語、一見スナックのような、ここで美味しい料理がいただけるとは思えないというのが正直な印象。

Oishii 最初にいただいたのは、この日特別に作ったと薦められたカレー。ココナッツの風味が効いた独特の味わいに、水分の少ない長粒米。およそ万人受けするとは言い難い味ですが、これがタイの味かと思うとそれも楽しいものです。

Oishii2 さあ、ここからが本番のメニュー。先ずは生エビの辛ナンプラー。最初に辛さは大丈夫と聞いてくれ、私は少しなら大丈夫と言ったのですがこれは...ニンニクと香菜の風味、ゴーヤの苦味、それに甘味もあり、そして押し寄せる猛烈な辛さ。

もう舌が火傷したような辛さで、いきなりのカウンターパンチです。エビの上の赤い塊を取ると、若干辛さは収まりますが、それでももう口の中はパニック状態。とはいえ、そんな状態でも箸が止まらないのが不思議。

Oishii3 ハッタイという、タイ式の焼きそば。激辛の料理のあと、この料理は辛さも無く、正直助かりました。癖の無い美味しい焼きそば、と思って食べていたのですが、辛さが口の中から消えていくと何か違和感が。

ソバの中に小さなサイの目の豆腐のようなものがあり、それがたまらない香りを放っているのです。ウォッシュタイプのチーズのような香りというのでしょうか。豆腐ようの様なものなんでしょうか?でも、慣れてくるとその匂いが、抜群の味の奥行きを料理に与えているようで、とても美味しく頂けるのでした。

Oishii4 タイの甘酢がけ。タイ料理だけに鯛、というわけでは無いのでしょうけど、これがまた旨かった。最初の料理であんまり辛いというリアクションをしたものだから、気を使ってくれたようで、こちらはマイルドな辛さ。それに甘味もたっぷりあり、それに加えて独特のアンモニア臭のような香りが。

でも、それがまたいいのです。日本人には思いもつかぬ味と香りの組み合わせがなんとも言えず、カリッと揚がった鯛と、そのソースがとてもよく合うから不思議。独特の匂いも、慣れると食欲をそそる香りになるんですね。

Oishii5 こちらはお土産に持って帰った、タイ風の焼き鳥。一つ一つ葉にくるまれていて、甘辛いソースを付けていただきます。そのソースも辛さは抑え目だったのですが、あの激辛を思い出すと、もう少し辛くてもいいかなとも思ったり。

ソースと鶏肉の相性は抜群で、こちらも美味しくいただくことが出来ました。それにしてもタイの人たちは、あの激辛料理にさらに唐辛子をかけて食べたりしてるのですから、ほんと凄いですね。

妙な味のジュースに、タイ語のカラオケが時折流れるなんともいえない雰囲気。独特の香りや味付けも含め、思いっきり好みの分かれる店だとは思いますが、私はとても気に入ってしまいました。

ただ、下腹の具合や口臭が凄いことになる事受け合いですので、その点はご注意を。料金は一皿1000円前後で、一人3000-5000円程度だと思います。

oishii おいしい

住所 和歌山市畑屋敷千体仏丁19 英子ビル1F

TEL 073-412-0210

営業時間 17:00-翌5:00 無休

URL http://www.waiwaithailand.com/oishii/

| | コメント (2) | トラックバック (1)

訃報

 今日、声優の広川太一郎さんが亡くなられたと知り、とても悲しい気持ちでいっぱいです。あの軽妙な、な~んていっちゃったりしてからが聞けなくなると思うと悲しくてもう...本当にご冥福をお祈りします。

広川さんと言えば、軽妙なアドリブだけでなく、渋い二枚目をさらりと演じられる幅の広さも魅力の一つ。一般的には007のロジャームーアーが印象的ですが、私にとっては古代君のお兄さんなんですよね。古代君の富山さんもすでに故人で、これで古代兄弟がもういなくなってしまったのですね...

ヤマトといえば、主題歌の作詞の阿久悠さんも、作曲の宮川泰さんも亡くなられていて、青春の一ページを飾ってくれた方々が次々と他界されるのは本当に悲しい気持ちです。なにもかもみな懐かしい...今夜は酒でも飲みながら、DVD見ながら寝るぞい、ミー君!

そういえば、頂いたコメントの中にキレンジャーが登場してびっくり。丁度、動画でささきいさおさんと、堀江美都子さんのゴレンジャーの美声にしびれていたところなんです。このお二人、いくつになっても衰えを知らない、本当に連邦のモビルスーツ以上に化け物ですね(失礼!)

今、水曜の深夜にヤマトと999が連続で再放送されていますが、やっぱりあの頃のアニメはいいですね。とってもしっくり来るんです。ささきさんと堀江さんのお二人はもちろん、その他の声優さん達にも、いつまでもお元気でいてほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Billiard&Cafe SOHO

 気がつけば、いつのまにかこのブログも500回を超え、飽き性な私にしては良く続いたもんだと妙に関心したりして。

で、記念すべき500回はちょっと超えてしまったけど、食の記事だけなら多分500回くらいだろうと、いつもながらの適当さかげんで500回記念は、いつも行くダーツバーのSOHOさん。丁度最近移転されたばかりという、タイミングの良さだったりするのです。

Soho

SOHOさんは、基本はダーツとビリヤードのお店なのですが、お昼のランチもなかなかの美味しさなのです。特に私が大好きなのがカレーライス。3食3日カレーが続いても平気というくらいカレー好きな私なのですが、無性にここのカレーが食べたくなる時があるんですよね。

ここのカレーは、とても丁寧に作られた家庭の味、といった雰囲気で、とてもほっとする味わい。辛さもほどほどで、何日連続でも食べ飽きない風味がいいですね。

Soho2 で、そのカレー以上に好きなのが、このドライカレー。ご飯がパラパラとか、カレーの風味が、とかそういうのではなく、理屈ぬきにこのドライカレーが好きなんです。これの大盛りをがっつり食べていると本当に幸せ。

この他にもランチメニューや、デザート等もあり、ドリンクも含めてリーズナブルな値段設定もいいですね。この手のお店は、どうしてもコスパが悪くなりがちですが、そういう意味ではコスパも抜群だと思います。デザートでは、アイスクリームのエスプレッソかけが大好きな一品。

最近はダーツもさぼりぎみというか諦めたというか、SOHOに行ってもゲームしたりだべったりしてばかりですが、明るい奥さんや常連さんがいるので退屈することもありません。和歌山インターからも近く、県外からのプレイヤーの方にもおすすめです。

と、悪いこと書いたらハードダーツの的にすると脅された...訳ではもちろん無く、本当にいいお店で、私にとってはめっちゃくつろげる場所なのです。

SOHO

URL http://search.dartslive.jp/shop_24900092.html

| | コメント (4) | トラックバック (1)

角長@和歌山県湯浅

 和歌山は醤油発祥の地。湯浅で味噌から生まれた醤油が、銚子や小豆島など日本各地へ伝えられたのです。ところが、その和歌山でも昔ながらの醤油作りをしているところはわずか。

日本のほんまもんといったテーマの本等で、和歌山の醤油や梅干が紹介されていないと本当に寂しいものです。ですが、その発祥の地の面目を保っているのが角長という醤油蔵なのです。昔ながらのこうじから作られている醤油蔵は、湯浅ではもうここだけだとか。

Photo_2

Photo_3 昔の風情が残る、静かな町並みの中に角長はあります。国道沿いにも出店がありますが、ここはやはり蔵に行くのがおすすめ。

国道から湯浅の交差点を入り、しばらく走ると角長が左手に見えてきます。それをやりすごし左折すると、すぐに角長の駐車場が見えます。冷たい空気の中、こんな雰囲気の町並みを歩くのはなんとも気持ちのいいものです。

Photo_4醤油はたまりと、湯浅しょうゆ(紫滴)、濁り醤の3種類があります。それぞれ中身は同じでも、容器や呼び名が違うのでややこしいですが、店の人に聞くと親切に教えてくれます。

今回購入した濁り醤(にごりびしお)は、火入れも濾過もされていない生醤油で、白身などのくせのない魚に合うそうです。紫滴(しずく)は、火入れがされたもので、赤身やくせのある魚に合うそうです。

Photo_5

醤油をそれだけ舐めても、それがどれ程美味しいかは分かりにくいので、家にあった小原久吉商店の湯浅醤油と比べてみました。この醤油は、和歌山のほとんどのスーパーでも売られている、一番身近な無添加の醤油。(原材料にはアルコールがありますが)

値段の差は右の角長が720mlで1400円に対し、左の湯浅醤油が300mlで500円前後。角長の湯浅しょうゆとなら丁度同じくらいの値段だったのですが...

写真では分かりにくいですが、現物では明らかに湯浅醤油の色が濃く、黒々としています。角長のものは色がやや薄く、表面に白い幕のようなものがうっすらと漂っています。舐めてみると湯浅醤油の方がやや塩辛い印象。

濁り醤は、塩味がきつくなく、味わいが深い印象。かすかに味噌のような風味が感じられ、それが味の奥行きに一役かっているようです。醤油が味噌から生まれたという事を、とてもよく感じさせてくれます。

Photo それでも、思った程の差は感じなかったので、餅に塗って焼いてみることに。すると、これが想像以上に差が出たのです。とにかく、濁り醤の香りが凄いのです。香ばしく焼けた醤油の匂いが、なんとも心地よく漂うのです。

食べてみてもその印象は変わらず、うっすら1回塗っただけなのに、餅の風味に負けない力強い味わいで、なんとも美味しい焼餅となったのです。普通に売られている醤油となら、もっと差が出たかもしれません。

この日、帰りに買った西村物産のしらすと、熱々のごはん、それにこの濁り醤の相性ときたらもう...あ~日本人に生まれて良かったと感じずにはいられませんでした。こういうほんまもんを、末永く作り続けて頂きたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

田辺まで伸びた阪和道と、大たこと紀南パレス

 去年末、阪和道が田辺まで延伸しました。これで、和歌山インターから田辺までは1時間弱で行くことが出来、紀南への旅がぐっと便利になりました。

で、田辺の大たこへ行ったのですが、あんまり早く着いたので有り難味がないくらい。やはり、田辺バイパスに直結というのがいいですね。旧国道に出るのも便利な位置ですし。

Photo 思いっきりピンボケですが、大たこのチーズ焼きです。たこ焼きの他にもチーズや牛スジがあるのです。とはいえ、やはり好きなのはたこ焼き。チーズ焼きはお腹に余裕があるときのサイドメニュー的な存在です。

相変わらず丁寧に作られたたこ焼きは、本当に素晴らしい美味しさ。外はカリカリ、中はとろとろ、あふれ出すたこの旨味をたっぷり含んだスープも変わらぬ旨さ。

たっぷりいただいて大満足で帰途に着くと、阪和道が事故で渋滞との表示が。久しぶりに、のんびり42号線で帰ることにしたのですが、な、なんと紀南パレスが無くなっているじゃないですか!

昔、白浜へのドライブといえば、必ずといっていいほど立ち寄った紀南パレス。思い出もいっぱい残っている場所が、今はもう更地。そういや、私も全然立ち寄ってなかったもんなぁ...同じくよく立ち寄ったカドヤさんはまだ健在ですが、42号線を走っていると廃墟になったドライブインが目に付きます。

高速が通り便利になるのはいいのですが、昔のなんだかのんびりした風景が無くなるのは寂しいものです。もちろん、それは私達観光客が選んだ道なのは分かっているのですけども...

ところで、42号線なんですが、昔と違い交通量がぐんと減って、和歌山市まで結構早く着いてしまったのです。424号線を抜け道にしていたのがなんだったの、と思えるくらい渋滞知らず。日曜の夜でしたから、阪和道は一番混混みあう頃合いなんですけど、いつもこの状態なら、42号線で帰るのもありって思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる話

 美味しんぼの話では、コメントもいただき、私もより深く食の安全というものを考えるきっかけとなりましたが、ネットなどを見ていますと気になる事もありまして。

それは、農薬のことなんですが、無農薬だから安全というわけではないという説もあるんですよね。無農薬の野菜は、虫などが着くと天然の農薬成分を作り、それが残留農薬なんかよりずっと毒性が強いとのこと。あと、虫食い後に出来るカビも毒性が強いそうです。

もし、それが本当なら、わざわざ高いお金を払って、危険なものを食べているということになる訳です。しかし、考えてみれば昔の人は皆、無農薬有機栽培の野菜を食べていたわけですし、野生動物も無農薬有機(というのか)の草や果物を食べていますよね。

だから、より自然なものを食べるのが危険と言われてもにわかには信じ難いのです。そこらへんの疑問をより明快にしてくれる、資料や書籍があればいいのですが、ちょっと探してみたいと思います。とはいえ、私なんぞはそんな心配をするよりも、痩せるのが一番の健康法なんですけどね...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビストロ・ド・セレーネ

 久しぶりに、下津のビストロドセレーネへ食事に。最近マスコミを賑わす、食に関する事件にちょっと辟易してたので、とても自然な美味しさを味わいたくなったのです。

Photo_2Photo 海南からトンネルをいくつか抜け、山道をくねくね上がって行くとセレーネに到着。何度来ても、ここからの景色は最高で、温かい暖炉と共に、心まで温まるような気分。

Photo_3 こちらでの食事には欠かせない、自家製のジュースの炭酸割り。右は夏みかん、左は山桃。夏みかんはアルコール分が残っているので注意が必要ですが、苦みばしった大人の味。山桃は風味豊かで甘味も程ほど。プラムは甘味たっぷりで、子供でも喜んで飲めそうかな。

Photo_4Photo_5 左はホタテのコキール。中にはほうれん草が入っていました。とても優しい味わいで、子供にも大人気。右はブロッコリーのスープ。こちらは、少し酸味の効いた大人の味わい。野菜の持つ力強い風味が、じんわり染みて来る感じ。

Photo_6 車えびと鯛、それにアナゴのサフランソース。奥の緑のものは海草です。朝、ご主人が海から採って来たという、まさに採れたての新鮮なもの。どれも本当に新鮮なのが分かる、味わい深いもの。それにサフランのソースがなんともよく合っていて、皿まで舐めたくなるほど。

Photo_7 サラダは、作る前に畑から積まれてきた、これ以上はないという採れたて。自家製のスモークサーモンや、豚肉の燻製が添えられています。小海老も朝海で捕って来られたものだそうな。どれも間違いなく新鮮で旨いのですが、特にサーモンが最高で、程よく脂が乗っていて、もう半身で持ってきてって感じでした。

Photo_9Photo_8 パスタコースですので、最後はパスタ。左がバジル、右が小海老のパスタです。バジルのパスタは、癖の無い誰が食べても美味しいといった雰囲気。小海老は海老の味噌のような風味が濃厚な、ちょっと好みの分かれる感じ。私はとってもはまりましたが、苦手な人もいました。

Photo_10 そして、ここで初めて食べるイカスミのパスタ。以前どこかで食べたのと違い、とにかく臭みが全く無い。濃厚なイカスミの純粋な旨味だけがぎっしり詰まった風な、本当に美味しいパスタでした。ただ、このパスタは予約しても無い時は無いそうです。つまり、いいイカが入った時しか出さないということなのでしょうね。

Photo_11 デザートは、クレープと、キーゥイのシャーベットに、イチゴのアイス。シャーベットとアイスは、どちらも果物の酸味が強くて、もう少し甘さがあればよかったかな。それでも、この店のコースの流れには、とても良く合っているとは思いましたが。

今回も、素晴らしいひと時を過ごせて大満足でした。ここで食事をすると、体の中の悪いものがす~っと出て行く感じがします。とはいえ、ここが人を選ぶ店だというのも間違いないでしょうね。

接客は愛想いいとは決して言えませんし、店内外ともに結構雑然としています。味付けも地味な感じで、劇ウマみたいなのを期待するとがっかりとなるかもしれません。岩出にアイーダという、こちらも自家製の野菜が頂ける店がありますが、そちらの方がずっとノーマルな感じです。

それでも、私はここの料理と雰囲気が大好きなのです。無農薬の有機野菜から、ジュースに使われる果物、海草や魚介類までご主人の手で揃えられるのですから。そして、その自然の風味が最大限に活かされた料理に、私はいつも感心してしまうのです。

ビストロ・ド・セレーネ

住所 海南市下津町塩津575-1

TEL 073-492-4585

営業時間 11:30-13:00(LO) 16:00-20:00(LO)

月曜定休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

美味しんぼと昔の思い出

 コンビニに立ち寄った際、コミック売り場に美味しんぼの101巻がありました。なんともう101巻。凄いですね。最近はもう買わなくなっていたのですが、この巻は興味がある内容で買うことに。

内容はズバリ食の安全。餃子事件で揺れる中、とてもタイムリーな内容となっています。連載次期は去年のことですから、まるでこの騒動を予見していたかのよう。相変わらず、中国に対してはちょっと甘めのスタンスですが、今回の事件を知った作者の心中やいかに。

とはいえ、日本国内での食に関する事件を見ていると、中国の食品さえ避ければ安全といのも幻想的で、この本ではそこらへんのことを絶望と希望に分けて描かれています。いつもながら、ちょっとオーバーアクションな表現もありますが、概ね信頼のおける内容。

”食品の裏側”の安部司氏や、まだ未読ですが”変わる家族変わる食卓”の岩村陽子氏などの話、そして実際の生産現場の話まで、その取材力には驚かされるばかり。これだけするどく裏側に切れ込める人が、どうしてあっちの話になると盲目に突っ走るのか分からないけど、まぁそれも人間の面白さでしょうか。

それはさておき、内容は示唆に富、特に家庭をお持ちの方は買って損はないこと受け合い。中でも、学生さんが阿部氏にしたためた手紙には感動。親の作った弁当の見た目が悪く隠して食べていたが、阿部氏の話を聞いてからは堂々と食べられるようになったといった内容。

つまり、その見てくれの悪い弁当は手作りのものばかりの愛情のこもった弁当だったとのこと。そういえば、私も学生のころ母の弁当をとても嫌がった覚えがあります。煮物やおひたしがメインで、しかも胚芽米が妙に黄色っぽくて、友人のウィンナーや揚げ物が入った綺麗な弁当に比べると、なんともみすぼらしい気がして。

今思えば、なんという罰当たり。もう恥ずかしくて反省するしかないのですが、自然なものを自然な風味で食べさせてくれた親には感謝するばかりです。私がそうであったように、とかく子供というのは物事の本質を見落としがちで、時には無理やりにでも子供の言い分を曲げなければならないのでしょうが、昨今は子供に合わす事が普通のようで。

と、結婚もしていない私が言っても説得力ゼロですが、仕事柄多くの家庭をみていて、そう思うことも多々あるのです。習い事や趣味もいいけど、家族団らんの時間が無くなったら本末転倒やん、と常々思っていたところ、先日のみそかつを子供ととのコメントをいただき、なんとも微笑ましく温かい気持ちにさせていただきました。

本の話に戻ると、日本の有機野菜の割合実に0.16%。なんとも絶望的な数字ではありませんか。しかし、その1%に満たない方の努力が実り、そういった方が増えているのも事実であり、それが希望とのこと。

今回の餃子事件で、日本人の食への意識が変わり、安全にはコストがかかるものという認識が広まれば、食料自給率が上がる日も来るかもしれませんね。というわけで、次回はそういう気分を盛り上げてくれる店を紹介したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なんとなく腹の立つ話

 学生の頃、私は中国が大好きな国の一つでした。三国志を読みふけり、孔子や孫子に憧れ、いつかは黄河や万里の長城を見、成都で麻婆豆腐を食べるのが夢だったりしたものです。

でも、最近の中国はあきらかにおかしい。もう可愛さあまって状態で...なんだか、餃子問題もうやむやになりそうで、天洋食品に至っては、我々こそ被害者だと居直る始末。いやいやいや、被害者は食中毒で入院した人でしょう。そこに触れずにその発言は...

一部を除き、マスコミも自衛隊を叩くようには報道出来ていないようで。でも、これうやむやにされると、消費者の中国食品離れがますます進んでしまうような気もするんですけどね。災い転じて、これが日本の食を見直す機会になればいいのですが...

それにしても生協は、安心安全を謳うならもう少し食品会社選びを見直したほうがいいんじゃないでしょうか。ミートホープの記憶が覚めやらぬ間にこれでは、安全性に疑問を持たれても仕方ないでしょう。

それに、マスコミが消費者の責任を訴えないのもおかしいですよね。消費者=視聴者ということで遠慮してるのでしょうか。結局、安い中国製品を選んでいるのも消費者であり、一連の偽装事件も、安いものを追い求める消費者にも責任があるのは明らかなのに。

と、思っていたところ、新しく出た美味しんぼで丁度いい話が載っていましたので、次回はその話を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »