« 梅干の酸っぱい話 | トップページ | ほろほろ鳥@SanPin中津 »

道の駅 しらまの里

 吉備から龍神や田辺への抜け道として重宝するのが、国道424号線。途中幅員が狭くなるところを抜けると、道の駅しらまの里があります。

Photo 駐車場が20台程度の小さな道の駅。トイレは24時間使用可とのことですが、夜は真っ暗でスイッチを探して点けないといけません。見た目も中身も、みなべうめ振興館とは180度逆。

あちらがいかにもお役所的な感じなのに比べて、こちらは正に個人商店といった雰囲気。地場産のものが沢山そろっていますが、ちょっと雑多な感じ。加工品はあまり好みにあったものがありませんでした。

それと、ご飯になるようなものがほとんど無いのもなんとかして欲しいところ。レストランが無いので、せめて弁当やおにぎり等があればいいのですけどね。近辺にはほとんど飲食できるところや販売店がありませんから、需要は結構あるはずなのですが...

修理川を越えてからの峠にバイパスが出来ると、424号線は抜け道として相当便利になるはず。そうなれば、この道の駅の利用価値もぐっと上がるでしょうね。あ、といっても紀美野町~金屋間と、みなべ町内は幅員が狭い所が多いので、ご注意を。

道の駅 しらまの里

URL http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/w08_shiramanosato/index.html

|

« 梅干の酸っぱい話 | トップページ | ほろほろ鳥@SanPin中津 »

和歌山の旅」カテゴリの記事

道の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/10514364

この記事へのトラックバック一覧です: 道の駅 しらまの里:

« 梅干の酸っぱい話 | トップページ | ほろほろ鳥@SanPin中津 »