« いわき@高山市 | トップページ | 三河屋@松本市 »

高山からビーナスラインへ

 高山から長野県は松本市までは快適なドライブ。途中のくねくね道も、安房峠道路であっという間。そのくねくね道も結構いい眺望の道路なんですけどね。トンネルを抜けると上高地が目の前。乗鞍高原を横目に梓湖を過ぎると、道の駅風穴の里が。

Photo そんなに大きくない道の駅ですが、ここでとても美味しいものにめぐり合えたのです。駐車場横の屋台でホットドッグが売られていたのですが、それが普通のものとは全く違う美味しさで。

自然な味のウィンナーと、酸味が気持ちいいマスタード。それがシュタンベルグとの出会いだったのです。そしてもう一つ、施設内の売店に、どっちの料理ショーに使用されたという味噌があったのですが、それがめちゃ旨で。ところが、その味噌の名前忘れちゃったんですよねぇ。今度行ったらちゃんとチェックしとかないと...

風穴の里を過ぎると松本市は目の前。乗鞍スカイラインは素晴らしい道ですが、今はマイカーでは走れません。で、今私が日本で一番好きな道が、松本市の東側にある、ビーナスラインなのです。諏訪インターから30分も走らないうちに、その入り口は見えてきます。

Photo_2後は快適な高原道路。早朝の交通量の少ない時間、それも快晴となれば、もう最高!この天気に合うBGMは、もちろんサザンの太陽は罪な奴。「高気圧は女神(ビーナス)達の交差点♪」てとこがビッタシはまるんです。

Photo_4 ところが、さすが高原道路、ほんの5分の間ほどでこんな状態に。下から見れば雲の中なんですね。でも、また10分ほどすれば上のような快晴に。冷たい空気の残る青い空の下を、オープンで走った気持ちよさは、一生忘れることが出来ないほどのもの。

Photo_5 最高のドライブを堪能し、白樺湖を過ぎて走っていくと、美ヶ原高原に。車を停めて、高台まで登れば雲海の向こうにアルプスの山々が。まるで蜃気楼に見える、それは言葉を失うほどの美しさ。

これほど気持ちよく走れて、しかもこれだけの絶景が望める道というのもそうそう無いでしょう。このあたりに別荘でも買って、夏に毎朝ドライブ、ってのが私の夢だったりするのです。ま、宝くじでも当たらない限り、実現しそうにないですが(^^;;

美ヶ原高原から、松本に抜ける道は結構細くて曲がりくねった道。

Photo_6 美ヶ原スカイラインという名前と裏腹の、結構マニアックな道路で、それほどいい眺望が望める訳でも無かったり。それでも、松本市の手前には美鈴湖という大きくて綺麗な湖があったりするのがいいところ。この日は、うららかな天気で、ほとりには家族連れが溢れていました。

美鈴湖を抜けると、すぐに松本市内。ここには私の大好物があったりするのですが、それはまた次回に。

道の駅 風穴の里

URL http://www.ktr.mlit.go.jp/kyoku/road/eki/station/nagano_fuuketsu/index.html

|

« いわき@高山市 | トップページ | 三河屋@松本市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

道の駅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/9880739

この記事へのトラックバック一覧です: 高山からビーナスラインへ:

« いわき@高山市 | トップページ | 三河屋@松本市 »