« 高山からビーナスラインへ | トップページ | 辰子茶屋と雫石あねっこ »

三河屋@松本市

 三十路に入ってから、池波正太郎氏の小説にどっぷりはまっている私。鬼平や剣客商売なども大好きなのですが、同じくらい好きなのが食のエッセイ。単なる食べ歩きではなく、そこに著者や料理人の心意気まで感じられるのが凄いところ。

そして、”散歩のとき何か食べたくなって”の中で紹介されていたのが、松本市の三河屋。これを読んでから、氏の通った店に行き、その情景だけでも感じたいと思い、信州方面に赴いた折には、必ず訪れることにしているのです。

P1000020 何度も訪れるのは、もちろん美味しかったからでもあります。特に好きなのが、この馬刺し。やはり、馬刺しは霜降りが無いものの方が好みに合っています。もっちりした歯ごたえと、しっかりとした赤身の味わい。北海道産とのことですが、なるほど大自然の中で健康に育ったという感じがします。

P1000019 そして、こちらが名物の桜鍋。具は、馬肉と葱だけというシンプルなもの。味噌が入っていて、関西人には少し辛めの味付け。といっても、癖のない馬肉の風味は堪能出来ますし、その辛めの味わいが日本酒にはぴったり。

それでも辛くてという人には、生卵も用意されているようです。が、こういう地元にはあまりない味付けに出会うと、あぁ旅をしているんだなというのが実感できたりして、それもまたいいものなのです。

いつも、駆け足の旅になってしまうので、ここ以外には蕎麦の刀屋に行ったくらい。最近ごぶさたしているし、一度ゆっくりと信州に滞在してみたいものです。

三河屋

住所 長野県松本市中央3-8-14 

TEL 0263-32-0339

営業時間 11:30-14:00 17:00-21:00 日曜定休

|

« 高山からビーナスラインへ | トップページ | 辰子茶屋と雫石あねっこ »

和食」カテゴリの記事

日本の食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/9894816

この記事へのトラックバック一覧です: 三河屋@松本市:

« 高山からビーナスラインへ | トップページ | 辰子茶屋と雫石あねっこ »