« 惣八@石川県加賀市 | トップページ | 加賀鳶@リカーショップ カワバタ »

須田菁華@石川県加賀市

 私が山代温泉を訪れる理由の二つ目が、九谷焼の窯元、須田菁華(すだせいか)の存在。かの北大路魯山人が、九谷焼を師事したのが初代須田菁華。今は4代目となっておられます。

初めてここを訪れたのは、もう10年ほど昔でしょうか。母に山代温泉に行くなら、須田菁華さんでお土産を、と頼まれ訪れたのがきっかけ。しかし、どれも結構なお値段で、小さなお皿を一枚買うのがやっとだっとのですが...

Photo 須田菁華は、山代温泉の少し奥まったところに、ひっそりと佇んでいます。看板の文字はもちろん魯山人の作。写真の左に写っているのが、4代目須田菁華さんです。ネットで検索してみると、繊細な3代目に対して、豪快な4代目なんて評もありますが、私には4代目の作も十分繊細に思えるのですけどね。

中は落ち着いた畳の間で、穏やかな雰囲気の奥様が、丁寧に説明してくださるので、私のような焼き物に疎いものでも、楽しく買い物が出来るのです。

3 これは私が、2度目のお土産に買った直径25cmほどの盛皿。中央に描かれた寿の文字がなんとも面白くて、一目惚れしてしまいました。こういうのって、一つ間違うと下品な感じになりがちですが、そうなっていないのがさすがです。煮物からお菓子まで、何を載せてもよく映えるのです。

4 こちらは、同じくらいの大きさですが、随分とカラフルな盛皿です。色合いが鮮やかで、とても綺麗ですよね。これに、鯛のアラ煮とゴボウを盛り合わせたりすると、もうたまらなく美味しそうなのです。このお皿には特に魚料理が合うように思います。

5 これが一番最初に買ったお土産の小皿。上のお皿とよく似た造詣ですね。饅頭をのせたりもするのですが、なんといっても漬物がよく合うんです。これに漬物をのせると、美味しさが5割ほど増すように思えてしまいます。

2 須田菁華さんでは、食器だけでなく、花器などもあるのですが、これは母のお気に入りの香炉。淡い黄色や、鮮やかな緑に、落ち着いた紫の色がなんともいい趣で、見ているだけでも癒されます。こちらはもしかしたら、3代目の作なのかもしれません。

いつもは、食べるもの自体の美味しさばかり考えてしまいがちですが、食器も食事の美味しさの重要な要素なんですよね。小皿でも2万円以上と、なかなか買える値段ではありませんが、一生もので、なおかつ毎日の食事がより華やかになると考えれば、むしろお買い得とも言えるのではないでしょうか?

須田菁華

住所 石川県加賀市山代温泉東山町4

TEL 0761-76-0008 

不定休

|

« 惣八@石川県加賀市 | トップページ | 加賀鳶@リカーショップ カワバタ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/9382577

この記事へのトラックバック一覧です: 須田菁華@石川県加賀市:

« 惣八@石川県加賀市 | トップページ | 加賀鳶@リカーショップ カワバタ »