« 和歌山のみかん | トップページ | 麺乃家さんの味噌つけ麺 »

長保寺といかなごの釘煮

 下津町はミカンや漁業も盛んですが、忘れてはならないものがまだあります。それは、長保寺と善福院。どちらも国宝の建造物を有し、一つの町に複数の国宝所有寺院が存在する町は全国でも珍しいそうです。国宝建造物が全く無い県もあるというのに、贅沢な話ですよね。

Photo 特に長保寺は、大門、本堂、多宝塔ともに国宝指定されており、それは法隆寺とここだけだそうで。42号線から5分ほど走り、駐車場に車を停めると、すぐそこに大門が見えます。色付き始めた桜の木に囲まれた大門は、いかにも落ち着いたいい雰囲気。春は桜の花の中で、また違う趣きになることでしょう。

Photo_2 拝観料300円を払い、石段を登ると、ほどなく本堂と多宝塔が見えてきます。長保寺は、紀州徳川家の菩提寺ともなっており、歴代の御廟があります。しかし、吉宗公の御廟が見当たりません。なんでも、将軍になったため、東京に御廟があるそうです。

Photo_3 小さな多宝塔ですが、凛とした存在感があり、周りの紅葉とも相まってなんともいえない美しさです。大きく張り出した軒と、きゅっと引き締まった上層部のバランスが見事。細かな装飾にも見応えがあり、さすが国宝と感じさせてくれます。

Photo_4 長保寺を出て、30分ほど車を走らせると、以前しらすを買った西村物産があります。今回はしらすと共に、いかなごの釘煮を購入。これがまた旨かった!やや甘めですがさっぱりした味付けに、ほのかに感じる苦味。ご飯が進んで進んでもう...これは旨い釘煮ですねぇ。もちろん無添加で、それもまた嬉しいですね。

しらすもまためちゃ旨で、ますますここがお気に入りになってしまいました。

長保寺

URL http://www.chohoji.or.jp/

|

« 和歌山のみかん | トップページ | 麺乃家さんの味噌つけ麺 »

和歌山の旅」カテゴリの記事

和歌山県の食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/9023310

この記事へのトラックバック一覧です: 長保寺といかなごの釘煮:

« 和歌山のみかん | トップページ | 麺乃家さんの味噌つけ麺 »