« Peco’sさんで焼き芋 | トップページ | 長保寺といかなごの釘煮 »

和歌山のみかん

 和歌山のみかんは、全国でも生産量1,2位を誇り、梅と並んで和歌山といえばこれ、といったイメージがあるのではないでしょうか?今、下津から有田の辺りを走れば、斜面には綺麗なオレンジ色のミカンがたわわに実り、まるで花が咲いているようです。

Photo 毎年誰かからみかんを頂くので、あまり買って食べるということはなかったのですが、今年は機会に恵まれなかったので、ふうの丘で芋といっしょに買ってきました。

普通のものなら一袋150円ー200円程と、スーパーより安かったりします。さらに300円程出せば、ごらんの様な有機栽培ノーワックスのようなものもあります。甘さは程々ですが、実に張りがあり、ほどよい酸味と濃厚な味わいがいい感じ。何より安心して食べられるのがいいですよね。

Photo_2 で、そのミカンも食べ終わったころ、下津に仕事に行った際、やっぱり今年も頂いてしまいました。今年は夏が暑かったので、甘味は強いのですが、雨が少なかったので小粒なものが多いそうです。なるほど、農家の方の話を伺うと、なにかと勉強になります。

やはり、降るべき時に雨が降り、暑いときは暑くなるのがいいようで、それは私たち電器業界も同じなんですよね。それにしても、これで今年中はミカンを買わなくてすみそうです。和歌山で商売をしていると、こういう機会にはよく恵まれまして、本当に有難いことです。

|

« Peco’sさんで焼き芋 | トップページ | 長保寺といかなごの釘煮 »

和歌山県の食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/8994640

この記事へのトラックバック一覧です: 和歌山のみかん:

« Peco’sさんで焼き芋 | トップページ | 長保寺といかなごの釘煮 »