« 道の駅 藤樹の里あどがわ@滋賀県 | トップページ | そば蔵 谷川@福井県越前市 »

福そば 本店@福井県大野市

 福井行きの目的は、もちろん越前そば。福井県に入ると、蕎麦屋さんの多さに驚かされます。和歌山市周辺で、中華そば屋さんが多く見受けられるのと、よく似ています。昔領主が飢饉に備えて蕎麦の栽培を推奨したのがきっかけ、とのことらしいです。

PhotoPhoto_2  先ず1店目は、大野市の福そば本店。この日は大野小京都まつりが催されており、店先の道路には屋台が連なっていました。高山など、全国の小京都の物産品が販売されています。

美味しそうな焼餅の隣では、よさこいのような踊りのパフォーマンスも行われており、小さな町の祭りにしては結構な賑わい。そのためか、福そばの店内も凄い人だかりで、接客が追いついていない様子。同席の、三重から来られた御夫婦が、前に来たときはもっとゆったりと食べられた、と仰っていらしたので、普通ならもう少しのどかな雰囲気なんでしょうね。

Photo_5 待つことしばし、やって来ました越前おろしそば。辛味大根のおろしをかけて食べるおろし蕎麦が、この地方の名物なのです。が、おろしがつゆに溶かれているためか、それほど辛味がなくて物足りない印象。つ~んと鼻に抜ける辛さを期待していただけに、ちょっと残念。

しかし、この蕎麦ののど越しの良さは秀逸。風味も良くて、さすがの美味しさ。最近流行の蕎麦屋さんでは、結構細めの蕎麦が多いのですが、こちらは程よく太めで、それがのど越しの良さや、噛み応えの良さにつながっているようです。

Photo_6 こちらは山かけ蕎麦です。山芋の風味が濃いのですが、それに合わせて、蕎麦の風味も少し強いものにしているようです。ですが、それでもやはり強い山芋の風味に蕎麦が負けているように思えて、やはりおろし蕎麦の方が美味しく感じました。しかし、友人はこちらの方が好みに合っていたようで、そこらへんは個人差があるようですね。

Photo_8 蕎麦掻は、蕎麦に比べて色白ですが、風味はしっかり活きています。わさびは見た目本ワサビをおろしたもののようですが、風味は弱め。おそらく、蕎麦の風味を邪魔しないようにだと思われますが、なるほどいい塩梅です。

商店街の、いたって普通の蕎麦屋さんっぽい外見ですが、いい意味で裏切ってくれました。今回は人が多すぎて、少しせわしない食事になってしまいましたが、今度はもう少しゆっくり味わってみたいものです。 

福そば 本店

URL http://www.fukusoba.co.jp/sub5.html

|

« 道の駅 藤樹の里あどがわ@滋賀県 | トップページ | そば蔵 谷川@福井県越前市 »

日本の食べ歩き」カテゴリの記事

麺類と粉もん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/9163191

この記事へのトラックバック一覧です: 福そば 本店@福井県大野市:

» 月見そば [年金問題を解決するブログ]
主人とピクニックに行きました。そこで食べたおそばです。動いた後の食事は本当においしいですね。ありきたりですが、生きてるという感じがします。 [続きを読む]

受信: 2007年11月30日 (金) 13時57分

« 道の駅 藤樹の里あどがわ@滋賀県 | トップページ | そば蔵 谷川@福井県越前市 »