« 青柳@熊本市 | トップページ | 和歌山のマンゴー@瀧本農園 »

九州一人旅

 今回の九州旅行は天候にとても恵まれたのですが、以前一人で訪れたときは親善デーの後は悪天候で、せっかくの景色も雲や霧の中ばかり。

Photo_4 それでも、せっかくだからと佐世保からさらに西の生月島まで足を伸ばしました。美しい吊り橋の平戸大橋、そして写真の生月大橋を渡ると生月島です。世界最大級のトラス橋はとても渡っているととても美しかったのですが、あいにくの天気で御覧のような感じ。ただ、霧の中のトラス橋というのもそれはそれで幻想的ではありますが。

この時は片道600円という料金が高すぎで、2度目は来ないなぁと思っていたのですが、現在は200円に値下げしているそうです。平戸大橋が片道100円ですから、今なら600円で往復出来る訳です。それなら、フェリーに乗らずに行ける九州最西端の島へ行く価値は充分あるかと思います。

Photo_5 何故なら、シーサイドを走る素晴らしく気持ちのいい道があるからです。先端の灯台まで、行きは県道を通っていったのですが、帰りは西側の海沿いの道を。それがこの写真の道で、交通量も少なく海や草原を見ながらの快適な道路。晴れならもっと良かったのですが。

Photo_6 そして、平戸島には平戸川内峠という所があり、この道がまた素晴らしいのです。草原を駆け抜ける区間は僅かですが、足を伸ばす価値は充分にあると思います。何せまっぷるの表紙になっていたくらいで、峠の上からは両側に海が広がり、遠くには対馬から五島列島まで見渡せるのです。ま、それは晴れていればの話で、この時は全て雲の中でしたが(TT)

Photo_7 悪天候続きの九州も、やまなみハイウィエイを抜けて帰る頃にはやっと晴れてきたりで。おかげで、山口の日本海側、角島大橋は素晴らしい絶景となりました。この橋、無料なのが申し訳ないくらいの気持ちいい橋で、渡っているとまるで海の上を走っているような錯覚を覚えます。

Photo_8 橋を渡ると、その先には灯台があり、ふもとの駐車場にはさざえなどを焼いている店が何軒かあります。ここのさざえがたしか1000円くらいだったと思うのですが、なんと10個ほどの数で凄い量。でも味はイマイチで、これなら数は少なくても質を上げて欲しいと思ったり。

普通に中国道を帰ることを思えば、結構遠回りになるのであまりお勧めはできませんが、もし萩などに観光に行かれるのであれば一度立ち寄って損は無いと思います。

|

« 青柳@熊本市 | トップページ | 和歌山のマンゴー@瀧本農園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/7856749

この記事へのトラックバック一覧です: 九州一人旅:

« 青柳@熊本市 | トップページ | 和歌山のマンゴー@瀧本農園 »