« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

品品香@和歌山県白浜

 白浜で夕食となると、今までは長久酒場というのが私の定番でしたが、今回は趣を変えて中国料理を食べに行くことに。白良浜から少し細い道を入った所にある品品香(ピンピンシャン)というお店が今回の目的地。

Photo_59 銀座通りというにはちょっと寂しい雰囲気の通りに、こじんまりとしたしかし可愛い感じのお店があります。店内は雑然とした風で、カウンターとテーブル1席は食器置き場と化していて、座ることは出来ないようです。テーブル5席ほどのキャパでしょうか。いかにも中国といった雰囲気が、なんだか美味しい料理を予感させてくれます。

Photo_60 先ずは蒸し鶏から。いわゆる棒棒鶏ですが、その名前から来る安っぽさは全くないです。普通の細切りではなく、厚めにスライスされた鶏肉は、一口食べただけでいいものと分かる旨さ。それにソースが上品なのに濃厚で、あんまり美味しいのでついついお皿に残ったソースまで舐めたくなるほどでした。

Photo_61 のっけから衝撃的でしたが、続いてのチンゲン菜の湯引きがこれまた絶品。余程いいチンゲン菜なのか、調理法がいいのか、とにかく普通のチンゲン菜を食べたときに感じるエグ味みたいなのが全く無いのです。これに絡むソースがまた絶品で、濃すぎず薄すぎずのぎりぎりのところを見極めている感じ。

Photo_62 こちらは飲茶メニューも充実しているのですが、これは店長さんオススメの海老ニラ餃子。皮がやや弱くて破れ易いのが難点ですが、中の具材のの旨さは今まで食べた飲茶の中でもトップクラス。とにかく自然な風味でプリプリでジューシーで、これには参りました。

Photo_63 フカヒレと貝柱のスープ。乾物臭さが上手く処理された貝柱の、その旨味がたっぷりとスープに溢れていてそれがなんとも美味しいのです。とろっとしたスープはやや薄味ですが、食べ終わるとすっきりとした感じになり、さらに食欲が湧くこと間違いなし。

Photo_64 続いてイカの湯引き。このイカがまた旨い!これはいいイカを使っているのがよく分かる旨さです。それに、細かく刻まれた飾り切りが、これまた絶品のタレをよく絡めてくれるのがいい感じ。これに葱や香采がまたよく合っていて最高の一品でした。

Photo_65 海鮮おこげは、目の前で発せられるジュジューといい音が食欲を増幅させてくれます。この音と香りだけでもすでに美味しいのに、食べるとこれがまた。お酢を添えてくれるのですが、それをかけると酸味が出てアクセントが付きます。とはいえ、素材やスープの味がとても良かったので、私は酢をかけない方が好みでした。

Photo_66 ホンコンあんかけ焼きそば。野菜たっぷりのあんが旨かった。これは野菜自身の旨さもあるのでしょう。たとえばヤングコーンなんかも他とはちょっと違う美味しさでした。このアンがカラッと焼かれたそばに絡むのですから、もうなんともいえない美味しさでした。

Photo_67 広東焼き鴨です。塩と甘味噌でいただきます。皮がパリッとして、身がジューシーで、しかも肉の味がしっかりしているのです。旨くない訳がない。これには甘味噌がめちゃはまりました。普通、この手の料理だと塩が好みなのですが、この甘味噌との相性の良さには、私の好みも勝てませんでした。

Photo_68 デザートは4種類ありますが、全部頼んじゃいました。左上から時計回りに、ライチープリン、タピオカ入りココナッツミルク、マンゴープリン、ココナッツアイスクリームです。

どれも外れのない美味しさでしたが、この中で一番のお気に入りはライチープリンでした。一見出来合いのような見た目ですが、一口食べるとこれがなんともいえない旨さ。ライチーの風味が濃厚で、しっとりとした歯ざわりが心地良くて、この美味しさにはちょっとびっくりしました。

と、最初から最後まで美味しいものばかりで、もう最高の夕食となりました。野菜から海鮮まで素材がいいのはもちろん、調理されている方のレベルも相当なものだと感じました。白浜に、大阪の一流店にも負けない中国料理店があるとは正直驚きでした。

小さなお店には、地元の人がひっきりなしに来店されています。一人4000-7000円くらいの予算のお店ながら、これだけ地元の人に支持されているということを見ても、ここの実力が相当なものだと感じさせてくれます。

これから白浜に来たとき、ここか長久酒場か、どちらに行くか迷ってしまいますねぇ。他にも美味しいピザがいただけるところもあるようですし、ますます迷ってしまうじゃありませんか。

品品香

住所 和歌山県白浜町銀座通り 3309-20

TEL 0739-43-1838

営業時間 17:30-25:30(ラストオーダー)

火曜定休(8月は無休)

URL http://www.k5.dion.ne.jp/~pinpin/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (5)

はま乃@和歌山県白浜

 気絶峡を横目に見ながらしばらく進むと、42号線のバイパスに出ます。そして一路白浜へ。白浜駅前のはま乃へさんま寿司を買いに行きます。白浜駅から車で5分ほどの所に本店がありますが、駅前の支店で購入するのが分かり易くて便利かと。

Photo_56 さんま寿司はお土産に、そして小腹もすいたのでめはり寿司も購入。支店にはもうありませんでしたが、近くにはま乃のめはり寿司を購入できるところがあります。注文すると、その場で握ってくれるのがいい感じ。出来立てのほやほやをいただけます。

めはり寿司の中身は、高菜のみじん切りが入っていたり、味が付いていたりするものもありますが、こちらのはご飯のみのシンプルなもの。その分味付けのしっかりした高菜の風味が良く効いていて、とても美味しく仕上がっていました。

Photo_57Photo_58  そしてこちらがさんま寿司。735円とリーズナブルな値段ながら、手抜きは一切無し。選りすぐられた素材を使用しているそうですが、そういう事を聞かなくても、いいものだということは食べてみればすぐに分かります。

肉厚で臭みの無いさんまの身は酢メシとの相性も抜群で、もっと買っておけば良かったと思うくらいの美味しさでした。京都のいずうやいず重の鯖寿司にも匹敵する美味しさではないでしょうか?これから白浜に来たときは、お土産はこれで決まりってな感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

紀州備長炭記念公園@田辺市

 明恵ふるさと館を出て高野山の方へは行かず、今回は少し戻って424号線を南へ。白浜が目的地なのですが、途中道の駅紀州備長炭記念公園にも立ち寄りたかったのです。

424号線沿いには、しらまの里、水の郷日高川、と2箇所の道の駅があり、少し龍神村の方へ行くと道の駅龍神があります。しかし、この中でも私が一番好きなのはやはり備長炭記念公園なのです。

Photo_53Photo_52   424号線から途中龍神方面に、そして県道田辺龍神線を田辺方面に向かうとこの道の駅が見えてきます。途中道も拡幅され、晴れの日は雄大な紀州の山々を眺めながらの爽快なドライブとなります。小さな道の駅なのですが、バーベキューなども出来るようです。

Photo_54 少し小腹がすいたので、三笠焼きなどを。余計な添加物は殆ど使用されていません。裏に作った人の名前が載っているのがいい感じ。この皮が香ばしくてふんわりしていて旨い!餡の甘さもほどよくていい塩梅。大き目の三笠ですが、すいすいとお腹に収まってしまいました。

Photo_55 そして、これが今回お土産に買った梅干です。左が200円ほど、右の大粒のが400円ほどです。左のもので普通の南高梅の大きさ、右のものは小さな柚子ほどの大きさです。もうびっくりするくらいの大きな梅干。

こちらには何種類もの梅干が販売されているのですが、どれも無添加、そしてそれぞれ製作者が違います。いろいろ買ってみて誰のが美味しいとか比べてみるのも楽しそうですよね。値段もお手ごろですし。

さて、この梅干、食べてみるとこれがしょっぱいのなんのって。一粒でご飯2杯は行けます、ほんとに。しかし、よく味わってみるとただしょっぱいだけでなく、南高梅の甘酸っぱい風味も感じられます。これがほんまもんの梅干なのでしょう。無添加なのに、常温で1年の賞味期限というのも、このしょっぱさのおかげでしょうし。

それに、これだけしょっぱいと食べる量も節約出来てコスパも抜群。健康面でも、むしろ減塩の漬物を沢山食べることを思えば、これを1個だけとか半分だけとかの方が塩分の摂取量は少なくすむはずです。

と、私はここの梅干が大のお気に入りですので、いつも白浜の方へ足を向けるときは、ここに立ち寄るのを楽しみにしているのです。

道の駅 紀州備長炭記念公園

URL http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/w10_kisyubinchoutankinenkouen/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

明恵ふるさと館のお土産

 明恵ふるさと館にはいろいろと魅力的なお土産があったのですが、今回購入したのがみかんジュースとパンとよもぎ餅。

Photo_49Photo_48   よもぎ餅と、お焼き風アンパン。よもぎ餅はアン入りです。どちらも、アンがさっぱりとして甘さが程よくて丁度いいんです。よもぎの風味、アンパンの生地の香ばしさもいい感じで、とても美味しかったです。

Photo_50Photo_51  こちらはパウンドケーキ。4種類あったのですが、購入したのは地酒の黒牛の酒粕入り。きめ細かなしっとりとした生地は、ほんのりとお酒の香りがしていてとてもいい風味。他にチョコや抹茶もあったと思うのですが、それらも食べてみたいですね。

後は天然酵母の田舎パンなども頂きましたが、素朴でぎゅっと身が詰まった美味しいパンでした。

ですが今回、以前訪れたときにあったよもぎパンが無かったのが残念。緑色のマーブル模様がとても綺麗なその食パンは、しっとりとしてよもぎの香りが強烈で、なんともいえない美味しさでした。予約すれば焼いてくれるそうですので、今度は予約して行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅 明恵ふるさと館@和歌山県金屋

 和歌山県には世界遺産にも登録された高野山と、そこから竜神温泉まで続く高野龍神スカイラインがあり、そのどちらも私は大好きなのですが、問題はアクセスの悪さ。橋本方面から行くと、どうしても狭くて混雑する370号線か、更に狭い371号線を通らなければならないのですが、それを解消してくれるのが吉備インターから清水町を通る480号線を使うルート。

ところどころ狭くなるところはありますが、通行量は少なく、ストレス無く気持ちよく走れます。そのルートには金屋と清水の2箇所に道の駅があるのですが、おすすめはなんといっても金屋町の明恵ふるさと館。駐車場の広さや施設の立派さでは清水の方が圧倒的に優れているのですが、それだけでは語れないのが道の駅の面白いところ。

Photo_44 御覧のような小さな道の駅。駐車場も30台ほどのスペースのみ。ところがこの道の駅、中に入ると焼きたてのパンのいい香りがするわ、地元の美味しそうなものが揃っているわでわくわくしてしまうのです。奥の喫茶スペースでは地元の人がくつろいでたりしていい感じ。

Photo_45Photo_46  店内の喫茶スペースでは、購入したパンを食べることも出来ます。(喫茶のメニューを注文するのが条件ですが)左の写真はフランスパンのチーズのせ。パン生地もチーズもいい風味でこりゃ旨い!パフェのソフトクリームもなかなかの美味しさでした。

以前訪れたときにとても美味しかった記憶のあるイチゴジュースが、今回は無かったのが残念。季節メニューのようですのでまた改めて来ようと思います。

Photo_47 この時飲んだみかんジュースがあまりに美味しかったので、お土産にすることに。濃縮還元ではないストレートのジュースなので、こくのある飲み応えが心地いいのです。甘さが結構しっかりしてますが、上品な甘さなので後口にしつこさが無いのもいいところ。酸味の効いたみかんジュースが好きな人にはやや甘すぎるかもしれませんが、私の好みにはぴったりのジュースです。

と、小さいながらもなかなか地元の美味しいものが揃っている、いい道の駅なんです。お土産に、他にパンやよもぎ餅なんかも買ったのですが、その紹介はまた後日。

一人旅に出ると道の駅がとても重宝するのですが、それも場所によってさまざまなんですよね。地元に根付いた、その土地を感じさせてくれる道の駅と、本当に施設だけの出来損ないのサービスエリアみたいなところと2種類に分かれるように思います。ここの道の駅は間違いなく前者だと感じました。

明恵ふるさと館

URL http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/w16_myouehurusatokan/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パン工房La Boulangerie enfant(アンファン)@和歌山市

 和歌山市でどこか美味しいパン屋はないかと、いろいろ買ってみたものの、あまりこれというお店を見つけることは出来ませんでした。ところが最近、お得意様に教えていただいたお店のカレーパンがやたらと美味しかったのです。それが三木町にあるenfant(アンファン)。

P1000053P1000064 カレーパンは2種類あって、こちらは牛すじ黒カレーパン。普通のカレーパンはラグビーボール型です。私のおすすめはなんといってもこの黒カレー。トロッとしたすじ肉と、よく煮込まれたルー、それにもちもちの生地が組み合わさってなんとも言えない旨さ。

P1000065 こちらはクリームパン。ほかにも揚げアンパンなどもあるのですが、ここの揚げパンがどれも旨いのです。それはやはり生地が美味しいからでしょうね。もっちりとしてるのに軽くて、変なしつこさがないのがいいところ。中の具材をうまくひきたてている感じです。

P1000056 他にタルトなんかもあったりして、それがまた美味しいからびっくり。サンドイッチなんかもとても美味しかったです。食パンやフランスパンは結構普通な感じ。揚げパンのような、めちゃ旨とまではいかないというのが正直なところ。

小さなお店ですが、店内は美味しそうなパンで溢れていて、とても感じのいいパン屋さんです。美味しいパン屋さんは意外と、とても身近にあったのですね。

アンファン

住所 三木町交差点の北東側

| | コメント (5) | トラックバック (0)

十八番(おはこ)@和歌山市

 先日、久しぶりにダーツ仲間が集まってもつ鍋を食べに行きました。K君が見つけてきてくれた十八番(おはこ)というお店。舟津町交差点近くにある、まだ出来て1年とたっていないお店です。

P1000072

P1000078 もつ鍋が来るまで、すじポンやキムチの盛り合わせをいただきました。このすじポンがなかなかの旨さ。臭みもなく、噛み応えが心地いい美味しいすじポンでした。キムチはやや漬かりが浅く、甘味があるタイプ。私の好みには合っていますが、辛いもの好きの人には物足りないかも。

P1000070 ナムルや生キモなんかも頂いているうちに、もつ鍋がやってきました。鍋の上にはもやしが天高く積みあがっています。基本は1800円ですが、いろいろな種類のお肉や野菜をトッピング出来るのがいいところ。油かす(小腸を揚げたものだそうです)なんかも選べます。

P1000083 しばらく煮込んでいくと、御覧のようにもやしも沈下していい感じになってきます。この野菜達が、食材の旨味を吸ってなんとも旨い!そしてホルモンの旨さ。特に、油かすの旨さがなんとも言えません。独特の匂いはありますが、くにゅくにゅとした食感がたまらなくて病みつきになりそうです。

スープがまた辛さの中にも甘味があっていい感じ。唐辛子で辛さを調整できるのもいいところ。

P1000089 たっぷりホルモンを堪能した後は、お約束のラーメンを。ストレートの細麺がスープによく合っていて、こりゃ美味しいったらありゃしません。そして、その後残ったスープで更に雑炊を。これで、お鍋はすっかり綺麗にスープ一滴残されていない状態に。

美味しいもつ鍋を食べられるところを探していたのですが、今回それが見つかったようで大満足。アットホームな雰囲気も心地よくてとてもいいお店でした。目立たない場所なので認知されにくい部分はあるでしょうが、頑張ってほしいものです。

十八番

住所 大浦街道のツタヤの向かい側 地図はこちら

TEL 073-432-0018

営業時間 17:00-0:00 火曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (1)

堂島ロール@モンシュシュ

 先日、岩出の店に行くと、事務員さんが大阪で買ってきたロールケーキを置いてくれていました。有名なモンシュシュの堂島ロールだそうで、結構並んで買われたようです。

Photo_43 いやぁ結構分厚く切っていただいてありがとうございます(^^)切り口を見ると、圧倒的な生クリームの量が目に付きます。生地はまるでおまけのよう。しかし食べてみると、このスポンジがしっとりこくがあっていい感じなのです。

それにも増してこのクリームの旨さ!ミルク感たっぷりでコクがあるのに、しつこさや重さといったものが全くないのです。これだけの量ながらあっというまに食べ終わってしまいました。こりゃ1本でもいけそうです。

しかしこのロールケーキ絶品ですね。さすがに有名なだけあります。ただ、この強めのミルク感が苦手な人もいるかもしれません。そういう人はエスコヤマのロールケーキのほうが合うのかもしれません。

生地がしっとり軽かったころのデリチュースのロールケーキと比べてみたい、美味しいロールケーキでした。今、私が一番好きなロールケーキに出会えた気がします。いいものを、たっぷり頂きまして感謝感激です。

パティシェリー モン シュシュ

URL http://www.mon-chouchou.com/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

たまにはこってりと@マイカー食堂

 たまにはこってりとは琲魔人で締めと思っていたのですが、この間行ったマイカー食堂がこれにぴったりの店だったので今回もその続きです。

友人がここでもつ鍋を食べて、なかなか美味しかったと言っていてので、食べに行きたいとは思っていたのですが、毛見ということもありなかなか行くことが出来ませんでした。で、今回やっとこさ行けたのですが、びっくりするのがメニューの多さ。壁一面に所狭しとメニューが張り出されています。

P1001347 中華に韓国に種類が沢山あって悩みましたが、先ずはユッケを。これで美味しくなかったら、たんにメニューが多いだけの店となるのですが、これがなかなかの美味しさ。そこらへんの焼肉屋さん顔負けのユッケです。これはご飯にぴったりですね。

P1001346 続いて、もつ煮込みです。本当はもつ鍋が食べたかったのですが、今回は一人なのでもつ煮込みに。臭みがなく、もっちりしっかりとした歯ごたえのモツと、結構あっさりめの味噌味の組み合わせが絶妙。これをご飯にぶっかけて食べるともうなんともいえません。

P1001348 最後はラーメンで締め。ラーメンだけでも何種類かあるのですが、今回は普通のものを。スープもチャーシューもなんだか業務用っぽい味ですが、締めの一杯としては良くまとまっていると思います。どこぞの臭いラーメンよりはよっぽどましかと。

値段もそこそこ安くて、多彩なメニューがあり、そのどれもがなかなかの美味しさ。なるほど、家族連れから作業着のお兄さんまで多種多様なお客さんで溢れているのも頷けます。チェーン店に行くならこっちの方がおすすめです。

昔はバスで営業していたそうですが、店構えからもそれが伺えます。見た目はちょっと怪しい雰囲気ですが、中に入ると店員さんも元気で明るい、いいお店でした。

※ 後日また訪れたのですが、その時衛生的にちょっとという事象があったことと、その事を結構かる~く流されてしまったことを付け加えておきます。個人的にはこういうのもアリかなと思うので、2度と行かないということはないですが、そういうのがダメな人は行かない方が無難でしょう。あと、焼きそばのイカが結構臭かったのもマイナスポイントか。

マイカー食堂

住所 和歌山市毛見1107

TEL 073-445-5502

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまにはこってりと@琲魔人

 最近大食いバトルみたいなのがまた流行りだしている様で、大盛りが名物の店なんてのもよく紹介されていますが、和歌山でその手の飲食店といえば先ず名前が挙るのが、竈山神社近くの琲魔人。

なんだか暴走族の当て字みたいですが、最近店舗を改装してちょっとおしゃれになりました。それとともに、馬鹿馬鹿しいほどの大盛りは影を潜めたようにもおもいますが、それでも依然和歌山ではトップクラスの量を誇ります。

P1000068 これが普通の日替わりランチなのです。ヘレカツにハンバーグ、そしてエビフライ。珈琲付きで850円。ご飯大盛り100円アップにすれば誰でもお腹一杯間違いなし。

以前はもっとこってりこてこてな感じでしたが、改装してから揚げ物が少し上品になったような気がします。ボリュームも少しおとなしくなったように感じますが、その分万人受けする味付けになったような。

P1001314_1 そしてこちらが、私のこってりジャンキー気分を最大限に満足させてくれる、スバゲッティイタリアンです。最近はスバゲッテイではなくパスタなんて呼ばれて、味付けも複雑で、湯で加減もアルデンテなんてのたまわったりしてますが、このイタリアンにはそういうのを鼻で笑っているような開き直りを感じます。

たっぷり家庭用のケチャップを1本は使っているんじゃないかと思われるようなこってりとした感じに、柔らかめの麺は普通の2人前はゆうにあります。具は、プレスハムにタマネギ、そして冷凍のミックスベジタブルというチープさ。それがまた堪らないのです。

最近あまり見かけなくなった、昔喫茶店で鉄板に載せられて出てきたイタリアンそのままの雰囲気。食べ終われば皿にも口の周りにもケチャップがべったり。こってり気分もお腹も大満足となる訳なのです。

昔は、これとびっくり丼(ボールのような器にカツ、親子、他人が3種類それぞれ普通の1人前づつくらい盛られたもの)を一緒になんて無茶もしたものですが、最近はいろいろな事情でそれも出来なくなってしまいました。あのびっくり丼はメニューに無いようでしたが、無くなってしまったのでしょうか?

琲魔人

住所 和歌山市坂田389-22

TEL 073-472-5076

木曜定休

| | コメント (1) | トラックバック (2)

たまにはこってりと@あらい

 以前も紹介した、宮前駅近くのあらいですが、そこのそばめしが最高なのです。

Photo_1 これは豚入りで550円。ミックスでも600円です。このそばめし、とにかく量が多い!普通の焼き飯と焼きそばを足したくらいの量といえば分かりやすいでしょうか。私がこれだけでお腹いっぱいになるくらいですから、こってりがっつり気分を満足させてくれることは保証します。

しかも、ただ量が多いだけではなく、味もいいのがここの美点。だから、量が多くても途中で食べ飽きるということが無いのです。味も含めて、コスパの高さは今回間違いなくナンバー1です。

その他のたこ焼きやおでんもリーズナブルかつ美味しくて、ここに来るとついつい食べ過ぎてしまいます。閉店が8時とやや早めなので、仕事帰りに行くのが少々難しいというのが唯一の難点でしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまにはこってりと@ジャンボたこテラス

 こってり第2弾は、北の新地にあるジャンボたこテラス。公園前通りにあるので、知っている方も多いと思います。

1 こってり気分を満喫させてくれるのは、看板のたこ焼きではなくこの塩焼きそば。赤いウィンナーがチープな感じでこれがいいんです。塩ダレの辛さ加減もバッチリ。量もたっぷりとしているので、こってりジャンキーな気分を満足させてくれます。

2 看板メニューのジャンボたこ焼きです。たこ焼きはジャンボサイズと普通のが2種類選べます。ソースもこってり系で、お腹いっぱいになるのは間違いなしなのですが、少々値段が高いのと、大きすぎて生地にまとまりが無いように思えるのが難点か。

Photo こってりばかりかと思いきや、おでんは結構あっさり。特に、自家製の柚子味噌で食べるとさらにあっさり。皿の左に付いているのは、辛子ではなく柚子味噌なんです。私は、ロールキャベツや肉団子と、この柚子味噌の組み合わせに結構はまってます。

こちらも、好き嫌いが分かれるお店だとは思いますが、私は結構好きなんですよね。特に塩焼きそばのこってりジャンキーな、そしてチープな感じが好きなのです。

ジャンボたこテラス

住所 和歌山市北ノ新地東ノ丁15

TEL 073-425-1140

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまにはこってりと@岩ちゃんラーメン

 普段はあっさりとしたものが好きなのですが、たまにめちゃこってりなものが食べたくなったりします。こってりかつジャンキーなものを欲するのですが、そんな時ファーストフードでは面白くありません。

そういう時に、ついつい行ってしまう所が何軒かあるのですが、今回は第一弾、岩出市の岩ちゃんラーメンです。市役所近くのよやきやもいいのですが、よりこってりジャンキーなのはやはりこちら。

P1001031 いつも先ず注文するのが、このホルモン焼き。しまちょう、てっちゃん等、部位を選べます。これとご飯がよく合うんです。味付けも濃くて、ご飯がいくらでもすすんでしまいます。臭みもほどよく抜けていていい感じ。

P1001032 そして、必ず注文するのがこのチャンポン。このジャンキーな雰囲気がまたたまりません。野菜がたっぷり入っているので、健康への言い訳が出来るのもいいところ。このチャンポンとご飯がまたよく合うので、ご飯がついつい進んでしまいます。

この後にコーラを飲めば、こってりジャンキーフルコースの完成です(^^)/って、こんなことしてるから太るんですよね...でも、たまに無性にここのチャンポンが食べたくなるんです。

店内は清潔感とはかけ離れているし、味付けも万人受けはしないでしょう。ご主人も個性的で、愛想がいいとは決して言えません。それにコスパもそれほど高くないですし。それでも、岩出の人の中には私と同じように、たまに無性に食べたくなる、という人がいるんですよねぇ。ま、それこそジャンクフードの真髄ってことなんでしょうね。

あ、そういえばこの間行ったとき、ご主人が不在で奥さんが調理していたのですが、なんだか妙にあっさりしていてよろしくありませんでした。面白いもので、同じ材料を使ってるはずなのに違いが出るんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

最近のデジカメ事情

 ブログをするようになってから、何が腹が立つっていえば、撮った写真がピンボケだった時が一番腹が立ちます。携帯で撮ったときなら諦めもつきますが、デジカメのときだと自分の腕を棚に上げて、デジカメを恨んだりして(^^;;

で、今回新しく購入したのがパナソニックのFX30(ちなみに今まではFX7)。薄さを売りにしているFX30ですが、ぱっとみそんなに薄く感じません。FX7と並べるとなるほど多少薄く感じますが、デザインなどはほぼ同じで、新しいものを買ったという満足感はあまり感じられません。

ところが、実際使用してみるとこれがとてもいい感じ。

P1030514P1000048_1 左がFX7で撮ったSOBOのもの。右がFX30で撮ったたかまのもの。これは極端ですが、同じような照明下でこれほどの差が出るのです。どちらもかんたんモードで特殊なことは一切していません。

食事に行った際は、写真を撮るのにそんなに時間をかけられませんよね。ぱっと撮ってしまって早く食べないと、となるので照明に応じて設定を変えるなんてことはやってられません。となると、いかにかんたんモードで綺麗にとれるかが重要。

その点、FX7には大いに不満がありました。屋外ではとてもよく撮れるのですが、暗所でのフラッシュ無しとなると、とたんにピンボケしたり色合いが悪くなったりと。

それに比べ、今回のFX30は相当のレベルになっています。これは、ピント合わせの速さ、シャッターを押してから撮れるまでのタイムラグの減少など、いろいろな要素が絡みあってのことでしょう。もちろん、まったくピンボケがなくなったという訳ではないですが、実感として半分以下になったのは間違いないです。

その他、バッテリー持ちや暗所でのフラッシュ無しでの写りの綺麗さなど、いろいろと改善されています。実際使用する場合は、薄さなどよりこういう事が実は一番重要なんですよね。メーカーも、あまり感じられない薄さなんかより、こういう点をもっとアピールすればいいのにと感じましたが、インパクト重視なのでしょう...

なにはともあれ、FX30には大満足。恐らく他社のデジカメも同じように進化しているでしょうから、今使用しているデジカメに不満のある方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

醤油そば 一信@大阪市此花区

 最近何冊か見た雑誌の、ラーメン特集などで必ずといっていいほど出てくるのが今回訪れた一信です。黒小麦を使用していると言う蕎麦のような麺に興味津々で、いつか食べてみたいと思っていたのです。

場所は此花区の郵便局の近く。住宅街の中の分かりにくい場所ながら、これだけ有名というだけで期待度が高くなります。

Photo_42 煮玉子入り醤油そばを注文。見た目は本当に蕎麦のよう。ですが、スープをすするとしっかりラーメンです。あっさりとした醤油味ですが、ほのかに香るいりこの風味がいい感じで、とても懐かしい想いにかられるラーメンです。麺も相当のレベル。

それに加えて、しっかりした噛み応えのチャーシューがいい感じ。個人的には、とろとろのチャーシューよりも、このようなしっかりとしてそれでいてジューシーなチャーシューがすきなのです。

と、全体によくまとまったとても美味しいラーメンでした。ただ、インパクトという点では弱くも感じましたので、遠くから来たりしてラーメン食べ歩きみたいな感じで来るとがっかりとなるかもしれません。普段普通の食事として食べて、長く飽きの来ない味のように思いました。

醤油そば 一信

住所 大阪市此花区春日出中2-14-23 マンション住田 1F

TEL 06-6460-8566

営業時間 11:30-13:30 18:00-22:30(日曜は夜のみ)

木曜 第3水曜定休 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

蕎麦 たかま@大阪市天神橋筋

 先日、鬼平を見ると軍鶏鍋が食べたくなると書きましたが、もう一つ食べたくなるのが蕎麦。その話に蕎麦が出てこなくても、何故か食べたくなるのです。それが今回は、それを見る前に美味しい蕎麦屋さんに行っていたので、余計に蕎麦が食べたくなってしまいました。

そのお蕎麦屋さんが、天神橋筋7丁目にある”たかま”なのです。天神橋筋商店街も、7丁目に入るとアーケードも無くなり、北上するにつれ寂しくなっていきます。こんなところに蕎麦屋さんなんてあるのだろうか?と、思い始めたころにひっそりと佇むおしゃれなお店が。

Photo_34 外観と同様、おしゃれで落ち着いた店内に入り席に着き、メニューを見ると、なかなか美味しそうなお酒の品揃えと1品物の多さに目が行きます。蕎麦といえばやはり日本酒。ええ、運転しなければならないので飲めないのがほんと悔しいです。

Photo_35Photo_36   蕎麦味噌に、だし巻きです。蕎麦味噌は、ゆずの香りがよく効いていてなんともいえない旨さ。出し巻きは、出汁が良く効いているのはもちろん、中身の滑らかさも秀逸で、これまたなんとも旨い。横で、これらと日本酒を一緒に味わっている友人が、ほんと恨めしくなりましたよ(^^;;

Photo_37Photo_38   蕎麦がきに、ホタルイカの沖漬け。蕎麦がきは、蕎麦の香りこそ思ったほど強くないですが、口当たりが柔らかくてなかなかの美味しさ。本わさびと辛味大根が添えられて、それがまたよく合うんです。ホタルイカは、一口食べて日本酒が我慢できなくなってしまったので、友人にあげてしまいました。この店が歩いて来られる場所ならいいのですが...

Photo_39 天ぷらの盛り合わせは、塩のみでいただきます。この塩がまたいい塩のようで、なんともいえない旨さなのです。天ぷらの揚げ具合も申し分なし。ぱりっと軽い口当たりの衣がいい塩梅で、具材の旨さと相まってとても美味しくいただきました。

Photo_40 いよいよお待ちかねの蕎麦がやってきました。こちらは辛味大根そば。蕎麦は、殻入りとさらしなの2種類が選べ、こちらは殻入りです。思ったほど蕎麦の香りは強くないですが、とにかく喉越しが心地いい蕎麦です。ツユがこの蕎麦にまたよく合っていて、全体にさっぱりと上品にまとまっています。

Photo_41 こちらは、辛味大根そばの冥加添え。麺はさらしなですが、香りは殻入りに比べてそれほど弱いとは感じませんでした。喉越しや麺の滑らかさは尚更いい感じで、私はこちらの方が好みに合っているように思いました。今度はこの蕎麦を、もっとシンプルに盛りとかで食べてみたいですね。

この後、ツユを蕎麦湯でいただいて,大満足。なんとも美味しい蕎麦湯で、最後の一滴までいただいてしまいました。

全体に値付けはやや高めのようにも思えましたが、これほど美味しい蕎麦とサイドメニューの数々をいただいたら、それも納得と相成りました。遠くから来る価値のある、いいお蕎麦屋さんです。

たかま

住所 大阪市北区天神橋7-12-14  グレーシィ天神橋ビル1号館

TEL 06-6882-8844

営業時間 11:30-14:30 17:30-20:00 月曜は昼のみ 火曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鬼平

 楽しみにしていた鬼平犯科帳を見た。彦十が長門弘之の時点で萎えてしまった。

やっぱり彦十は猫八さんが良かったな~と、しみじみ感じた次第です。

それにしても、鬼平を見るたびに軍鶏鍋というものを食べたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

うまい屋@大阪天神橋筋

 麺乃家を出た後、うまい屋へたこ焼きを食べに。天神橋筋商店街にある有名店なのですが、出火で改装していた為なかなか食べに行くことが出来なかったのです。場所は洛二神の隣り。

到着すると凄い行列。以前洛二神を訪れたときは行列なんて出来ていなかったのですが...日曜だからなのでしょうか、そういえば洛二神へは平日訪れましたから。こんなことならあの時食べておくんだったなと思ったり。

2_1 行列をこなして店内に。新築だけあってとても綺麗な店内です。たこ焼きが出てくるまで、懐かしいビン入りのコーヒー牛乳を。待つことしばし、 結構焼きあがるまで時間がかかります。行列の原因はここら辺にもあるのでしょうか。

3 さあ、お待ちかねのたこ焼きです。ソースも常備していますが、先ずはそのまま。カリカリの外側がなんとも香ばしい。そして中はとろっとして、よく出汁が効いてなんとも言えない旨さ。これは時間をかけて焼き上げるのも納得の美味しさです。

ただ、蛸自体の味が少し弱いような気もしました。出汁の効いた生地に負けてしまって存在感が薄らいでいるような。これは一緒に行った友人も同意見でした。やはり田辺の大たこの、蛸自体のうまみが溢れるようなたこ焼きの方が好きだな~というのも同意見。

とはいえ、並んででも食べる価値ありの美味しいたこ焼きでした。天神橋筋商店街、なかなか美味しいお店が沢山あるようで、ここら辺に住んでいる人はいいですね~。

うまい屋

住所 大阪市北区浪花町4-21

TEL 06-6373-2929

営業時間 11:30-19:00 火曜定休(祝日の場合は営業)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

麺乃家さんの無料券

 桜も満開となり、春爛漫といった感じですね。和歌山城もすごい人でした。

3月もあっという間に過ぎて4月になったわけですが、以前望麺会でいただいた麺乃屋さんの無料券が3月いっぱいということもあり行ってきました。

Photo_31 紫蘇入り餃子とから揚げ。餃子は3種類あるのですが、紫蘇入りは初めて。もちもちの皮とジューシーな餡は相変わらず。そこに紫蘇の風味が効いていい塩梅。3種類どれにするか悩んでしまいますね。から揚げはよく味が染みていて、ご飯にめちゃ合いました。ビールにも最高でしょうね。

Photo_33Photo_32   左が、これまた初めてのカレーラーメン。右は麺乃家(醤油)ラーメン元味。醤油ラーメンはオーソドックスな旨さ。あっさりとして突出した所はないですが、食べているうちにしみじみと旨さが染みて来る感じ。毎日でも食べたくなるラーメンです。

カレーラーメンも結構あっさり。醤油よりも太くて歯ごたえのある麺がよく合っています。そのスープに合った麺を、きっちり使い分けているあたりにこだわりを感じさせられます。

何度来てもここは美味しいですね。どのラーメンもあっさりしているのですが、奥からなんともいえない旨味が溢れてくる感じがたまらないのです。サイドメニューも美味しいものばかりだし。今度は梅塩を食べに来ようっと。

麺乃家

住所 大阪市中央区上本町西5-1-6

TEL 06-6761-9117

営業時間 11:30~15:00 17:00~23:45日曜は22:00まで

月曜、第3火曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »