« SOBO@和歌山市 | トップページ | 麺乃家さんの無料券 »

あなごのしゃぶしゃぶを”和彩 あきら”で

 展示会最終日の打ち上げは、和彩あきらで。以前アナゴ丼を食べてから、ここのアナゴのしゃぷしゃぶがめちゃ食べたかったんです。もうお気づきの方もいるかもしれませんが、この2日連続の打ち上げは、単に私の行きたいところに打ち上げ名目で行っただけなんです(^^;;

P1030529 先ずはお刺身の盛り合わせ。ちょっとピンボケですが、右に見える魚の頭はコチです。そのコチの身とアナゴを軽くあぶったもの、そしてマグロの盛り合わせとなっています。アナゴは香ばしくて身がもちっとしていて、なんとも言えない旨さ。マグロもなかなかの美味しさですが、なんといってもこのコチの旨さが格別。最上級のヒラメもかくやといった感じの、旨味たっぷりの身。そして、もちもちぷりぷりの歯ごたえが堪りません。やはり、不細工な魚ほど旨いんですね。

Photo_28Photo_27  右がアナゴの天ぷら、左が太刀魚の紫蘇と梅肉の挟み揚げです。アナゴの天ぷらの旨さには、一同感嘆の声。太刀魚の方は、少々油っぽく不評。う~ん同じ揚げ物なのに不思議ですね。

Photo_29 ホウボウの刺身です。鮮やかなグリーンのヒレが目をひきます。もちもちとした身はなかなかの旨さですが、コチには一歩譲るというのが正直なところ。ホウボウの煮物も頂きましたが、この魚は火を通した方が旨味が増していい感じだと思いました。ただ、味付けは酒飲みには少し薄いようでした。

Photo_30 そしていよいよアナゴのしゃぷしゃぶです。薄いピンク色の綺麗な身を、鍋でしゃぷしゃぶして頂きます。長めに煮込んでも全然大丈夫。むしろ甘味が増し、スープや他の食材に旨味を提供してくれますし。しかも、長く煮込んでも全く旨味が落ちていないのが凄いところ。

さすがに店の看板メニューだけあって、このシャブシャブは絶品ですねぇ。あなごって鍋にしても旨いものなんですね。もちろん、このアナゴ自体の旨さがあっての事なのですが。それにしても、天ぷらにしても、刺身でも、そして蒸しても茹でてもいけるのですから、アナゴってたいしたもんです。

最後は雑炊を頂いて大満足の鍋となりました。このしゃぶしゃぶはクセになりそうですね。しかし、このお店、アナゴと他の料理で1ランク違うようにも思えました。何が違うのかは分かりませんが、いずれにせよここの真髄を味わうにはアナゴを食べないとと思った次第です。

和彩 あきら

住所 和歌山市和歌浦西1-8-7

TEL 073-444-0487

営業時間 11:00~13:30 18:00~21:30 月曜定休 日祝は夜のみ

|

« SOBO@和歌山市 | トップページ | 麺乃家さんの無料券 »

和歌山市の食べ歩き」カテゴリの記事

和食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/82083/5906140

この記事へのトラックバック一覧です: あなごのしゃぶしゃぶを”和彩 あきら”で:

» 和彩あきら@和歌山市和歌浦 [毎日快晴時折曇天]
昨晩の夜ご飯ネタもあるのですが、既に記憶がヤバくなっているので、先に先週の和歌山ネタを出します。 こちらの加太の温泉でまったりお湯して丁度18:00過ぎ。お腹も減ったし折角だから魚料理が良いよねぇ、と両親と相談。加太方面は不案内なので和歌浦に移動しよう!...... [続きを読む]

受信: 2007年4月15日 (日) 02時28分

» 加太 国民休暇村 周辺ガイド [国民 休暇村 国民宿舎で温泉 旅行]
加太 国民休暇村の周辺ガイドです■ 遊ぶ 自然の小径ハイキング フロントで「自然の小径」地図を用意していますので、受け取って下さい。休暇村本館玄関から左に出て、100m歩くと砲台跡遊歩道の入り口につきます。ウバメガシの原生林の中に明治時代にでき...... [続きを読む]

受信: 2007年4月21日 (土) 22時38分

« SOBO@和歌山市 | トップページ | 麺乃家さんの無料券 »