« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

堺で韓国料理

 日曜日、午前の講習が終わってから鬼さんとサバゲに。

その帰り、夜ご飯を堺東の商店街に食べに行きました。以前、ここで食べた餃子が美味しかったので、そこを目指したのですが、なんと日曜定休。前は日曜に食べに行った記憶があったのですが、これはショックです。で、仕方ないので商店街をブラブラ。

ふと、商店街から少し入ったところに韓国料理屋さんが。なんだかおしゃれな作りで、ここにしようかと入ることに。

カウンターに座ったのですが、先ずテーブルの上がベタベタなのに気付き、早くも嫌な予感。こういう所で旨かったところってあまり無いんですよね。

P1000006_1P1000004_3 その予想通り、味の方もイマイチ。鉄板焼きは、辛いだけで味があまりしないし、チヂミはやたら油っぽくて生地が重いし。他の一品物にも共通していましたが、どれも味の芯が一本抜けているような感じ。最初の嫌な予感は、不幸にも的中してしまいました。

という訳で、飛び込みで入った店で食べる面白さと怖さを、同時に味わった週末となりましたとさ。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

居酒屋 たかだ@泉佐野市

 金曜の夜、鬼さんと泉佐野のショップに行ったのですが、生憎閉店後。気落ちしつつ、BBGUNに向かって旧26号線を北上。で、どこかでご飯でもと思っていたら、なにやらとても賑わっているお店が。ここはもう直感を信じて、速攻車を停めたのです。

入ってみると、清潔な店内に元気な店員さん、そして所狭しと張られた美味しそうなメニューの数々。これはいいぞ、と内心思いつつ、いつものようにかたっぱしから注文を。

P1001279 先ずは付きだしから。付きだしというと、けっこう適当なものを出す店が多いなか、こちらのは気合が入っています。小魚の佃煮も、野菜の煮物も、絶妙の味付け。どれも手が込んでいて、これはいきなり酒がすすんでしまいそうです。といっても、私は運転手ですからウーロン茶なんですけどね(^^;;

P1001280P1001283 生牡蠣と蟹。牡蠣は580円、蟹は980円です。どちらも値段を考えると信じられないような旨さ。特に、この牡蠣の鮮烈な味は感動的でした。だいたい200円から1000円くらいまでのメニューが殆どで、きっちり明瞭会計なのも嬉しいところ。早くもこの店がお気に入りになってきていたり。

P1001282 上がキスの天ぷら。下が蛸です。キスは天つゆで、たこはなんとマヨネーズで頂きます。このマヨネーズと蛸が結構合っていたりするから不思議。しかし、衣にもしっかり味が付いているので、そのまま食べても充分美味しかったです。どちらの揚げ具合も丁度よくて、これまた美味しい天ぷらでした。

P1001288P1001284 ふぐの白子のホイル焼きと、トリ貝を酢味噌で。白子の旨さは言うまでもないですが、このトリ貝がまた旨かった。くにゅくにゅとした歯ごたえがまた蠱惑的で、酢味噌にもよく合ってなんともいえない旨さ。

P1001285 寿司の盛り合わせと、自家製ポテトサラダ。盛り合わせは900円なのですが、これまた値段以上の旨さ。トロの脂の旨さといい、アナゴの柔らかな歯ごたえといい、もう旨いとしか言い様がないですね。

そして、このポテトサラダがまた旨かった。だいたい自家製とかメニューに書いているものって、たいしたことがないものが多いのですが、これは違いました。さらっとした食感がとても軽やかで、ほっとする美味しさのポテサラでした。

P1001287P1001286 レンコンのはさみ揚げと、ホタテの醤油焼き。ホタテの醤油焼きは、醤油がしっかり効いているのに、しつこくない逸品。日本酒が欲しくなる味です。そして、このレンコンのはさみ揚げがこれまた。中のすり身はおそらくイカでしょうか?なんとも独特な風味のはさみ揚げで、これがまた旨いんです。アラレをまとった衣も、レンコンとよく合っていていい感じ。

P1001291P1001289 いいダコの煮物と出し巻き玉子。出し巻きは間違いのない美味しさ。ほっこりといい感じ。いいダコの旨さは、これまた格別。この店の煮物は、どれも結構味付けがしっかりしているのですが、あっさり好きの私でも気にならず美味しく頂けるのが美点。酒飲みにも、食事目当ての人にも納得できる味付けが絶妙。

まぁしかし、このたこが抱いていた卵は、鬼さんと分け合うのが惜しいくらいの旨さでした。

P1001290 こちらは粕汁です。具材がたっぷりで、その中でも大根の旨さがなんともいえませんでした。よく味の染みた大根というのは、なんでこんなに美味しいのでしょうか。粕汁自体の味も勿論美味しかったのですが、もう大根にやられてしまいました。その大根がたっぷり入っているんですから、こりゃもうなんと言っていいのか。

P1001293P1001292 鯖の棒寿司と、うにイクラ丼。ふわっと握られた酢メシには胡麻と紫蘇が混ぜられていて、これがまた鯖によく合っていました。厚身の棒寿司も美味しいのですが、こういうのも新鮮でいいですねぇ。脂の乗りという点では劣っていますが、鯖自体の味はより鮮烈に味あわせてくれました。これで480円なんですから、信じられな~いって感じです。

うにいくら丼は説明不要の旨さでした。とにかく、最高に旨いウニといくらで大満足。地魚が旨いのはよく分かるのですが、このような他府県の産地のものまで美味しいのが凄いですね。しかも安いですし。

と、どれも外れがなくて美味しくて、活気があって、店内も清潔で、と大満足。人に聞いたり、本で調べたりして見つけたお店もいいものですが、こういう風に自分の勘で入った店が大当たりだと嬉しさもひとしおですね。こういう出会いがあるから食べ歩きは辞められません(^^)

しかも、これだけ食べて一人5000円ほど。普通ならお酒も飲んで3000-5000円という所でしょうか。店内が老若男女のお客さんで溢れているのも納得です。こんな居酒屋さんのある泉佐野の人が羨ましいですねぇ。

最近よく、和歌山市内で美味しい居酒屋さんない?とか聞かれるのですが、見つけたのは岩出市と泉佐野市...和歌山市内でもこんな居酒屋さんないのかなぁ...

居酒屋・季節料理 たかだ

住所 泉佐野市大西1-13-29

TEL 072-463-6763

営業時間 17:00-翌1:00

| | コメント (4) | トラックバック (3)

資格とDS

 最近はまってしまったものがあります。それは、ドラクエモンスターズジョーカー(爆。ええ、いい歳こいた大人が、小学生がはまっているのと同じものにはまっているんです(TT)

しかーも、日曜の午前、月水の夜は、2級建築士の資格の講習に時間を費やされるし。

う~ん、なかなか食べ歩きに行くことが出来ない(TT)夏まで、唯一の休日の日曜が潰されるのは痛すぎ。たまには土曜も休ませてもらって、美味しいものを食べに行かないとストレスがたまってしまいます。特にお腹に...

これで受かればいいけど、試験落ちた日には、俺の学費と休日を返せ~って話になりますな~。ってなると、ますますドラクエやってる場合じゃないんですけどね(汗。

| | コメント (3) | トラックバック (5)

スチームレンジ

 今回の肉まん食べ比べで大活躍したのがスチームレンジ。

今回使用したのは初期のころの物なので、掃除が大変だったり、時間がかかったり、普通のチンが出来なかったりと、不満な点も多いのですが、出来上がった食材の旨さはそれを忘れさせてくれます。

しかも最近のものなら、普通のチンも出来るし、お手入れも楽になってさらに使い勝手が増しています。ご飯を温めるにも、冷凍食品を温めるのにも、冷めた揚げ物にも、とにかく大活躍間違いなし。煮込み料理や、から揚げまで出来てしまうんですから驚きです。しかも、余分な脂は落としてくれるのですから。

そして今回肉まんで気が付いたのが、冷めても皮がふわっとしていた点。普通のレンジで温めると、冷めた時に皮が結構パサパサになるのですが、スチームで温めたものは冷めても皮がしっとりしていました。

と、今回スチームレンジの良さを再認識。これほんとにお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉まんいろいろ@同發 華正楼 聘珍樓

 今回の旅行で、お土産にしようと心に決めていたのが、中華街の肉まん。本店の事務員さんたちは今回参加しなかったので、帰ってさっそくみんなで頂きました。もちろん私も含めて(^^;;

スチームレンジで待つこと十数分。美味しそうに出来上がりました。

P1030506 左が聘珍樓(ヘイチンロウ)、右の下が同發(ドウハツ)、右上が華正楼(カセイロウ)です。どれも結構な大きさで、関西で言えば551のものよりやや大きめといえば伝わり易いでしょうか。特筆すべきは同發の肉まん。蒸す前は一回り小さかったのが、蒸しあがると他と同じくらいまで膨らみます。この膨張率が凄い!

P1030508P1001272 まずは華正楼。右は同店のあんまんです。両方とも皮がふわふわでもちもち。肉まんの具は、身がぎゅっと詰まったタイプで、キンピラゴボウのような醤油の効いた味付けが独特。これは割らずにパクッといった方が良かったみたいです。あんまんは、小豆ではなく中華風の餡なので、大きさのわりにあっさりと頂けます。どちらもなかなかの美味しさ。

P1030510 そして、膨張率に驚いた同發の肉まん。その膨張率のままに、ふわふわの皮がたまりません。ジューシーであっさりとした具も最高。これは旨い!味付けも万人向けで誰にでも薦められる味です。

ただ、この肉まんは調理方法を選びます。普通のレンジでチンすると、膨らみが足らずにパサパサとした仕上がりになるようです。蒸し器でする場合もうまく仕上げるには調整が難しそう。今回のようにスチームレンジがあれば、この肉まんが一押し。

P1030509 最後は聘珍樓。こちらもさすがの旨さ。大降りに切られた具材、特にクワイのしゃきしゃきした食感が特徴的。味付けもあっさりとして万人向け。ジューシーな具材と、しっかりとした感じの皮との組み合わせもいい感じ。普通のレンジでも美味しく仕上がるのが美点。

と、三種三様でどれも個性的。値段は1個300-400円程と、決して安くはないですが、このくらいの値段でこれだけのものが食べ比べられるのですから、中華街に肉まんがたくさん売られているのも納得です。

個人的には同發のものが一番気に入りましたが、調理器具を選ぶ点、冷蔵庫で保存する時間が長くなると具が固まってしまう点など、人へのお土産の場合少し難しい点もあるように思います。そう考えると、聘珍樓のものが個性的かつ万人受けする味付け、そして普通のレンジでも割りと美味しく仕上がり、保存した後も具材のジューシーさが失われにくいなど、お土産の条件を満たしているように思えます。

という訳で、今回総合的に一押しは聘珍樓の肉まんに決定!今度中華街に行った時の楽しみがまた増えてしまいました。

同發

URL http://www.douhatsu.co.jp/

華正楼

URL http://www.kaseiro.co.jp/

聘珍樓

URL http://www.heichin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萬珍樓 點心舗@横浜中華街

 ディズニーランドを後にして、一路横浜へ。朝を迎えて、散歩などをして水上バスで中華街に向かったのですが、驚いたのが水のきれいさ。これが大阪以上の人口の港の水質とは!40万足らずの和歌山の港のほうが余程汚い現状に、ちょっと複雑な心境。

なんて考えているうちに、埠頭に到着。巨大な桟橋を横目に、てくてくと歩いていくと程なく中華街の門が。今回、天候に恵まれて、とにかく気持ちよく歩けたのがなんとも嬉しい限り。その前後の天気を考えると、奇跡的な晴天でした。ランドマークタワーの最上階からの富士山も、怖いくらいに綺麗に見えましたし(^^)

そして、予約してあった萬珍樓 點心舗へ。あるブログで記事を見て、どうしても行きたかったんです。なんでも中華街では、聘珍樓と並ぶほどの老舗だとか。さすが老舗らしく、大きく立派なビルで、私たちは4階に。

P1001254 まずは前菜盛り合わせ。チャーシューは、甘さがしっかりと効いたいかにも中華といった感じの味付け。これは蜂蜜の甘さでしょうか?お肉をこういうふうに甘さを効かして頂くというのは、日本人にはなかなか考えつくことが出来ないですよね。右側の豚肉も、パリパリの皮が心地よくなかなかの美味しさでした。

P1001259P1001257 ブロッコリーの貝柱あんかけと、チンゲン菜のにんにく炒め。ブロッコリーのあんかけは、貝柱の乾物臭さが旨く処理されていて結構あっさりといただけました。少し味が薄いようにも感じましたが。にんにく炒めも、にんにくというイメージよりは随分さっぱりとした物。

どちらも、野菜の美味しさが活かされた料理で、これのおかげで、沢山食べたけどぜんぜんもたれることがなかった気がします。ただ、どちらも少々火の通りが足りなかったようには思いました。

P1001266P1001265 豚のやわらか煮と、エビチリ。エビチリは普通に美味しいエビチリでした。豚の煮込みは、今回一押しの逸品。最初に焼くか揚げるかしているのでしょうか?煮込みなのに皮の部分が香ばしくて、もちろん身も柔らかくて、なんともいえない旨さ。香辛料が良く効いているのも、いかにも中国料理といった感じでグッド。この風味、好きな人にはたまらないでしょうね。八角やチンピが苦手な人にはお勧め出来ませんが。

P1001261P1001263P1001264P1001262P1001260    

飲茶をいろいろ。點心舗という名前が付いているくらいですから、飲茶の種類も豊富です。左から、海老蒸し餃子、肉シューマイ、鳥ささみのきしめんつつみ蒸し、スペアリブのトウチ蒸し、小龍包。どれも外れのない美味しい飲茶でしたが、めちゃ旨と言うほどでもないというのが正直な印象。ただ、肉シューマイの食感は、プニプにとして変わっていて面白かったですが。

P1001267 チャーシュー葱ソバ。思いっきり醤油って感じの色合いですが、スープを飲むと結構あっさりしていてびっくり。麺もしゃっきりしていて、これは美味しいラーメンですねぇ。ですが、冷静に考えると、1000円と言うのは少し高い気もしますが。

P1001271P1001269P1001268P1001270 

こちらは、甘い点心が多いのも嬉しいところ。左から、カボチャのブリュレ、マンゴープリン、カスタードプリンとココナッツのジュレ、杏仁豆腐の山桃ソース。この中では、杏仁豆腐がピカイチだったかな。なめらかな杏仁豆腐と、酸味の効いたソースがよく合っていました。普通の杏仁豆腐は、結構しっかり目の歯ごたえの豆腐で、それぞれ豆腐を使い分けているのにもこだわりを感じました。

どの料理も外れのない、美味しい料理でした。値段も一人5,6千円と、内容を考えれば妥当ではないでしょうか。ただ、シャーベットにサイダーを注ぐだけのものが800円で、お茶のポットが400円とか、不可解な値付けもありましたが。

あとは、予約の時に、混み合う場合は食事は2時間以内でなんて言われたのに、席についてもなかなか、水やメニューが出てこなかったり、注文した料理が一気にドカドカとやってきて、食べてようがどうしようが無理やり隙間に詰め込んできたりとか、サービスにおおざっぱな部分もあったりと。そこらへんは聘珍樓の方がスマートだった気がします。

まぁ、そのあたりも含めて、いかにも古きよき中華料理といった雰囲気で、これはこれでありなんでしょうね。ただ最近、こじんまりとした空間でサービスが行き届き、旬の食材をリーズナブルに食べさせてくれる空心のような店を知ってしまってからは、こういうのは少し受け付けなくなってきたりしているのも正直なところ。飲茶も、関西には同じレベルで3000円で食べ放題の所もありますし。

今度横浜に行くことがあれば、横浜の空心のようなお店を探してみたいと思いました。

萬珍樓 點心舗

URL http://www.manchinro.com/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (2)

しゃかりきときんせいのコラボラーメン

 TDLから帰ってきたと思ったら、いきなり京都へ出張(TT) おかげでブログの更新もままならず。とはいえ、せっかく京都に行ったのだから、夜はホテルを抜け出して、ラーメンでも食べに行かないと損ですよね。

タクシーに乗り、以前訪れてとても気に入ったしゃかりきに。なんでも、大好きなきんせいとのコラボラーメンを2月いっぱいまで期間限定でしているそうで、それがどうしても食べたかったのです。

P1001275 和風豚骨のスープには、きんせい製の麺が。このスープが豚骨とは思えないほどさっぱりとして旨かったんです。個人的には少し塩味というか旨味がきつすぎるとも思いましたが、これくらいの方がインパクトはあるのでしょう。

麺との相性もばっちりで、食べ進むうちに最初感じたしょっぱさも打ち消されていきます。それにチャーシューの旨さも格別。シンプルな味付けながら、噛み応えのある香ばしいチャーシューです。脂身もほどよく脂が抜けて、もちもちと心地よい風味。最後の一滴まで美味しくいただけました。

いやぁ、さすがのコラボで旨かった!期間限定なのがもったいないくらい。この間、きんせいに行ったら休業日で、このコラボラーメンが食べられるかどうか不安だったので、これで一安心。でも、きんせいにも絶対行きたいんですよね~(^^;;

しゃかりき

住所 京都市中京区千本通丸太町西入ル北側

TEL 075-813-5198

営業時間 11:00-15:00 17:00-24:00 金土は翌1:00まで

定休日 第1,3火曜

URL http://www.syakariki.jp/top.html

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ねずみの国へ

 連休に、岩出店のみんなとディズニーランドに行ってきました。雲一つ無い青空の下、筋肉痛になるくらい歩き回って来たのです。

しかし、あの行列の凄さはなんとかならないものでしょうか。開園時に行列、アトラクションで行列、ご飯を食べるのにも行列、お土産を買うのにも、ミッキーと写真を撮るのにもとにかく行列。並ばなくてもいいのは男子トイレの小くらいなもの。ポップコーンを買うのに70分待ちっていったい...

食事のコスパの悪さもおそらく日本一なんじゃないでしょうか?すかすかで脂ぎったポテトと、ハンバーグ、ドリンクのセットでなんと1300円!ギガマックセット2個分。手の込んだラーメンも2杯食べられる値段やん(TT)レストランもサービスエリア並みの味ながら、値段はほとんど倍くらい。これで、食料の持ち込み禁止なんだから、もう笑いが止まらないですな。

アトラクションも、乗り物だけを純粋に見れば、そこらの小さな遊園地のレベル。プーさんのアトラクションだけは斬新だったけど、出口に待ち構えていたグッズショップに思わず笑ってしまいました。なんという商売根性!これは見習わなければ。ところが、女子供はかわい~!って飛び込んでいくんですよねぇ。私には最早そんな純粋さは残っていないようです。

と、まぁ愚痴ばかりがこぼれましたが、良かった事も。それは従業員の方のレベルの高さ。アトラクションの係りの人から、駐車場の受付まで、どなたも真面目で、尋ねれば笑顔で真剣に受け答えしてくれます。これだけの人数の従業員が総じて同じレベルを保っているというのも凄いもんです。なら、食べ物のレベルも底上げしろよってここでまた思ってしまったり...

と、まぁなにが楽しいんだか分からないまま一日が過ぎましたが、次はお楽しみの中華街。ホテルでゆっくり休むとしましょう。今度東京に来たら、絶対食べ歩きに行くぞっと夢見ながら...

| | コメント (3) | トラックバック (1)

四神伝@守口市

 去年の末、望麺会という集まりに参加させていただいたのですが、その折、隣の同席した方からお勧めいただいたのが今回訪れた四神伝。

まだオープンして2年ちょいという新しいお店ですが、なかなかに美味しいとのこと。ずっと行きたいと思っていたのですが、やっと行く事が出来ました。

P1001241 先ずは餃子がやって来ました。最近、ラーメン屋さんに餃子があると、ついつい注文してしまいます。美味しいラーメン屋さんは餃子も旨いとこが多いんですよね。こちらもご多分に漏れず結構な美味しさ。オーソドックスな味付けながら、パリパリもちもちの皮とジューシーな具の組み合わせがいい感じ。

P1001244 ラーメンは3種類あり、私が注文したのは塩豚骨。他には和風醤油と豚骨醤油が。一口すするとストレートな豚骨スープなんですが、この真ん中の黒いもの(焦がしニンニクでしょうか)をまぜると一気に深みが出てきます。これはなんともいえない旨さですねぇ。

濃厚ながら臭みのないスープは、いかにも丁寧に作られている感じ。麺もモチモチとしていい歯応えだし、チャーシューも味付け卵もいい塩梅。これだけ作り込まれたラーメンが550円というのは絶対に安いと思います。(卵は別料金ですが)

P1001243 こちらは和風醤油。インパクトという点ではやや薄い気もしますが、しみじみと旨さが染みてくる感じのラーメンです。和風ダシもよく効いているし、こちらも手間暇かかっている感じ。これだけ違うタイプのラーメンを、これだけのクォリティに仕上げているのは感心させられました。

いやぁ、さすがに望麺会でオススメいただいただけの事はあります。なんとも美味しいラーメンを堪能させて頂きました。今度は平打ち麺を使用しているという、豚骨醤油にもチャレンジしてみたいですね。

ただ、車を停める場所を探すのには苦労しますので、もし車で行かれる方はご注意を。

四神伝

住所 守口市藤田町3-20-12

TEL 06-6904-0888

営業時間 11:00-14:00 18:00-24:00(23:30LO)

水曜定休

| | コメント (0) | トラックバック (2)

しゅはりの酒粕ラーメン

 ゲコ亭を出て、そのまま帰るのもなんだし、いつものラーメンツアーって事で、去年あまりの旨さに感動したしゅはりへ。途中事故渋滞などもあり、到着したのは昼の営業が終わる30分前でしたが、なんとか席につくことが出来ました。

で、メニューを見ると大人の灘潮ラーメンなるものが。なんでも、灘の御影郷「福寿」の酒粕をブレンドしたラーメンだそうな。粕汁のラーメン版みたいなのかと想像したら、もう注文せずにはいられませんでした(^^;;

P1001240_1 出てきたラーメンは、鮭もトッピングされていて、正に粕汁。しかし、これが食べてみるとちゃんとラーメンになっているから不思議。これは冬には堪らないラーメンですねぇ。体が芯から温まる感じがします。基本のスープの旨さが相当なものだから、このような一見キワモノっぽいものも、ちゃんとしたものに仕上がっているのでしょう。

そして、ご飯がまた旨かった。山形産のブランド米を、7分付き(いわゆる胚芽米)にしたご飯はやや黄色っぽく、香りは豊かで噛めば噛むほど甘味が出てきます。これにトッピングの鮭が恐ろしい程よく合うんです。ラーメンの旨さはもちろんのこと、今回はご飯にも感動。

ゲコ亭で頂いたのが、偶然にも粕汁とご飯。奇しくも食べ比べ異種格闘技戦みたいになってしまいましたが、軍配は明らかにこちら。しゅはりは見たところ、ごく普通の炊飯器で炊いているようですが、そんなことは問題にならないくらい美味しいお米でした。

友人が頂いた普通のラーメンもさすがの旨さで、やはりここはいいですねぇ。それと、ここはキッチンとカウンターの席がとても近くてライブ感があるんですよね。綺麗なキッチンで、てきぱきと仕事をされているのを見るのは、とても気持ちのいいものでした。

しゅはり

住所 神戸市灘区桜口町5-1-1ウェルブ六甲道五番街一番館1F

TEL 078-843-1806

営業時間 11:30-14:00 18:00-23:00

月曜定休(祝日の場合は翌日

| | コメント (0) | トラックバック (1)

銀シャリ屋 ゲコ亭@大阪府堺市

 昨日は日曜だというのに仕事で高石に。なら、ついでに旨いものも食べに行こうという事で、堺の銀シャリ屋ゲコ亭に。かまどで炊いたご飯が有名なお店で、メディアでもしばしば取り上げられています。

P1001238 といっても、見た目はごく普通の一膳飯屋さん。セルフでお盆におかずを載せて、ご飯をよそってもらうのもおなじみのスタイル。ご飯はちゃんと木のおひつに入れられていて、いかにもこだわっているという感じ。この日は、お味噌汁と豚汁の他に粕汁もあったので、私はそれを頂きました。

P1001237 この後ラーメンも食べに行く予定なので、量は少々控えめに。粕汁をはじめ、おかずはどれもご飯によく合うなかなかの旨さ。この手の食堂としてはかなり美味しい方だと思います。

が、肝心のご飯がそれほどでも。以前食べたときはもっと美味しく感じたのですが、今回はけっこうべちゃっとなっていて、ご飯の香りも少なめ。今回がたまたまならいいんですけどね。

めちゃ旨のご飯を期待しすぎたのか、私の好みが固めのご飯ということもあるのか、今回は少しがっかりの結果となりました。食堂にしては少し高めの値段設定も、余計そう感じさせる原因となったのかもしれません。

銀シャリ屋 ゲコ亭

住所  大阪府堺市少林寺町大道筋

TEL 072-238-0934 

営業時間 朝9:00~ご飯が売り切れるまで

水、木定休

| | コメント (2) | トラックバック (2)

そば切り 粋人@東大阪市

 最近、週末大阪にサバゲに行くのが当たり前のようになっているのですが、サバゲの前の食事も楽しみの一つ。

時間が無くて、ファーストフードになったりする事もありましたが、それでも気の合う仲間との食事は楽しいもの。ましてそれが手の込んだ美味しいものなら尚更。

で、いつものようにT君が探して来てくれたのが、東大阪のそば切り 粋人というお店。某ガンショップともそれ程離れておらず、個人的には最高の立地ですね(^^)

P1001208 いつものように、一品物をガンガン注文して蕎麦を待ちます。その中でも特に印象的だったのが、この焼き味噌。蕎麦の実が入っているのでしょうか?香ばしい味噌の中にコリコリとした食感があり、それがとてもいい感じ。これをあてに、日本酒とか飲めば最高でしょうね。

P1001209P1001210 そうこうしているうちに蕎麦がやって来ました。左がザル、右がおろしです。おろしは個人的にはもう少し辛みの効いたものが好みなのですが、これくらいの方が蕎麦の香りを損なわないのかも。喉越しのいいコシのある麺が心地よくて、一気に頂いてしまいました。蕎麦の香りも心地よく、とても美味しいお蕎麦です。ただ、山葵はもう一つだったように思います。

P1001211

最後の締めは蕎麦湯となるのですが、その蕎麦湯が少し変わっていて、とろみが付いてとろとろなんです。これがまたいい感じで、お腹に優しく染みていくといった感じでしょうか。よく出汁の効いたつゆが、とろとろの蕎麦湯と合わさって、もうなんともいえない、いい塩梅。

蕎麦屋さんは閉まる時間が早い店が多くて、大阪のお店にはなかなか行けないのですが、こちらは夜の9時までされているのでそれも嬉しいですね。ここから石切の方に少し行けば、昔何度かいった美味しいケーキ屋さんもあるし、今東大阪が熱い!

そば切り 粋人

住所 東大阪市西石切町5丁目5-22

TEL 072-987-1650

営業時間 午前11時~午後2時 午後5時~9時

水曜定休(祝日の場合は翌日)

URL http://www3.to/suito

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラマシーニューヨーク@難波高島屋

 ここ何年か、大阪のデパ地下というと梅田界隈ばかりだったのですが、この間久しぶりに難波の高島屋に行ってきました。

昔は高島屋ばかりだったので、懐かしく見て廻っていると、グラマシーニューヨークのイートインスペースがあるじゃないですか!ちょうどおやつ時ということもあり、迷わず飛び込んじゃいました。

P1001158P1001157 チョコのパフェと、紅茶の風味が効いたショートケーキ。どちらもボリュームたっぷりで食べ応えがあります。といっても大味になっていないのはさすが。チョコの美味さはやはりグラマシーならではですね。個人的には、ここには写っていない、イチゴのパフェが一番美味しかったのですよね(^^;;

ある程度お腹が空いていないと残してしまいそうなボリュームのスィーツと裏腹に、セットの飲み物の方は氷が多すぎてちょっとせこく感じてしまいました。ホットなら問題ないんでしょうけど。

なにはともあれ、昔よく通ったアンリのカフェが無くなった今、一息つけるいいスペースが出来たんだな~と思った次第です。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

たこ坊主@大阪市東成区

 この間、住吉で中華そばを食べるのに並んでいると、なにやら香ばしいいい匂いが。ふとみると、タコ坊主というたこ焼き屋さんがあるじゃありませんか。

P1001183 大きなたこ焼き8個で300円、というコスパの高さ。しかも、2個おまけしてくれちゃいました。これで旨くなかったらどうしようもないのですが、大ぶりなたこ焼きは、外はカリッとして中はクリーミー。タコ自体の旨さも結構なもので、これは美味しいたこ焼きですねぇ。

こんなに安くて美味しいたこ焼き屋さんがなにげなく存在しているあたり、さすが大阪です。このすぐ近くにも美味しそうなたこ焼き屋さんもありましたし、住吉の中華そばといい、この辺りには安くて旨いものが沢山ありそうな雰囲気に溢れていますね。

たこ坊主

住所 大阪市東成区深江南3-20-9

TEL 06-6981-0189

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »