« もちつき機の新製品 | トップページ | 大間のマグロ@弥栄鮓 »

サツマイモの飴炊き

 先日展示会で、ヨシノクラフトの方に簡単な飴炊きのやり方を教わったので実践してみました。

P1000995 ヨシノクラフトのフライパンとIH調理器があれば超簡単。フライパンに砂糖お玉半分~1杯、味醂大さじ1、油またはバター大さじ1を放り込んで、蓋をしたらスイッチを入れるだけ。火力を4にしてしばし待ちます。

P1000997 蓋が曇って、ツユが付いてきたら火力を2に落としてタイマーを4~5分にセット。これだけです。出来上がったら、ヘラで飴を絡めてお皿に盛るだけです。ヨシノの方は油を使っていましたが、バターを使うと風味が出て私はこちらにはまりました。

P1000968 黒ゴマをまぶすとこんな感じ。飴が柔らかかったのは、砂糖を少し控えめにしたからでしょう。しっかりとした飴にしようと思ったら、砂糖を増やし油を使ったほうがいいと思います。芋を切ってから出来上がるまで、わずか10分程度。ほくほくとして、しっかり飴の味が染みていて、こりゃ美味しいです。

この飴炊き、フライパンでやると手間もかかるし、なにより火傷が怖いですよね。昔働いていた厨房で、飴炊きで火傷した方の話だと、飴が手にかかると水をかけても外が固まるだけで中が冷めず、重度の火傷に成りやすいそうです。

しかし、これなら簡単に安全に出来ますし、後の掃除も楽チン。バナナやリンゴでやっても美味しそう。材料費、光熱費合わせても100円弱ですから、おやつにもいいんじゃないでしょうか?

|

« もちつき機の新製品 | トップページ | 大間のマグロ@弥栄鮓 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サツマイモの飴炊き:

« もちつき機の新製品 | トップページ | 大間のマグロ@弥栄鮓 »